オーナーからのメッセージ2014年
 
  過去のオーナーからのメッセージ  今年
  2013 2012 2011 2010 2009 2008

2014.12.30 良いお年をお迎え下さい。
    ホテル玄関のお飾りです。
何時もの通り日本の古くからある習慣には良いものがたくさんあります。
近年そのような事をする家庭が少なくなったと聞きますが、困ったものです。
もちろんオーナーは大正でも昭和ひとけた生まれではありませんが、メリハリ・けじめがないのはいけません。

 例えば晴れの日の食事は、ジーパンや半ズボンなどで食するものではありません。
 エッ! 何で! 晴れの日の食事って何?
それはお若い皆様には申し上げにくのですが、フランス料理・和食懐石料理・うなぎやさん・それからネクタイをしている職人オーナーのてんぷらやさんetc たくさんあります。それらのお業務店では皆、真剣勝負しています。そのようなお店に行く時は、やはり着替えてきちんとしなくては成りません。礼を尽くすという事です。またそれは装う楽しさでもあります。
 それが近年極めて少なくなりました。近所のコンビニに行くような感覚ではいけません。
聞く所によると、大学で学生が何やらドリンクを飲みながら授業を受ける!・・・など考えられません。いけません!

 日本は戦後70年で別な国に成りつつあるようです。
 私は真剣に考えています。
 これらの事柄を大学の一般教養や入社試験に義務づける必要すら感じています。本当に困った情けない事です。


・・・お飾りは笑門来福の鶴舞が理想ですが、今年は見当たりませんでした。時間切れで謹賀新年です。
「私の福は、お客様です。」
今年1年ありがとうございました。皆様 良いお年をお迎え下さい。




2014.12.27 朝霧高原からの富士山
   無風快晴、朝霧高原からの富士山です。
風は冷たいですが、とても綺麗です。

 私は、学生の頃早く「大人になりたい!」 と切望していました。
今では十分大人になりましたので、一日一日がどんどん過ぎていく感じです。
ホテルの固定費部分が年々多くなり、10年前の2倍の仕事量に感じます。
それはお客様からすればサービス濃度の向上、とてもいい事です。
オーナーは毎年年を取っていきますが、精神状態は何時でもエバーニューです。

 今年も後4日、月日の経つのが早くなりました。
 快適でより感動的な「食・住」空間の構築を考えています。




 オーナーからの贈り物・・・・・
 オーナーからの贈り物・・・・・

 ご覧頂けましたでしょうか?

オーナーのいつでも夢見る少年のような・・・

意外な一面をお見せしました。


真面目で几帳面だけでは、自動販売機のよう・・・。

律儀もいいけれど精密機械のようで、窒息しそう・・・。


「からだもこころも休息が必要!」

そんな「大人の宿」をめざしています。
    昨日の早朝・・・今年も来てくれました!



2014.12.23  ついにここまで来ました!
    この表は一昨日更新されたインターネット旅行サイトのランキング表です。
もちろん多少社交辞令もありますが、WEBですから人の痛みなど容赦しない過激な世界でもあります。
山梨県はもちろん、長野県・新潟県をもいれて第1位です。
全国エリアですと部屋数の少ない私のホテルは数字上不利になります。
ついにここまで来ました!
 これは一重に正しい評価をして下さいましたお客様のおかげです。
ほんとうにありがとうございました。とてもうれしい!!! です。
地味に真面目にコツコツ・チマチマ、いつも申し上げております「ホテル道」
(=終わりなき精進の道)を貫き通した甲斐がありました。
 
 30歳の時に趣味を本業にしてから、妻と2人で理想のホテルを追及する事33年間。
駆けて翔けて賭けて参りました。振り返りましても一点の曇りもありません。
これからも更なる努力をお約束致します。
・・・しかし財力・体力・知力にも限界があります。
完璧を目標としていますが、お気づきの点に付きましてはこれまで通り熱い愛情をお注ぎ頂きますよう重ねてお願い致します。

 「いい宿は、いいお客様に作られる」




2014.12.21 快晴
    昨日の雨も上がり本日は、快晴。
この所の寒波と積雪で八ヶ岳は、冬の景色です。
・・・やはり冬山の方が綺麗、人を魅了する力強さがあります。
この数十年の12月にしては異例な寒さでした。
日中の最高気温が+になりません。

 山が綺麗なのは最高ですが、まだお正月用の暖炉の薪がまだこれからです。
何でも出来るオーナーですが、だんだん寒さと体力勝負!に強い決意が必要になりました。
・・・でも今日は体力を温存して・・・明日からせっせと薪割です






2014.12.14 お客様から頂きました。
    今年のシーズンも終了した感じでしたが、お客様から頂きました。
初めていらっしゃるのに頂きまして恐縮しています。
ありがとうございました。とてもうれしい~~~です。

 伊那のお多福豆です。
煮物のお豆ではなくデザート感覚です。
早速頂きました・・・とってもおいしい!!!です、、
変な媚びうる甘さではなく、爽やかな上質な上白製糖だけで炊き上げ・・・上品に仕上がる。
 どこの地方にも基本に忠実な製法を貫くご立派な職人気質の会社が存在しています。
うれしい限りです。
 敢えてこちらの商品を、お心づけして頂きましたお客様のお気持ちを考えると・・・
→「感謝!!!」その一言!です。
 ありがとうございました。
 オフシーズンに向けて大変うれしい! プレゼントでした。




2014.11.29 伊勢志摩
   11月の勤労感謝の日の連休で八ヶ岳のオンシーズンを終了しました。
たくさん仕事をしたオーナー夫妻の今回の旅先は、伊勢志摩です。
 八ヶ岳のホテルより400km/6+00
途中久しぶりの伊勢神宮にお参りして、小雨降る中ひたすら走ります。

 ドライブ・研修・視察etc etc・・・さらに訪問したい食材業者さんもあります。
シーズンの疲れを取るのはもちろんですが、目的はやはり宿です。
 前から入念に調べて、更に確認の電話もします。
どこの施設もとにかく立派!
またルームも広く豪華!
更にホテルでありながら旅館を凌ぐ温泉大浴場!
さすが大企業・大規模リゾートはおやりになる事がお派手!
    海の見えるテラスは、リゾート全開 

 八ヶ岳の零細・極細オーナーホテルは、手も足も出ない?
→→→ではありません。

 何時もの通りホテルスタッフが若い。=年齢ではありません、仕事が若いという意味です。
(自分の知らない事は、結果何をしても良い?→時として明治政府の様に官僚的)
人間は瞬時の応用が効くのですが、それも経験と気迫が必要です。
たゆまない努力と向上心が、「心の通うおつきあい」そして「お客様目線」に発展するものです。


 敵を知り己を知れば百戦危うからず。
 サービスとは、お客様との真剣勝負!
 今回もいい旅になりました。 旅は人生、次は何処へ・・・。
 




2014.11. 4 錦秋の候
    八ヶ岳も秋深まりそろそろ山は白くなりかけています。
本日は、快晴です。通常ならロングドライブでアルプスを闊歩!
の予定ですが、生憎毎週火曜日はリネン屋さんが来る日なので午前中は出られません。
従いまして午後より野辺山の1400mの峠より八ヶ岳のびゅーを楽しみました。
ついででに飯盛山まで散歩登山です。
 ヤツ・フジ・キンプ・カイコマ・アサマetc
ここからの眺めは最高!です。
 山は高さではありません。

 カラマツを踏みしめながら、ミニミニトレッキングでした。




2014.10.26 フェラーリレッド
    庭のドウダンツツジがきれいです。
快晴の空の下で見ると、色鮮やかフェラーリレッドです。
先週の雨模様から一変して目に眩しい・・・赤。

 20年前この日を夢見て植えた、100本の苗木の成長はお見事です。
何事も「基本に忠実」地味な努力が段々と効いて来たようです。
あと1週間は楽しめます。
 庭のきれいなホテルデュシェルブルーでお待ちしています。





2014.10.24 お客様から頂きました。
    久しぶりに奥様といらっしゃいました。
前回はご主人様だけ3泊なさいましたが、今回は何時もの通りお2人でご宿泊されました。
奥様はこの所体調が優れず、少々心配しておりましたが・・・「こんにちは~~~」とお逢いした瞬間ここ数年間のブランクは何処かへ消えてしまいました。
 とてもお元気そうでした! 何よりです!
お客様なのですが、「朋有り遠方より来る」・・・何時もの友人が訪ねて来てくれたようなとても楽しい時を過ごす事が出来ました。ありがとうございました。

 もうあれこれ30年ホテルデュシェルブルーに通われています。
喜びも悲しみも共にした、心の通うお客様です。
私達が頑張れるのも、このような素敵なお客様の熱いご支援があるからです。
 早速頂きました、とらやの羊羹とてもおいしいかった!





2014.10.11 お客様から頂きました。
    今年2度目、ご宿泊のお客様から頂きました。
「ハス茶」です。夏にご夫妻でベトナムにご旅行されたようです。
 うれしく頂戴致しました。ありがとうございました。
お泊り頂けるだけで大変光栄です。更にお土産まで頂、お心づかい大変うれしく思います。
そしてご旅行のお話で楽しい時を過ごす事が出来ました。

 それにしてもこの6月にいらして、2度目が10月早いピッチです。
 夏のベトナム旅行は、大変お気入りなのでまた来年も東南アジアに行くご予定との由。
その合間に八ヶ岳ホテルデュシェルブルーにご宿泊なさるお約束頂きました。
「年に2回」です。来年も楽しみです。

=親衛隊のお客様は、何時でも最高!!!




2014.10. 7 リピーターのお客様からご心配のお便り頂きました。 
    ご心配お掛けしました。 はい 元気です。
本格的な山は、ちょっとお休みして車と電車で旅をしました。
田沢湖は、日本1深い湖です。
湖の美しさは感動的!!!です。
・・・でも山家精神は健在で、すぐ目の前の秋田駒ヶ岳(8合目)まで行って来ました。
雄大な景色にまたまた感動!です。

 片雲の風に誘われて~~旅人また旅に出る。
 旅は体の一部になったようです。




2014. 9.24 入笠山リハビリ・トレッキング
 9月もそろそろ先が見えてきましたが、まだ夏のダメージは回復していません。
やはり夏の超過激勤務の影響は、そう簡単に元に戻りません。
山でのんびり・癒されたくて・・・リハビリ・トレッキングです。
 
 台風の影響で曇っていますが2000mの稜線からは、甲斐駒ケ岳の感動的な雲の流れを見る事が出来ました。また下り坂の天気のおかげで全く人に会いません。
 サービス業ではありますが、時には静かに自分を見つめたい!
 

 山はいつでも最高!




2014. 9.20 お客様から頂きました。
  その1
  昨年独立なさったリピーターのSさんから頂きました。
ニヤニヤしながら袋からお出しになり、一見するとシャンパンのマグナムサイズかと思いきや・・・
ベルギーのビールでした。1.5lのビールとは? 十分冷やしてから頂きました。味が濃く黒ビールのようでした。またアルコール度数が9度とかなり高く1本一気に飲んではいけません。

 それにしてもこのような高価な頂き物、本当にありがとうございました。
心の通うお客様に心身共に救われる、大変ほろ苦いビールでした。
お客様曰く「最近雑用が多くデュシェルブルーに通うピッチが低下している・・・でも最低年に2回は来たい!」
 「はい 心よりお待ちしています」

   その2
 初めてご宿泊で、3件のご予約を頂きました。
私も30年を超える仕事をしていますが、このような熱い信頼をお受けしたのは初めてです。感謝・感激・感動しています。

 1度も泊まらずに「3件予約」とは尋常ではありません。近年例を見ない事です。・・まず「1回目は大変良かった!」私もほっ!としています。
 特にご主人様はオーナーとおない年でまた現役社会で活躍されておりますので、低レベルな社交辞令サービスなど通用しません。またご夫妻様とも相当な旅通です。

「サービス業とは、お客様との真剣勝負!」です。
業を成す私は、この勝負に負ける訳にはいきません!

 来月遠方よりいらっしゃるご親戚の家族旅行も楽しく・感動的なご宿泊となりますよう、現在ディナーメニューを準備しています。ご期待下さい。
 来月お逢いできる日を楽しみにしています。

 そしてお部屋をご案内した際、頂きました。
あの有名な帝国ホテルのチョコレートです。
本当にありがとうございました。





2014. 8.31 2人合わせて97kg!
    長い夏のトップシーズンがやっと終了しました。
この33年のホテルの中でも、1番と言ってもいいぐらい過酷で厳しい日々でした。
開業当時とは人数で2倍以上少ないですが、仕事の内容がまるで別の業務店です。

 全4室スイートルーム・10名、創作フランス料理のフルコースはもちろん、広いスイートルームの掃除・ベットメイクでルーム仕事量の半分が終了。その後今期大幅に改善致した恐怖のアメニティ?。ナイトウェアー2種類・Q10+ローション4種のレディスセット・4種類の入浴剤アソート・オーガンジーバックに入った5種類のアメニティetc etc楽しいグッズのパレード。さらに4種類のお口休めのドロップ、お茶と氷水(どちらも1L)のセット。
 やるべき事は、全て熟知しています。頭は今日のお客様の事・体だけフルパワーです。
「トップガンの教官」2人で、4室終了するのに3時間以上かかります。
では「外注したら?」気迫・体力のない不慣れな作業員では、とてもお話になりません。
 現在妻と私2人合わせた体重は、何と97kgです。この数値は開業以来です。

 創作フランス料理・スイートルーム・100㎡のラウンジ&ダイニング・4000㎡のグリーン
・・・よくここまで来たと感激しています。大変・大変・大変良く出来ました。




2014. 8. 9 重いシングルベットの搬入
   忙しくなって参りました。広い客室も連日フル稼働です。
特にしんどいのは1番広く快適なコーナースイートルーム(44㎡)・トリプルユースのベットの搬入です。
通常のトリプルでしたら当然、エキストラベットや据置のスタジオベットです。

 ホテルデュシェルブルーのオーナーのこだわりは、ここでも半端ではありません。
ダブルクッションのシングルベットは、重くかさばり50kgあります。
トリプルの度に、重いシングルベットの搬入です。それも天井の低い納戸から手作業です。
更に意地悪な事は、ツイン/トリプル交互の予約が多いのが現実です。
 でも快適なホテルライフのためには、このシングルベット搬入がベストな選択です。またお客様のご事情から「今回の家族旅行では、お子様(成人)と差を付けたくない」(2+1ではなく、1+1+1)備品の配置のご希望も多々あります。
(このレベルの内容になりますと一般の方には、ご理解が困難かも知れませんが・・・)

 細くきゃしゃなオーナーには身に沁みます。
いつまで出来るか分かりませんが、何時でもベストを尽くすつもりです。

   



2014. 8. 1  ホテル野菜
    少々お堅いブログが続きましたが、今日はさわやか~ブログです。
 今年もインゲン豊作です。この所の晴天続きで高原野菜も元気になりました!

 またこれまでの期間、全く農薬を使用していません。完全無農薬野菜です。
食の安全が毎日話題になっていますが、こうして広大な敷地で自家製・ホテル野菜を作り幸せをかみ締めています。海のミネラル一杯の天然牡蠣殻石灰の効果もあり、大変柔らかく美味です。

 律儀なホテルデュシェルブルーでお待ちしています。






2014. 7.28 食品衛生監視票97点

   食品衛生監視票とは、その施設の衛生状況を把握するための唯一の公的書類です。
少々言い難いのですが、山梨県では100点を付けない慣習がありますので食品衛生監視票97点とは、事実上満点という事です。近年他の都道府県では、100点を付ける役所もあります。

 食品衛生監視票は、国や県により任命された食品衛生監視員が食品関係事業所の衛生設備や管理状態を点検し、その結果を百点満点で採点する書類です。通常は旅行業者が旅館やレストランと契約する際や、自治体が給食納入業者と契約する際に必ず要求されます。日本中どの業務店でも保健所に申請すれば、技官が現地に行き衛生設備や管理状態を点検して発行されます。そこで自分の厨房の衛生状況を数値で知る事ができます。

 厨房はホテルの最も重要な設備の一つです。食品衛生上安全で調理しやすい厨房には多額の資金と労力が必要です。ご承知のようにいくらドライシステムの最新の施設でも、全く汚れない厨房などありません。
 たとえばフード内などは油と空気中のわずかなダストで必ず汚れます。しかし空気の流れをうまく利用する事により、汚れにくくする技術はあります。1日、1週間、1ヶ月、期間を区切り常に初期状態にする作業を心がけています。
 

「食品衛生とは、目に見えない微生物と目に見える異物との戦いである」
私は、この戦いに絶対勝たなければなりません!
 プロの業務店として、更に強い決心をした次第です。





2014. 7.28 飲食店営業許可証更新・有効期間7年

   今回も最長の7年を頂きました。
宿泊施設の最も重要な許可証の一つである飲食店営業許可証を、更新致しました。

 また同様に食品衛生監視票も交付して頂きました。現在諸事情により許可年限が長くなりましたが、数年前は許可年限3年でした。その時代から当ホテルの厨房は最長の7年の更新を頂いてきました。施設の衛生管理が悪いと期間が短くなってしまいます。新築の時は長くても車の免許証の更新と同様に、軽微な違反でも有効期間が短縮してしまいます。

 最高の機器を導入していても、毎日の点検・管理・清掃を怠ると更新時に有効期間の短縮という不名誉な事になります。営業許可証を頂くと言う事はプロということですから、脱サラだからとか、家族経営だからとか、また自分にはライセンスがあるから・・・などなど中途半端な言い訳など通用しません。

 業務店とは「旨くて安全な料理を提供する義務がある」のです。
当然の事ではありますが、本当に厳しい現実です。
 お客様の信頼を裏切る事はできません。
 常に最善を尽くしたいと考えています。





2014. 7.26 高原には空調(クーラー)はいらない? その2

 快晴の八ヶ岳ですが、カラマツ林は涼しくて快適!
本日朝9時の温度は下記のとおりです。
外気温24℃、1階客室24℃、水温18℃ (もちろん実測値です。)
 前回の「より快適なホテルライフのためには、空調が必要!」はご理解頂けましたでしょうか?
ただし空調が必要な時間帯は午後だけです。現在の温度を見て頂いてお分かりのように室温24℃は最高にさわやか! このような日は窓を開けて網戸越しのさわやかな風・・・ほんとうに心地よいものです。

 近年生活様式が急変して、窓を開けられない居住環境が多いようです。それで1年を通してエアコンを入れっぱなしにしていると言うお客様のお声をよくお聞きします。 
 八ヶ岳のホテルデュシェルブルーに来たら快適設備を上手に利用して「マイナスイオン?いっぱいの自然の恵み」を体中の取り込んでみてはいかかでしょうか?
 そのためにオーナーはこのような事をしています。


環境→ 客室南側はカラマツ林(エントランス側は芝生)です。
日陰から発生する?ひんやりしたさわやかな風が吹いてきます。
騒音→ ホテルの敷地は4000㎡、客室南側からほとんど民家が見えません。
ここまで広く快適にするのに数十年かかりました。
防犯→ オーナーはほとんどフロント常駐。
(招かざる客)不法侵入を認めません。

 また水温18℃は八ヶ岳のミネラルウオーターです。硬質で残留塩素も少なく、冷たくておいしい山の水です。
 自然の豊かな八ヶ岳ホテルデュシェルブルーでお待ちしています。




2014. 7.26 高原には空調(クーラー)はいらない?
  

 うっとうしい梅雨が明けたら、今度は猛暑。八ヶ岳・大泉高原は日差しは強いですがさわやかな風が吹いています。
さてこの所よくある質問に「高原には空調(クーラー)はいらない?でしょ」??? 
困った事に宿泊関係者まで・・・よく耳にします。

 お答えはNOです。「より快適な空間には空調(クーラー)が必要です。」
より快適を求めないコスト効果を最優先にする業務店や別荘・永住の方は、空調にはあまり関心がないようです。
 ご存知のように気温低減率 は、-6.5℃/kmですから1150mの高原は海抜0mと比べると7.5℃低くなります。東京が35℃の時はここ大泉は27.5℃です。だからクーラーなんていらない! ではありません。この温度はあくまで空中の温度ですから地面や屋根の影響があるときはこの限りではありません。通常客室は南に面しています。当然すべてのお部屋で風が抜ける訳ではありません。
・・・結論から言って2階のお部屋は屋根の熱も伝わり容易に30℃以上になります。
・・・30℃のルームは快適でしょうか?
 
 温度管理のしっかりした食堂でのフルコースディナーは快適・さわやかな空間です。
梅雨時は空調の設定を、ドライ運転で湿度を少なくしています。
もう一言ついでに特急列車や新幹線や飛行機では自分の温度にはなりません。そこで夏は特に軽い上着やサマーセーター等をお持ちになられる事をお勧めします。大人になったら紳士的で粋に装うのも楽しいものです。

 ホテルデュシェルブルーは全館空調&お部屋は個別空調です。
 思い切り粋な大人の休日をお楽しみ下さい。




2014. 7.17 軽いハイキング
    久しぶりのお天気です。ちょっとハイキングに北八ヶ岳に行きました。
ここ麦草峠は、標高2120mあります。静かで豊かな林に囲まれた数少ない自然の森です。
いつも少しでも時間のある時は、ここを散歩します。心が救われる感じ!です。
 ホテルからはR141で50km/1時間のドライブ。
3台目の趣味のクルマにはちょうどいい、峠(攻めるもよし、流すもよし、流れる景色を観るもよし)
 本当にいい環境に暮らしている! 喜びが込上げて参ります。

 東京生まれで東京育ちでありますが、もう都会には戻れません!!!

 いつでも自然は、最高!




2014. 7. 7 厨房設備の定期点検
    この1週間は、厨房設備のリフレッシュ!
結論から申しまして今回の作業は半端ではありません。
 元々この厨房は、機械設計士のオーナーと管理栄養士の妻の英知の限りを尽くし設計製作したものです。23年経過していますが、途中何度も改修に改修を重ね今日に至っています。

 ドライシステム、医科手術用無接触手洗器、セントラルクリーナー、フロアーヒーティング&空調システム、紫外線生ごみ殺菌庫、食器洗浄機・洗浄シーケンスetc etc 
まるで大手大学病院の設備のようですが、八ヶ岳のホテルデュシェルブルー(現在定員10名)の厨房スペックです。今だ最先端であります。

 今回の作業は、厨房内の全ての機器の点検と徹底的な清掃作業です。
例えば、換気扇シロッコファン分解・洗浄・塗装、SUS(ステンレス)スケール落し・ケミカル洗浄・研磨、フロアー洗浄・剥離・ワックス2度塗り、全てのグラス・ガラス製品洗浄、コンベクションオーブン炉内分解洗浄・ゴトク/鋳物プレート高圧洗浄・耐熱塗装etc etc
 これだけの作業になると、相当の技術レベルがないと手が出せません。
二人ともやるべき事は知っていますので、適材適所無言で淡々と作業を熟して行きます。
本日フロアーワックス2度塗が終了したので、後は仕上げ行程だけです。
 先が見えて参りました!
 
「業務店とはうまくて安全な食事を提供する義務がある。」・・・業を成すとは、大変な事ですね!




2014. 7. 3 旅人また旅に出る
    先週また旅に出ました!
流れる車窓からの稲穂を求めて、東北の旅。
秋田から日本海、そして朝もやの十和田湖。
「日々旅にして、旅をすみかとす」 私の原点。

 いつでも旅は、最高!

・・・ 現地のホテルの印象は?
それなりの努力、されど心に残る気迫なし。
建物は作れても、人はそう簡単に創れません。
サラリーマンと創業者の違いでしょうか?

 「お客様の喜びが、私の喜び!」
これからも「ホテル道」を極めたい!!!
 




2014. 6.19 梅雨の晴れ間はトレッキング
    今週は梅雨の中休み、当然トレッキングです。
奥秩父の瑞牆山(2230m)に行きました。ホテルから東方向に見え金峰山のお隣の山です。学生の頃から何度も行きましたが、いつでも山は最高!

 いつもの通り静かですれ違いは数組かと思いきや、駐車場から何やら混雑の雰囲気。
マイペースで登り、ピークを踏み下山していたら何と中学生の集団登山とすれ違い。
「キャーキャーワーワーの大騒ぎ」「ドキ!」幸い引率の先生の指導もよく挨拶の出来る生徒さんでした。
 しかし何故この山を選んだのか???でした。この山は意外と歩きにくく、山頂は狭くガレ場でそんなに楽ではありません。一緒にいた女性の先生は、もうバテバテで子供の世話を見られる状態ではありません。生徒達の無事を祈る気持ちでいっぱいです。
 山は高さではありません。
 
 少々悩む山行になってしまいましたが、 いつでも山は最高!




2014. 6.14 やまぼうし満開
    南側山林のやまぼうし満開です。
昼なお暗きカラマツ林の中で、白い花がキラリと眩しく見えます。
こうして遅い春から初夏にかけて、次から次へと庭の樹木が見事に咲き誇っています。
お客様のお部屋からもご覧になれますので、いい目の保養になり癒されます。

 こうして緑豊かな自然の中で、仕事ができる喜びを感じます。
生まれも育ちも東京ですが、今では都会に未練はありません。
あれこれ33年仕事してますので、ゴールがチラチラ見え隠れしています。
時々「・・・のんびり別荘ライフ? でいいですね!」などと言われますが、いえいえ 生涯現役・全力投球あるのみです!

・・・豊かな自然のホテルデュシェルブルーでお待ちしています。 




2014. 6. 1 乗鞍高原トレッキング
    ホテルから120kmで自然豊かな乗鞍高原です。
この時期の山は、残雪・時として冬山と初夏のサンドイッチです。
 今回は足慣らしに乗鞍高原トレッキングです。

 静かで緑豊かで雪山も綺麗!
滝あり池あり新緑あり・・・残雪の乗鞍を見ながらカラマツのじゅうたんの感覚は心身共に心地よく最高です。
 穂高も乗鞍もホテルから沢渡手前までは一緒なので、ドライブ中ちょっと悩みます。
残雪の穂高連峰も好いし・・・でも予定通り乗鞍で正解でした。
 人が少なく約20kmトレッキングして数組しかすれ違いませんでした。

 いつでも新鮮! 高原のトレッキング




2014. 5.27 コナシ満開
    西アプローチ右側のコナシの花、見事満開です。
この2月の大雪でかなりダメージがありましたが、力強く咲き誇っています。
 オーナーの献身的なグリーンメンテナンスが、段々と効いてきたようです。
現場一筋・ワンオーナー33年は、容易な事ではありません。
大きな組織のように、担当以外の事は知らない・興味がないetcでは固定費がかかるだけです。
 10種競技やトライアスロンのように何でもできなくては、複雑かつ困難な現在の日本のお客様のご要求に応えられないと考えています。

 長い年月の地味な努力が、こうして木々達も応援してくれるようになりました。




2014. .5.15 緑の中のツーリング
    風薫る5月 爽やかな季節になりました。
八ヶ岳からアルプスを越えて日本海までツーリングに行きました。
どこを走っても緑眩しく新緑がきれい!
 高速は程々にして、ローカルの国道からマウント&グリーンウォッチング。
平日は空いています。それにあれこれ数十キロ全く信号もありません。
  
 連休たくさんお世話(=仕事)しましたので、私にもご褒美しましょう。
ホテルのオーナー足るもの、常に旅をして旅を住処としなければなりません。
  
 八ヶ岳は日本のおへそ、太平洋も日本海もどちらも2+30。
 お出かけ下さい! 緑の中のツーリング!!!




2014. 5. 9 連休明けは、北八ヶ岳トレッキング

    連休中沢山仕事したので気分転換は、北八ヶ岳トレッキングぐる~と一回り。
 いつもの通りマイプライベートレイク雨池は、お天気も良く最高。
当然2000mから上は雪だらけです。
そして昨日は、人気がなくすれ違った登山者たった2組だけでした。
静かで時々吹く風の音だけが聞こえます。 
 そこで一句
 「閑さや 雪に沁み入る 風の声」
 尊敬する芭蕉もここでは、そういう心境と思います。

 いつでも新鮮!
 ホテルデュシェルブルーでお待ちしています。



2014. 5. 8 しだれ桃満開
    純白の桃の花、綺麗です。
5月の1週に咲くように努力した結果、連休中沢山のお客様に楽しんで頂きました。
 レストラン小食堂のピクチャーウィンドウから見えるように配置してあります。
(実は過去に1度どのお席からでも見えるように植え替えています。←オーナーの努力の賜物)

 今週中が見頃です。




2014. 5. 2 カラマツの芽吹き
    ここ数日の暖かさで、いっぺんに芽吹いて来ました。
小さくて若草色のとてもきれいな新芽です。
カラマツの表面はガサガサしたかさぶた状で色も地味なカンジですが、この時期だけ遅い春の高原に相応しい季節の移り変りを楽しませてくれます。
 毎日~~変化成長してくれますので、暖炉のあるラウンジから見るのが楽しみです。

・・・30年前の30代の頃は、正直な話今ほど興味がありませんでした!
でも今は季節の変化が遥か遠くの山々や庭の樹木から感じられ、元々「純で可憐」な感性がより磨かれる「自然の方程式」と成りました。

 いつでも自然は最高!




2014. 4.26 駐車場の丸太入替えました。
    連休の準備、着々・淡々とこなしています。
一見見ると別に大したことない?と思われますが、実はこれが大変なのです。
 この丸太は敷地内のカラマツ(15m)をエンジンチェンソーで伐採、4.5mで切断後、皮を剥いて搬入。重い生の樹木、それも八ヶ岳の南斜面の足場の悪い山林より(ウインチや牛馬ではなくオーナー力で)引き上げます。これら一連の作業は、危険を伴う3Kの現場です。
 またよく見ると仕切りの丸太は、半分砂利の中に埋まっています。
お客様のお車が切返しの際、丸太に乗りタイヤやボディーにダメージがないようにと言う配慮です。

 私はアプローチは砂利道、駐車場は丸太と決めています。
それは脱都会・高原の雰囲気が演出できると考えているからです。
最近趣味の旅に行くと駐車場をまず初めに見ます。かなり高級な旅館でも砂利だけで仕切りがない、または狭い駐車場が多々あります。
 これらは新車や外車のお客様にとって、真に利用しずらいものです。
(仕切りがない・狭い=お隣のクルマにドアをヒットされる恐れ大=いや~な気分!)
 私のホテルの駐車場の一台あたりの幅は、3.1mです。 広いでしょ! 
それでも心配なお客様には、マイガレージ前にご案内しています。
 ちなみに今回の工事、外注すると10諭吉程度かかります。オーナーがやらなければ、それらは固定費となり最終的にルームチャージに加算されお客様のご負担となります。

 ホテルデュシェルブルーの繊細なお客様へのご配慮、ご理解頂けましたでしょうか?
このような~あのような~そのような~積み重ねが快適なホテルライフになると確信しています。
 
 これから新緑! 八ヶ岳南麓ホテルデュシェルブルーでお待ちしています。




2014. 4.16 入笠山(1995m)今期初登頂!
   今年の山行の始まりは、いつもの通り入笠山です。
年に数回ですからもう数十回行っています。
足慣らし・リハビリには最適な山です。

 今年は意外と雪が少なく、暖かく 、静か、極めて快適なトレッキングになりました。
今期初登頂? を終えて下の湿原での楽しい豪華なランチタイム。
 持参した保温弁当や昨年買換えたテルモスの保温性能は大変よく、山仕様・和定食の暖かいご飯や美味しい卵スープが楽しめました。学生の頃では考えられないリッチな山行です。
 (ホテルのシェフが作るのですから当然ですが・・・)
 やはり山は道具ですね! 頭や体力ではとても追付けません。

 いつでも自然は最高!





2014. 4.14 神代桜
   日本三大桜の一つ神代桜、満開です。
樹齢2000年と言われる日本最古の天然記念物の巨木は、近年衰弱が著しくあと何年花を咲かせてくれるのか心配です。写真の桜は、そのお隣近所のものです。
 美しく優雅見事です。
 

 ホテルから神代桜は、富士川の上流の武川町実相寺境内まで車で30分。
後ろに南アルプスの山々が見え中々いいロケーションです。
 春の訪れの遅い高原では、これからがお花見の季節になります。
 八ヶ岳ホテルデュシェルブルーでお待ちしています。




2014. 3.31 ブンタン
    いつもいらしゃるお客様から頂きました。
まるでグレープフルーツのようですが、日本製で文旦(ブンタン)と言います。
奥様のご実家から送られたとの由、早速食してみました。
香りもよく、あっさりしたお味でとてもおいしかった! 
 (お客様からの頂き物は、いつでも感動!!!です)

 お馴染みのリピーターS先生ご夫妻様は、もうあれこれ20数年のお付合いになります。
律儀で食通で違いの分かるS先生は、チェッインの際「いつもの通り春を告げに来ました!」と粋な挨拶から始まりました。
・・・ディナーは、これまたいつもの通りS先生向けの創作メニューです。
季節感がありリッチ、それでいて爽やかで自然の濃くと旨みを表現しなければなりません。
難易度も高く悩みも多い仕事ですが、目一杯・全力・真剣勝負から「仕事の喜び」を感じます。
 約3時間の大晩餐会が終了して、「・・・こうしておいしい料理とワインを頂いて、オーナー夫妻と豊かな時を過ごす事ができる事が、たまらない幸せなんです。」とS先生。
 律儀で本物であるS先生とオーナー両者の周波数は、一致しています。
 最大限ご奉仕しても「労をねぎらう」精神が欠如したインターネットの時代、オーナーの私もこのような時を過ごせてたまらない幸せです。
 「先生!毎月いらして下さいね。ただし8月はダメです」などと言える数少ないお客様です。
 でも静かにうなずいていらっしゃいましたので???・・・来月の創作メニュー考えねばなりません。




2014.3.13 DOS/V
    Windows XPのサポート期間が終了する4月8日が迫ってきました。
長い期間使用した愛着の湧いているOSですが、もう来月で終了です。
XPパソコンは現在2台ありますが、取りあえず1台更新したい思います。
 イロイロ悩みましたが、トリプルルームのリフォーム・アメニティグッズの大幅更新・増税前の買込み etc 考慮して今回も自作パソコンにしました。
 用途はワード・エクセル・メール・HP作成ですから、CPUはセレロンG1620(2.7G)等スペックは超軽いもので十分です。
 XPサポート終了の混乱の中、パーツがそろわずやっと入荷しました。
すぐに組みたいところですが、この所雑用が多く中々かかれません。
 日本中増税前の駆け込み需要があるようですが、ホテルにはまるで関係ありません。
 八ヶ岳南麓高原は、いつでも静かでさわやかな風が吹いています・・・。



2014. 3. 5 new! トリプルルーム(39㎡)
    またまた外は大雪ですが、今回は明るく楽しい話題です。
(いつまでもじ~と手ばかり見ていられません)

 改装中のトリプルルーム(旧4thルーム)はだいたい終了して、後は木目のテーブルの制作他になりました。
「一言で言って、さすが39平米は広い!!!」 このルームをお二人でご利用になられてもご料金はお隣のAスイートルームと同じでとてもお得です。
 選択は、お客様のお好み趣味の世界です。
 窓が4面あり明るくさわやかな高原のお雰囲気いっぱいです。
東南の角部屋ですから夏の暑い時期には快適指数「最大」です。

 またより感動的な演出を考慮して、夕食だけでなく朝食もある楽しいい試みを企画しています。33年間で初めてのサプライズです。
早くお見せしたくてウズウズしています。
 いつでも新鮮! 八ヶ岳ホテルデュシェルブルーでお待ちしています。




2014. 2.19 記録的大雪その2
   八ヶ岳と前庭の芝生のきれいな北側小食堂の窓には、まだまだたくさんの雪・雪・雪。 

 毎日~除雪しています。
西側エントランスからの雪の回廊はみごと!
黒部アルペンルート室堂のミニミニ「雪の大谷」の世界。

 ここ数日間の野外作業?で、だいぶ日に焼けました。
本日も快晴で雪の反射眩しくサングラスなしではいられません。
これほど毎日~真剣に雪と戦ったのは、学生の時の山の合宿以来です。

 また中央高速がやっと開通しましたが、食材の手配が付きません。
本格的な創作フランス料理では、多種多様の洋野菜を使います。
それらは近所のスーパーでは全く入手できません。
 たとえ自然災害でも自分が納得しない食材ではお客様との真剣勝負!など問題外です。
道理の通らない事はできません。従いまして今週は全館休館致します。

 雪掻きをしながら、ふと思いました。
~~~働けど働けどなお我が暮らし楽にならざり じっと手を見る~~

 落着きましたら、またレポート致します。
今までの遅れを取り戻さなければ!  10倍返し!!!




2014. 2.17 記録的大雪
    100年に1回の大雪でした!
2/15(土)の朝、起きてカーテンを開けたら窓の半分の高さまで雪です。
想像できないあまりのあまりの光景に、背筋が凍りつく感じです。
積雪120cm以上、北側吹溜りは180cmありました。

 すぐに各部点検、優先順位を決めて淡々と行動する事と致しました。
毎日除雪作業する事3日間、やっとエントランスに車が通れるほどになりました。
 現在、中央高速・国道20・国道141・国道52・JR中央線・小海線すべてストップしています。
完全に「陸の孤島」状態です。

 異常気象のあまりの大雪、これから地球はどうなるのでしょうか?
・・・毎日の重労働で頭も筋肉痛になりそう!




2014. 2.12 またまたリフォーム
    そうなんです!またまた客室のリフォームをしています。
4thルームを改装して定員2~3名のトリプルルームを作っています。
2名様でご利用の時、広~くゆったりとした39平米は魅力的!

 また昨年に続きT社最新モデル洗面カウンターを新設。
照明ブラケット・壁付32型テレビ・応接セット・電話・木目のデスク等すべて移設。
 後2日で完成致します。

 そしていつもの通り一部の工事は、自社施工ですのでこの二週間ず~と現場に張付いています。体も頭もそろそろ限界ですが、もうひと頑張りです。
 完成致しましたら、またレポートします。ご期待下さい。






2014. 2.10 積雪60cm
    とにかくたくさん降りました!
私が八ヶ岳に来て30数年の内、1番か2番にランクされる大雪でした。
いつもの通り「宿のたしなみ」(業を成すものは、いつでもきちんとしておく)です
 西側エントランスから東側まで80m×4m、駐車場、玄関前、ガレージ前、それから玄関・増築食堂の屋根、ここは特に作業がきつく2Kの現場です。
 半地下倉庫から2連梯子を出し積雪60cmの上を泳ぐように移動させ、さらに梯子を屋根に掛けるまでが大仕事。雪の中で2連梯子を持ち上げるのは容易ではありません。 それからスノーダンプを片手で持ちながら梯子を上がり屋根の上に行きここから仕事が始まります。・・・憎らしい雪を突き飛ばす!
 ホント! 雇われオーナーならやりません! エンジン除雪機をフル稼働させても今回の除雪は、妻と2人で6時間の作業でした。 本日は全身筋肉痛です。

「エッ!なんでそこまでやるの?」
 お客様がいらっしゃらない時は、除雪もしない。では道理が通りません。
二種免許である「業務店のけじめ」とはそういうものです。

・・・そこし状態が良くなりましたらお出かけ下さい。
 雪景色のきれいな八ヶ岳で心よりお待ちしています。




2014. 1.25 大人の休日
      八ヶ岳→東北→日本海まで旅をして来ました。
 あさま・はやぶさ・やまびこ・スーパーこまち・いなほ・Maxとき・はくたか 小海線はもちろん、ほくほく線に信越線 etc etc 新幹線と単線ローカルの電車に乗継、1日の平均乗車時間6時間。ここまで来るとかなりハードな「乗り鉄」の仲間入りです。・・・正直なところ大変疲れます。

 それから老舗の旅館に宿泊。昔からの伝統と歴史の「和」の中にも「洋」の取込。これは私のホテルのコンセプトである「和を感じる西洋料理」と共通のフィーリング。
・・・旅に出なければ、解らないことでしょうね。

 えっ!遊んでばかり? いいえ!! ホテルオーナーたるもの常に旅に出て、美味しいものを頂き、いい宿に泊まる。
 これは、宿泊業の収まりというものです。 




2014. 1.19 本日の最低気温-8度
    毎日お寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

 本日も西高東低、日本海側は雪・太平洋側は晴の冬型気圧配置。
この数週間の寒波の連続で、日中ほとんど気温がプラスになりません。
従いまして建物の陰になる北側エントランスは、バリバリの青氷状態です。


 青い空、白い雪、蒼く透き通った氷・・・自然が創る見事なコントラスト
 都会の皆様には想像できない世界です。

 お出かけ下さい、雪と氷の世界へ 。
 八ヶ岳ホテルデュシェルブルーでお待ちしています。




2014. 1. 7 新年早々のトレッキングは、恒例の諏訪湖一周です。
    お正月のお客様も無事こなし、疲労した体は回復には至っては居ませんが家(ホテル)でゴロゴロしている訳には行きません。年末年始は、何度やっても極度の緊張感です。
 日本人のお正月に対する期待感から、お正月早々ミスなど許されません。
またお元日の朝食は、西洋風にアレンジした創作おせち料理です。
たった1食・されどこの1食は、厳選された高価な和の食材それを西洋風にする技術(匠の技)皆様の想像をはるかに超えています。
 さらにこの時期は寒く設備(暖房・給湯etc)の依存度も大きく当然の事ですが、故障・トラブルは絶対に避けなければなりません。(ホテル設備は、レストランの数倍の規模です)
工学部出身のオーナーでも「良くて当たり前!」は少々酷なお話です。

 諏訪湖一周16kmを、4時間で軽々?とこなし十分自然を満喫しました。
・・・しかし本日は、この冬一番の冷え込み-7℃の寒い~1日でした。
 帰路 諏訪大社で家内(妻)安全・無病息災・商売繁盛を祈願致しました。




2014. 1. 2 謹賀新年!
    新年おめでとうございます。
清々しい高原に朝日が注ぎました。
 今年はどのような年になるのでしょうか?
いつでもお正月は、希望に胸を膨らませウキウキするものです。

 昨年から連泊のお客様に朝食の準備をしていると、カラマツ林にとてもきれいな朝日が見えました。
今年も基本に忠実に「宿のABC]をきちんとやるよう誓いました。
 エッ! 宿のABCって何ですか???
 それはむずかしい理論もありますが、簡単に言えば
A:当たり前のことを
B:ボンヤリしないで
C:ちゃんとやる
 以上初笑いのブログでございました!

 今年も八ヶ岳ホテルデュシェルブルーでお待ちしています。