オーナーからのメッセージ2013年
 過去のオーナーからのメッセージ 今年
 2013 2012 2011 2010 2009 2008
2013.12.30 私の福は、お客様です。
   毎度の事ですが、玄関のドアにお正月のお飾りを掛けました。
またお供えのお餅も作りました。

 えっ! ホテルでお飾り? などと考えてはいけません。
日本の古くからある慣習には良いものがたくさんあります。
季節感もありメリハリもあり、とてもいい雰囲気です。
 私のホテルは非日常「晴れの日」を演出しておりますので、とても大切なのです。
 
 今回も「笑門来福」を探したのですが、見当たらないので定番の「謹賀新年・鶴の舞」です。・・・私の福は、お客様です。

 来年も豊かな自然の八ケ岳でお待ちしています




2013.12.28 お正月用の薪
   先月エンジンチェンソーで切ったカラマツの丸太を、およそ一週間分割りました。
本日は寒くて(最高気温-5℃)厳しい日ですが、時にはいい運動です。
 オーナーは見かけによらず体育系なので、薪割り・飯炊き・小屋掃除は学生の頃から得意です。
 当然ですが開業以来32年間、暖炉の薪を買った事はありません。
 また山の麓に住んで、都会の皆様が憧れるアウトドア・田舎暮らしをするなら・・・この程度出来なければ説得力ありません。

・・・薪割りをすると、いつも想い出します。
 50年前の東京は自宅にお風呂のある家は少ないのですが、当時小学生の私はいつも薪割りをしていました。父がその昔宮大工でしたから、薪のお風呂しか入りません。ですから薪割りも焚き付け用と温度を上げるための薪の2種類用意していました。
 厳格な(私にはやさしい)父は、いつでも一番風呂に入っていました。
「いい風呂だった。」と父にほめられた嬉しさを、今でも覚えています・・・。

 ホテルの暖炉で本物の薪をドンドン燃やします。
 八ヶ岳ホテルデュシェルブルーでお待ちしています。



2013.12.22 オーナーからの贈り物・・・・・
 オーナーからの贈り物・・・・・

 ご覧頂けましたでしょうか?

オーナーのいつでも夢見る少年のような・・・

意外な一面をお見せしました。


真面目で几帳面だけでは、自動販売機のよう・・・。

律儀もいいけれど精密機械のようで、窒息しそう・・・。


「からだもこころも休息が必要!」

そんな「大人の宿」をめざしています。




2013.12.21 積雪15cm
    この冬初めての積雪15cm
西高東低の冬型の気圧配置で、快晴の寒い一日です。
朝日に輝く、八ヶ岳がきれい!

 八ヶ岳南麓は、太平洋側の気候で、冬の積雪は通常一月に三回程度です。
標高が1150mと高いので雪の可能性が高くなります。
 積雪が少なく月の25日以上が晴天です。澄みきった青空、雪と氷の八ヶ岳、人の気配のない静寂な空間、自然との対話・冬にのんびりリフレッシュには大変いい環境です。
 八ヶ岳は夏のイメージが強く、訪れるお客様が少ないのでホテルオーナーと致しましては頭の痛いシーズンでもあります。冬眠のくまさんみたいな生活ですが、お客様がお見えになると元気100倍「労働の喜び!」を感じます。
・・・豊かな自然の八ヶ岳でお待ちしています。




2013.12.17 フランスからの贈り物
    フランス在住の姉夫婦からクリスマスのプレゼントです。
今年もチョコレートがいっぱい!
どれもこれも高価で美味しそうです。

 パリ郊外からロワールに引越しして間もないのですが、元気でいるようです。
バイタリティの固まりみたいな、パワフルな大和撫子ですからTELがあるともう~大変!
 でも本場フランスの現実を聞けるのでホテルにとっても重要な存在です。
 その内 限りなく近未来に、行こうと思っています。
 それまで元気に首を長~くしてお待ち下さい。




2013.12.16 社員研修旅行 オキナワ
   今年の社員研修旅行は、海のきれいな沖縄です。
青い海 白い砂浜 ・・・たそがれ時は複雑な色のパレット
東シナ海の海は、美しく感動的!

 宿泊業はお客様を、ひたすらお待ち申し上げるものですが・・・それだけではいけません。
自らお客様となりまして、他の優秀なお宿に宿泊してお客様目線を確認する事が肝要です。
 ホテルオーナーが宿泊するのですから、当然360度全方位気になります。
 ~~~ロケーション~サービス~ルーム~食事~衛生基準~経営理念~コスト効果 etc

 ・・・改めて私のホテルデュシェルブルーは、よくここまで来たな~~~と感じた次第です。
 更なるいい旅を考えています。





2013.12. 7 「百の頂きに百の喜びあり」その2
 
 八ヶ岳の頂は、純な新雪
  お寒くなって参りました。
前回ご紹介致しました「日本百名山」深田久弥先生の選定として三つの基準
品格・歴史・個性、この件ず~と考えていました。

 この基準は「宿」にも、そのままあてはまるのではないかと・・・!
老舗のホテル・旅館さんでは、この三つの基準当然クリアーしています。
 この際私のホテルデュシェルブルーについて、厳しく追及してみました!
 ・・・! ・・・! ・・・!
 ではこの三つの中で、一番むずかしいのはどれでしょうか?
それは「品格」であると考えています。
 予算があれば立派な建物やテーマパークのような空間は創造可能です。
大規模な非日常空間になれば、十分個性的と感じる事でしょう。
 しかし「品格」はそう簡単に身に着くものではありません!
生れ持った感性・・・惜しみない努力、それらが車輪の両輪とならなければいけません。
 「品格なくして、喜びなし」

 こらからも更なる「品格」を求めて、いい旅をしたいと考えています。




2013.11.22 茅ケ岳から・・・その1
 
山頂から瑞牆山と金峰山
 「百の頂きに百の喜びあり」
「日本百名山」の著者 深田久弥先生が最後に登られた山が茅ケ岳です。
標高1703mですが、尾根狭く急坂で意外と険しい山です。
私のホテルから良く見えます。一種偉大な山でもあります。

 深田久弥先生は1971年、68歳の時に茅ケ岳登山中に帰らぬ人となりました。
「いつか百名山を走破したい!」 という多くの山愛好家の目標になりました。
 その編集後記に、選定として三つの基準が記されています。
 「山の品格」「山の歴史」「個性のある山」
 山は高さではありません。
 ご理解頂けるでしょうか?

 今年の山の納会と致します。




2013.11.7 前庭のドウダンツツジ=フェラーリレッド
    ホテル前庭道路側のドウダンツツジがきれい。
今年も鮮やかなフェラーリレッドです。

 約十数年前に100本植えたドウダンツツジですが、新緑・紅葉共にすばらしくホテルのアプローチを演出してくれます。
 お客様は西側エントランスからこの庭を見ながらチェックインします。
初めからウキウキしています。

 地味な努力が実った感あり! の今日この頃です。




2013.11. 1 カラマツの紅葉
    秋も深まり良いお天気です。
八ヶ岳山麓の標高1300mでは、「黄金の紅葉」今が旬!
こうしてここにいるだけで、体中から生きる喜び! を感じます。


 明日から連休です。
 お気をつけていらして下さい。








2013.10.29 またまた八ヶ岳
     無風快晴秋晴れの日は、もう家(ホテル)には居られません。
 北八ヶ岳・中山峠までトレッキングです。
 早朝の麦草峠は霜が降りて寒い~~出発ですが、稜線(2351m)からの眺めはいつもの通り最高です。
  
 北八ヶ岳の奥には槍穂高連峰がはっきり見えます。
深い森や苔むした沢筋を淡々と歩き、北八ヶ岳はいつでも「昼なお暗き」森林浴全開です。

 山はいつでも最高!
 




2013.10.18 八ヶ岳・天狗岳(2646m)
     10年に1回の大型台風26号が通り過ぎた後は、またまたトレッキングです。
 今回は先週の硫黄岳のお隣の天狗岳です。
北八ヶ岳に位置していますが結構アルペン的です。
 今日こそ稜線から赤岳その他の八ヶ岳連峰のビューを期待していましたが、時間と共に次々発生する霧と寒気でちょっと厳しい山行でした。

 本日は軽い筋肉痛ですが、次はどこへ・・・?
「奥の細道」芭蕉の心境です。
 山はいつでも最高!
 注 写真右は東天狗岳2640mです。




2013.10.10 八ヶ岳・硫黄岳(2760m)
      台風が通り過ぎた後は、トレッキングです。
八ヶ岳・硫黄岳にアタックしました。
 AM6:00 快晴の中ホテルを出発して夏沢峠までは最高の天気でしたが・・・登るにつれ霧が出てきて硫黄岳山頂は雲の中でした。

 残念! 主峰の赤岳が目の前の筈でしたが・・・。

 無事下山する事が、絶対条件ですから・・・
 また行けばいい事です。

 今日もいい山行でした。




2013.10. 4 海を見に行きました。
    久しぶりに海を見に行きました。
八ヶ岳からは、日本海も太平洋も日帰り出来ます。
昨日は太平洋側が晴れでしたので、こちら駿河湾です。
 波も穏やかできれいな海でした。
いつもは西海岸の半分ぐらいは行きますが、今日はこの波打ち際を散歩です。


 忙しかった夏を振り返り、穏やかな海を眺めながら・・・
 この秋から来年に向けて大きく変化すると考えられる日本のリゾートをイメージしました。
 ・・・感性豊かな八ヶ岳のホテルは、どの方向に進むのでしょうか?





2013.10. 3 秋らしくなってきました。
   早朝中央道のICに行く手前、南アルプスと刈入れ前の稲穂のツーショットです。 
 空と山と稲穂のコントラスト




 いい環境に暮らしている喜びが、込上げて参ります。

 水と空気と森の最高の八ヶ岳です。






2013. 9.24  23年ぶりのリピーター
    23年ぶりに再会しました。
以前は、奥様とテニスにいらしておりました。お子様の成長と共に生活様式が変化して八ヶ岳が遠のいてしまいました。
 今回は遅い夏休みで、愛車と共にいらっしゃいました。
・・・たくさんお話して楽しい一時を過ごす事が出来ました。
 ありがとうございました。

 でもY様のお車かなりのモンスターマシンです。小さなボディにハイパワーのエンジン。
それにエンブレムその他、細かな所までこだわりの塊。ドアキーにまでマークが付いています。
 所有する喜び! 駆け抜ける喜び! 再会の喜び!
 人と人とのすてきな出逢いに感謝しています。





2013. 9.20 秋晴れのトレッキング
      台風一過、晴天が続きました。
 今回は夏の疲れがまだ取れていませんので、軽い?トレッキングです。
 1日目 入笠山より富士山
 2日目 独標・西穂高
 両日ともに快晴 稜線から見る遥かな山々は神々しい感じがします。でも久しぶりなので、リハビリには少々キツイ山行でした。

  いつでも山は最高!





2013. 9. 9 お客様から頂きました。・・・翠玉の一粒
    30年通っていらっしゃるリピーターのお客様から頂きました。
今回は長年勤務した官庁を定年退職・独立なさる由、ご報告に見えました。
先日許認可が下り事務所を開設、立派に一国一城の主に成りました。
 これからは一民間人として活躍されるようです。
 「おめでとうございます。」
 永年お付き合いさせて頂き、喜びも悲しみも共にしましたので私の事のようにうれしいです。
この日のためにご用意したディナー終了後、スパークリングワインで乾杯しました。
話が進みPM1になってしまいました。(本日は頭がもうろう・・・)


 頂いた生菓子「陸の宝珠」は、岡山産マスカット オブ アレキサンドリアのみずみずしい果汁上品でさわやかな味わい、正に「翠玉の一粒」でした。(翠玉とはエメラルドの事です。)




2013. 9. 3 野辺山宇宙電波観測所
    今年の夏のシーズンも無事終わりました。
いつもの通り野辺山に散歩に行きました。

 数週間の激務!の連続勤務により、体が全く別人のようです。
2~3日休んでも全く疲れがとれません。
 エッ! ナニ? 歳だから?・・・かも知れません。・・・それだけではありません。
 32年間、最も難易度の高いホテルを夫婦二人で何でもこなすのですから当たり前です。
実際以前より確実に仕事量が増えています。設備も良くなり居住環境は数段上になっています。
 また料理も1泊2食付ながら、「和を感じる創作西洋料理」です。
アラカルトのメニューを、毎日日替わりで楽しんで頂いています。
そしてさらに天然有頭海老はもちろんガルニチュールまで真剣勝負!しています。
 

 それらの事がご理解されまして、夕食6時スタートにおける定時運行率は96%です。
焼きたてのフランスパン、天然有頭海老のポワレ、牛フィレ肉のローストetc etc 
「温かいものは暖かく、冷たいものは冷たく」放置して旨い料理などありません。
 「今が旬」の味わいです。定時運行に大変感謝しています。
 これからもよろしくお願いします。




2013. 8.29 お客様から頂きました。
   昨日よりご宿泊のコーナースイートルーム3泊のお客様から頂きました。
2日目の本日も、手配したタクシーでお好きな所へいらっしゃいました。
 そして先程お帰りになられたマダムから「お二人でどうぞ!」 シュークリームとプリンです。
ありがとうございました。早速頂きました。(うれしくて・・・先に頂きました)
 夏の厳しい労働で心も体も渇き切った体には特に「甘くておいしい~」

 お二人とも大正生まれの何事も違いの分かる、研ぎ澄まされた感性のお客様です。
今回は初めから想像が付いておりましたので、一日目のメニューは「コールドコンソメ ゼリー仕立て」「車海老とホタテのマリニエール」~~~お客様には黙って創作料理です。
 親子ほど歳の差があるお客様ですが・・・食の力はすばらし~です。
何も言わなくてもご理解頂けました。その結果がこちらのお土産です。
 明日はご予約したお嬢様とお孫様の二名増えて、八ヶ岳バカンスの打ち上げです。
 明日も頑張ろう!!!




2013. 8.21 ミニトマト
    今年のミニトマトは豊作
晴天に恵まれホテル菜園には毎日バット1杯分(1.3kg)収穫できます。
日中30℃になりますが、夜間20℃程度まで下がる寒暖の差が激しい高原の気候が美味しいトマトの出来上がりです。ダラダラ暑いだけですと糖度が増しません。

 今週は、この自家栽培・完全無農薬野菜をお客様に提供したいと思います。
私のホテルのお客様は幸せですね。
 もう少しお部屋の空きがございます。
 ご予約お待ちしています。


 



2013. 8.14 お客様から頂きました。
    リピーターのS先生からロシアのお菓子を頂きました。
先生はあれこれ20年もお通いになられております。
 職業柄他の一流老舗ホテル・旅館に数多く宿泊され、ワインやフランス料理についても経営規模や歴史に関係なく味の追及をなさり、その鋭い感性は「食通」の最高峰的存在です。
 その先生が最終的にお選びになられたのが、当「ホテルデュシェルブルー」です。
 「僕はいつもここに来ると気が休まり、安心して食事を楽しむ事が出来ます。息子におぶさっても一生通うつもりでいます。」 最高のお言葉です! 身に余る光栄です。
 本当にホテルを業として良かった! 労働の喜びを感じる一瞬です。

 今回の贈り物は、ロシアの伝統的なお菓子「プリャーニック」とチョコレートの「アリョンカ」です。同封のお手紙では「どちらも高級なお菓子ではなく、いかにもロシアの庶民が好んでいるものです。」との由。

 先週奥様とのご旅行中、現地でお土産をお買いになられそれを日本に着いてから冷蔵宅急便でお送り下さり、更に先生直筆のお手紙まで頂きました。
 お客様にここまでして頂きまして・・・感動・感謝の連続!「胸がじ~ん」として来ます。
 ありがとうございました。とってもうれしい!!!です。

 最近はインターネット予約が多くなり、「良くてあたり前」感が強く人間不在の雰囲気が漂うようになりました。従って夏のシーズン真っ只中でも、1ポイントのミスも許されません。
 もちろん「良くて当たり前」には、私は真正面から真剣勝負!しています。
 プロとして当然の事です。がしかし・・・自動販売機のような味気なさ・・・大変疲れました。

 そのような中、今回の心の通うプレゼント! 体中で感動しています。
そしてお手紙の最後に
 「ではまた、おじゃまさせていただく日まで」
 はい!先生 心よりお待ち致しています





2013. 7.25 採りたてホテル野菜
    ここ2~3日雨が続いていましたので、‘ホテル畑’に行けませんでした。
しばらくぶりで収穫しました。絹さや、ナス、ミニトマトはとてもいい味に仕上がっています。
 今年はお天気が変わりやすく、暑い日と涼しい日が交互に訪れています。
自慢ではありませんが、今回の野菜も完全無農薬野菜です。
 特にトマトは市販の色形・最高のものと比べると、こちらは最高の味わい!!!

 週末のお客様にお出ししたいと思います。
 少々ウキウキ・ソワソワ致します。

 豊かな自然いっぱいの八ヶ岳でお待ちしています。



2013. 7. 8 八ヶ岳のさわやかな風
    夏らしくなって来ました!
朝からカラリと晴れ渡って清々しくどこかへ行きたくなる気分です。
 標高1150mの八ヶ岳高原では、日中の日差しがきついけれど日陰に入りじ~としていると肌寒いくらいです。

 毎年のようにご説明していますが、「高原だからクーラーはいらない?」
お答えはNO~です。 出なりの温度(空中温度)と快適温度は異なるものです。
 高原でも直射日光がきつく2Fの客室は天井から暖かくなり午後には不愉快な温度になります。
 そこでその時間帯だけ空調して緑眩しくさわやかな空間で読書・お昼寝・流れる雲の観察 etc etc 
 この様な高原の滞在こそ、リゾートに宿泊する喜びが込上げてくる一瞬なのです。
 年に2か月しか使わない冷房設備ですが、より快適なホテルライフ実現のため私は15年かかりました。
 「全てはお客様のために!」
 いつでもさわやかな風が吹く ホテルデュシェルブルーでお待ちしています。




2013. 6.18 やまぼうし
    やまぼうし 今が旬! 
 昼なお暗き原生林の雰囲気・・・濃い緑の中純白な白い花がひときわ美しく見えます。

 客室側(南)はご存じのようにカラマツ林です。暖炉のあるラウンジと食堂からこちらのやまぼうしが見えます。初めからこの場所にあり正にホテルが出来る事を知っていたかのようです。
一見すると薄暗いカラマツ林に見えますが、実は下刈り・枝打ち・間引き etc etc 大変手が掛かります。でもお客様の熱い信頼に応えるためにコツコツ・チマチマ・セッセと淡々と作業しています。

 雨がしたたる梅雨空ですが、ホテルデュシェルブルーには自然がいっぱい!
 八ヶ岳でお待ちしています




2013. 6. 8 奥秩父と北八ヶ岳
   ←1日目 北奥千丈岳=奥秩父最高峰 
 奥秩父の最高峰はその風格と知名度から金峰山に見えますが実際はここです。2601mあります。後ろにチッラと金峰・五丈岩がみえます。
 PMは大気の状態不安定のためのんびりしては居られません。雷雲・雷鳴に追いかけられながら下山。

 2日目 北八ヶ岳 双子池→
 雨池から双子池の大石川林道は落石のため通行禁止になっています。昨年佐久穂町と地元の皆さんの協力で新道が開通しました。そこで今回はその調査に行きました。
 雨池より薄暗い原生林の中を歩き、20数本ある倒木を乗越えやっと双子池に着きました。
 麦草峠より往復約6時間掛かりましたが、大変有意義なトレッキングになりました。
 奥秩父と八ヶ岳が日帰り可能なホテルデュシェルブルー

 いつでも山は最高!!! 
 




2013. 6. 4 早くも梅雨の中休み?
    5月末に梅雨入りしたと思いきや今周もう梅雨の中休み、毎日いい天気が続きます。
日差しはきついですが、日陰にジ~としていると寒いくらい。
八ヶ岳の高原はいつでも爽やか!

 ご覧のように新緑が美しい!!!
今年の新緑はここ数十年で一番きれいです。
←左手前から「しだれ桃」「ドウダンツツジ」「もみじ」「カラマツ」
・・・新緑と言っても、一色ではありません緑もイロイロ。

 トレッキングに行かない日は、「趣味の園芸」「ホテル菜園」etc etcです。
1週間連続で作業致しましたので、広い庭(何と4000㎡)がかなりの迫力・凛とした美しさ。

 完璧主義?のオーナーも人の子です。
温かいお客様のお声が待ち遠しい今日この頃です。



2013. 5.26 
    ここ数日いい天気が続いています。
残雪の穂高連峰が気になって落着きません。
ホテルより沢渡まで100km/2時間 シャトルバスに乗り換えて30分、十分日帰り圏内です。

 今回はピークを踏むのではなく、我愛する穂高と新緑を堪能するトレッキングです。
そうは言っても前方にタラタラ・周波数が合わない人と行くのは気が進みません。
そういう時は、F1のごとく横に並び一気にパス!
そうしたら明神・徳沢まで数十組以上周回遅れに???
 カモシカの足は、まだまだ健在でした。
 残雪の穂高は、ここ数年で一番きれい。

 豊かな自然のすばらしさを、忘れかけてはいませんか?



2013. 5.19 庭の新緑
   庭の新緑が綺麗になりました。
 特に今年はモミジの新緑が最高!
この木は、32年前のオープンの時に植えたものです。
今ではホテルの屋根より高く堂々としています。
・・・喜びも悲しみも共にしたモミジの新緑はまた格別。

 こうして前庭にいるだけで森林浴です。
 お出かけ下さい。
 豊かな自然の八ヶ岳へ!

   先週ドライブした越前海岸です。
「連休中はたくさん仕事した」第2弾は、日本海ドライブです。
 またもう一つの目的はリピーターのお客様、いずみさんに逢うためです。
彼女は当ホテルの関西親衛隊長で、今は釣船屋さんの女将です。

 職業柄お客様のご自宅にお伺いする事はありませんが、彼女はリピーター年数・宿泊日数共に圧倒的な数字です。先ほどのモミジではありませんが、喜びも悲しみも共にしています。
 久しぶりでしたが、ご主人様と一緒に熱い歓迎を受けました。
とても楽しいひと時でした。帰りに見事な鯛を頂きました。
 ありがとうございました。 
 次回ホテルデュシェルブルーでお逢いできる日を楽しみにしています。




2013. 5. 8 リフレッシュはトレッキング
   連休中はたくさん仕事をしたので、心も体もリフレッシュ! シーズンの初めは、当然北八ヶ岳マイプライベートレイクの雨池です。
 ホテルから麦草峠まで50km。駐車場から原生林の樹林帯を突進みやっとご対面です。
 今年は雪が多くて、アプローチは夏道ではありません。風が強く、この季節にしては寒い~~~です。
 でも常日頃の行いが幸いして、快晴です。


  翌日は奥秩父を攻めよう!
と帰りの車の中で意見が一致して国師岳と奥秩父最高峰の北奥仙丈岳(2601m)に目標を定めましたが・・・何と最後の林道が閉鎖中でした。
 そこで腐っていても仕方ありませんので、西沢渓谷に変更です。
 新緑がきれい! また一番奥にある「七ツ釜五段の滝」は何度も行きましたが、今回が最高!
 エメラルドの輝きです。
 豊かな自然が豊富な八ヶ岳の麓から、どこでも日帰りコースです。ホテルにご宿泊して頂けましたら、いつでもレクチャー致します。
 
   



2013. 5. 6 しだれ桃満開
    暖かくなりました。
庭のしだれ桃満開です。
純白でとても綺麗。
 
 今年の5月の連休は、午前中最後のお客様をお見送りして無事終了しました。
これで通算32回ゴールデンウィークをこなしました。
「もう慣れた? ・・・でしょ」「いいえ 全然」「何度やっても楽にはなりません。」「体の芯から疲れました!」
 今振り返りますと、昔の仕事の方が楽だった気がします。客室も定員も半分なのにここ数年の仕事量は、以前より確実に多くなっています。ルームも料理もサービスも全て上回っています。この様な張りつめた状態での1週間です。
 ですが目の前にお客様がいらっしゃれば「ベストを尽くすのは当然です!」
良くて当たり前のプロとは、いつでも孤高なものです。
「でも一言だけ小さなお願い!」「良く出来た時には、労をねぎらって!」「・・・」
 「渇き切った体は、八ヶ岳の豊かな自然が癒してくれます。」




2013. 5. 1 庭のカラマツ 今が旬!
    庭のカラマツが芽吹いてきました。
この数日の暖かさで毎日、少しづつ小さなカラマツの赤ちゃんがとてもかわいいです。
夏のように濃い緑ではなく、若草色でとてもきれい。
 黄金色の紅葉もいいですが、私はこの季節のカラマツの林が一番好きです。
若々しくて爽やか・・・都会では絶対見られません。

 今日は連休の中日でお休みです。
十分休養して、後半戦にはベストで臨みたいと考えています。
 カラマツの新緑 今が旬! どうぞお出かけ下さい。




2013.4.15 気分転換はトレッキング
    この3週間は、現場監督兼掃除人です。さすがに気が滅入ってきました。
気分転換は山です。入笠山にトレッキングに行きました。
1300mの駐車場から1995m山頂まで一気に詰めました。
1900mから上は残雪がかなりあります。
 白い雪・青い空・雄大な山々、やはり自然は最高ですね。
心が洗われます・・・ややこしい人間社会と違い、ただ一つ地球の法則だけの世界です。

 しかしながら山頂は風が強く・とにかく寒い! リハビリには少々きつい日でした。
 
 本日は、おいしいビールが飲めそうです。




2013.3.27 ただ今工事中
    お見苦しい写真で恐縮ですが、またまた客室のリフォームをしています。
移動できる備品は倉庫にしまい玄関から客室まで養生していますが、天井や壁を剥がしましたので石膏ボードの粉が飛び散っています。今週と来週は月~金まで全館休館です。
 最近は自社施工が多いのですが、今回はオーナーの設計・施工は専門職人(永いお付き合いなので、信頼しています)です。

 何ができるか? 楽しみにして下さい。
・・・少々疲れました。「工事をするのは職人さんでオーナーが疲れる訳ないでしょ!」
とよく言われますが、それはマイホームを持った事のない人が言う言葉です。通常マイホームは一生にそう何度も作りませんが、心労甚だしいものです。監督や設計士さんから施主の判断を聞かれる場合のほとんどが厳しい・困る・嫌な内容が多いからです。
 この厳しい経済状態の中、毎年のようにリフレッシュ・リフォームの連続です。
 「なぜ? そこまでするのですか?」とよく聞かれます。
 その答えは 「・・・全てはお客様のために!」




2013.3.12 海から見た富士山
    春の海 ひねもす のたりのたりかな

 温かくなって参りました。
お天気も最高の昨日、日本一の富士山を海から見たくて早朝出発しました。
 青い海、青い空、雪化粧した富士山・・・海から見た富士山はご覧のように絵葉書のような最高の写真となりました。 とてもきれいです。
 何時間いても変わらず、静かで日差しが温かく心地よい・・・いつでも自然は最高!

 ところで「海から見た~~~」と言ってもマイシップを所有している訳ではありません。(誤解のなきように!)いつでも滞在のお客様のために常日頃から、山でも海でも多方面・同時進行で調べています。
 ホテルデュシェルブルーに連泊して頂きましたら、オーナーがこのすばらしいビューポイントをレクチャー致します。
 それでは八ヶ岳でお待ちしています。




2013.2.28 船旅
    以前ご宿泊のお客様より「船旅は楽しいですよ!」と勧められました。・・・それから数十年経過してやっと今回、船に乗る事が出来ました。ホテルオーナーとして日々旅をしてお客様目線を忘れてはいけません。
 夕焼けがきれい~~~。
 月光が海面に反射して、思わずうっとり・・・。
 今回もいい旅になりました。

 海のスタッフは、皆若くお元気でパリパリしていました。・・・大手資本の巨大なシステムですが、ディナー・衛生基準はもちろん、特にホスピタリティーは私のホテルの方が勝っていると実感致しました。・・・永年目指して参りました「ホテル道」の成果でしょうか?
  
 




2013.2.17 飯森山トレッキング
    極寒の八ヶ岳からレポートします。

 最低気温-16℃ AM9の気温-11℃
 今年一番の寒さの中、オーナー夫妻は飯森山(1643m)に今季初登頂致しました。
 ~~~寒かった。・・・でも山頂からの富士山が最高! 

 帰りに野辺山宇宙電波観測所を散歩しました。
雪に囲まれた観測所は、静寂で宇宙の神秘を感じます。

 お出かけ下さい。八ヶ岳の大自然が待っています。
 




2013.2.13 またまた雪 ☃☃☃
   今年は本当によく降ります。夜中に降ったドカ雪で、20cmの積雪です。
西側エントランスから東側まで広い芝生の中を80m、駐車場で30mここまで除雪するのにエンジン除雪機をフルパワーにして2H。それからこれまた広い食堂の屋根に上り、スノーダンプで落とす事1H。・・・実は一番やりたくない所です。2連梯子で登る高所作業で、足場・命綱・保障すべてナシ。自己責任の世界です。
 食堂は前回増築した際、柱を4本切っています。もちろん梁は補強してあります。しかし暖炉のあるラウンジと食堂合わせて100平米もありますから、これ以上ムダな荷重を懸けたくありません。「雇われオーナー」ならやりませんが、このホテルは私自身ですから多少のリスクは承知の上です。
・・・何時ものことながら、この界隈で最も除雪が早く我ながら惚れ惚れします。
 これは「業務店のたしなみ」と考えています。



2013.1.31 富士五湖からの富士山
     
      無風快晴の冬晴れの日、富士五湖からの富士山を見に行きました。昨日早朝ここ八ヶ岳を出発して一日で湖畔を一周すべて撮影しました。
 もやがかからない内に富士五湖早回り、時間との戦いドライブです。

 さて!
どこがどの湖かお分かりになるでしょうか?
  正解は左上から、山中湖・河口湖・西湖、下左、精進湖・本栖湖です。
どの湖から見ても最高の富士山でした。山中湖と河口湖・精進湖は一部結氷しています。私も氷の上を歩いてみました。
 静かな西湖は水の色がとてもきれい・・・それから1000円札の本栖湖 何度見ても感動的!
 八ヶ岳から富士山ドライブはゆっくり走って2時間です。ホテルにお泊りの際はお声をおかけ下さい。
オーナーがやさしくレクチャー致します。
 それでは自然豊かな八ヶ岳でお待ちしています。





2013.1.26 お客様からの頂きました。「ももいちご」
    昨日の事でした。「ぴんぽ~ん!」「冷蔵宅急便で~す。」
届いた荷物を開けた瞬間、驚きました! 超巨大いちごの詰合せ「ももいちご」です。
A4サイズの箱の中に5×4=20個入っています。
如何に巨大ないちごであるか、ご理解頂けると思います。

 プレゼントのお客様は、このお正月に3泊されました藤沢のS様です。
 ありがとうございました!  
 早速味わってみました。あまりのサイズに両手で持って食べるいちごなど経験ありません。
「甘~い」化学合成された甘さではありません。それでいてしっかりした酸味もあります。
まるで工芸品・芸術品のようなすばらしい出来上がりです。
 すぐにお礼のお電話しました。
 奥様曰く「喜んで頂けましたら、それでいいんです。」
何の気負いもありません。「・・・!」 本当にありがとうございました。

 良くて当たり前のサービス業のホテルです。
「感謝」「感謝」感謝の気持ちでいっぱいです。いつでもご自分の別荘のようにご利用下さい。
「いい宿は、いいお客様で作られる」 今年もいい年になりそうです。




2013.1.13 新型の消火器に交換しました。
   消火器の事故が多くなり消防法が改正されました。
 老朽化消火器の破裂事故は、加圧式・無点検・長期放置=本体が風雨さらされるような劣悪な環境で数十年もほったらかしの事故がほとんどの様です。
 (日本中の旅館やホテルで事故があるとすぐ厳しくなる消防行政について、30年間現場一筋で来た私としては主張したい事は多々ありますが、ここででは省略します。)

 特例でしばらく旧規格の消火器も設置し続けられるようですが、より安全と思われる蓄圧式消火器に全数交換しました。しかしながらこれだけの数量の交換は、オフシーズンのお客様の少ない時期だけにお財布に大変辛いものがあります。

 良くて当たり前ではありますが、「何時も基本に忠実」路線も経費がかかり厳しいです。
 ・・・でも私は迷ったり、悩んだ時にはいつでもこう考えています。
 「全てはお客様のために!」 




2013. 1. 8 初詣トレッキング
   初詣は毎年諏訪湖一周トレッキングです。
諏訪湖は全周ラバークッション舗装で足に優しく歩きやすい。
それに専用コースで車の侵入もなく安全、また遠くの山々もきれいです。
 無風快晴・気温氷点下、湖面が所々凍り付いています。
このまま行くと今年は全面氷結して「御神渡り」が見られそうです。
ゆっくり歩いて周囲16kmを4時間で完走!
 後半やや空を仰ぎ見ましたが・・・カモシカの足は健在でした。

 帰り道、諏訪大社で初詣。
無病息災、家内安全、商売繁盛、金運招来、夫婦円満、 心身健全 etc etc etc
・・・チョット多すぎますね。
 一つだけ選ぶとしたら・・・「家内(妻?)安全」でしょうか?
 今年もよろしくお願いします