オーナーからのメッセージ2010年

 過去のオーナーからのメッセージ  今年
 2012 2011 2010 2009 2008
 

2010.12.23 暫くでございます。

 暫くでございます。
 50日ぶりの更新です。海外旅行にでも行っていた? または重い病? ではありません。
この間 自宅部分のリホームやら社員研修(夫婦旅行?)やらメンテナンスやら・・・大忙しでした!!!
・・・・・時を追っていずれ公開致します。 
 先ずは、下記ご覧下さい。
 オーナーからの贈り物・・・・・

 ご覧頂けましたでしょうか?

オーナーのいつでも夢見る少年のような・・・

意外な一面をお見せしました。


真面目で几帳面だけでは、自動販売機のよう・・・。

律儀もいいけれど精密機械のようで、窒息しそう・・・。


「からだもこころも休息が必要!」

そんな「大人の宿」をめざしています。





2010.11. 2 秋めいて来ました。

 エントランスよりドウダンツツジがきれいな赤。  高原大橋の周りの木々も紅葉して 今が旬!
先日の土曜日は季節はずれの強い台風がどうとかありましたが、・・・結果何の影響もありませんでした。
・・・こちらは準備していましたが・・キャンセルのラッシュで参りました。
 気分を変えて・・・こちらの川俣渓谷の紅葉のすばらしさ ・・・いつでも自然は最高!





2010.10.18 親愛なる穂高連峰トレッキング

天を突く槍ヶ岳と西穂高岳 双眼鏡では槍ヶ岳山荘が見えています。
稜線から丸山、独標、ピラミッドピークその奥に西穂高岳

ゴツゴツとした西穂独標のピークには人影がはっきり
 夏のシーズンが無事に終わり、先週はリハビリを兼ねて北八ヶ岳トレッキング。今日は北アルプス穂高連峰です。
 この時期モタモタしていると3000m級ではいつでも冬が来てしまいます。
(基本的に山では夏か冬だけで、そのわずか前後に春と秋があります)
 本日は晴天で最高のトレッキング日和です。学生の頃と違い最近の私の登山はピークを踏む事ではありません。
 凛とした山の頂を見る事が最高の幸せです。稜線から眺める穂高はいつでも感動!!! 
 ・・・帰りのドライブ中・・・次はどこを攻めようか! などと「奥の細道」芭蕉の心境です。





2010. 9.30 ワイナリーで熟したワイン用ぶどうを味わってきました。

ボルドーから輸入した新樽 リースリング カベルネ・ソービニオン
 昨年よりリクエストしていました、ワイナリーで熟したワイン用ぶどうを味わってきました。
ソムリエでもそう簡単に畑で収穫前のぶどうを、食する事などできません。
 赤ワインの女王のカベルネ・ソービニオンを生まれて初めて食べました!・・・大変甘~く美味しいぶどうでした。

 優しい味わいのメルロー、アルザス地方で有名なリースリング、辛口白の定番シャルドネ・・・数十種類を一気に味わいました。
 それからSUSタンクに一昨日仕込んだばかりのメルローを味わいました。(ワインの赤ちゃんです。・・・少しプチプチしています)
 甘~くおいしいぶどうジュースでした。
 畑で散々ぶどうを味わった後、こんどはテースティングです。こちらもリースリング、シャルドネ、メルロー、カベルネ・ソービニオン etc etc これまたすべてチェック致しました。・・・私は飲まないと分からないタイプなので、今日はドライバー(マイワイフ)付きです。
  
 ワイナリーには、一日中いても飽きません。
 ご案内して頂きましたM担当者は、私の際どい質問にすべて的確にお答えになりワイン知識の幅と奥行には圧倒されました!
 昨日はほんとうにありがとうございました。
 ワイン人生・最高の日でした。!!!
 




2010. 9.28 創業明治32年の羊羹の老舗米屋の社長様からのお返事!!!

 2010. 8. 4 ぴーなっつ最中で掲載致しました米屋の社長様からていねいなメールを頂きました。

 創業明治32年 111年の歴史あるあの羊羹の老舗「米屋のようかん」の諸岡社長様からです。本当に頭の下がる・・・こちらこそうれしいお便りです。

 『私どもは、「なごみの米屋」というブランドで、お客様や地域社会と<人と人、心と心を結ぶ>コミュニケーションの媒体として、お菓子を位置づけております。』

 社長様のおっしゃる通りだと思います。
 この夏お世話になりますとぴーなっつ最中をお持ちになりましたお客様から始まり、このようにコミュニケーションが進んで参りました。

 私もこの八ヶ岳ホテルデュシェルブルーを通して、さわやかなふれあいの輪が広がりましたら幸いです。

  ・・・東京にいた頃、毎年父と成田山に行き「米屋のようかん」をご馳走して頂きました。とてもなつかしい~・・・楽しい・・・私の想い出です・・・。

 諸岡社長様いつまでもお元気で! 
 更なるご活躍、希望します。





2010. 9.20 20年ぶりに電話システムを交換しました。

 連休前に電話システムの主装置を最新モデルに交換しました。
 ほとんどのお客様がケイタイ電話をお持ちになり、お部屋からの外線はこの数年全くなくなりました。電話の役割は大きく変化致しました。こんどの電話システムはものすごい能力があります。取扱説明書は400pの分量です。当ホテルに合うようこれからコマンド設定致します。

 当時最新鋭だったデジタル電話交換機ですが、よく20年間働いてくれました。
 今では考えられない事ですが、導入当初は設置業者が不慣れでトラブル続きの連続、工事業者が帰るとすぐに異常事態が発生して着信音が鳴らない!・・・内線が呼べない! etc  etc  そのたびに工場の技術担当の方にサポートをお願いして数々の問題をすべて解決して頂きました。
 元々工学部出身でメカには強いオーナーですが、おかげ様?で電話システムにも詳しくなりコマンド設定や、基板の交換等もほとんどこなせるように成りました。
 
 それにしても電話でのサポートで20年です。
 とっくに生産終了モデルですから、電源基板が故障した時など、日本中の工場・支店を探し回り・・・お送り頂いた事もありました。
 思い出しても感謝 感謝 感謝の連続です。
デジタル時代の今時 人間味いっぱいの技術者です! うれしいお話です。
 まだお会いした事がありません。近じかご挨拶に工場訪問しようと考えています。

 N通信機のFさん! よろしくお願いします。


2010. 9.10 夏のシーズン終了後初めての散歩、野辺山宇宙電波観測所。

 暑く長かった夏のシーズンも無事終了して、久しぶりに外に出ました!
 体が全く別人のように重いのでリハビリを兼ねて野辺山の電波天文台に行きました。まだまだ夏空でしたが広い構内をのんびり歩き十分ストレッチ致しました。たくさん仕事をした充実したシーズンを振返りながら・・・秋のプランを考えています。





2010. 9. 2 お客様からのお礼の手紙

 先週お泊りになりましたお客様よりお礼のお手紙を頂きました。
 お客様のお手紙はいつでもうれしいものです。
 ありがとうございました。

 ご主人様と奥様は2泊なさり、ご子息夫妻様は後から合流されました。
こちらのお客様が初めていらしたのは、20数年前のまだお子様が小学生の頃でした。
それが今ではすてきな(美人な)奥様とご一緒に楽しい家族旅行となりました。
 ここ数年はお忙しい・・・and お子様が自立されるとしばらく家族旅行は中止・・・etc
ですから今回は、私もお逢いできる日が楽しみでした。

 立派になったコーナースイートルームや創作料理を早くお見せしたい! と思っていました。
私達夫婦・ホテルの成長を手放しで喜んで頂ける・・・親戚のようなお客様です。
 フルコースディナーをサービスしていても、心地よい楽しさが優先する仕事でした。
 感謝するのは私の方です! 本当にありがとうございました。
 来年もまたここでお集まりになりまして、ご家族の幸ご確認なさって下さい。
 お待ちしています。





2010. 8.25 同窓会で貸切

 お客様の同窓会を貸切で2泊お受けしました。 先ほどお帰りになりました。

 リピーターのお客様が幹事様となって企画して下さいました。
それで皆様遠方よりご夫婦単位でお集まりになりました。

 フルコースディナー初日のお魚料理は「天然車海老のテルミドール」です。
 このお魚料理は見た目の美しさ、上品な味わい、堂々とした存在感・・・正に「晴れの日の料理」です。・・・しかしお魚料理は非常に繊細で特にベシャメルは、基本に忠実に調理しないと味が出ません。後にも先にもこれだけのご人数をこのトップシーズン後半に調理など経験がありません。それに7/20より連続勤務で体中が筋肉痛・頭がピーマン? 異常な状態です・・・しかしミスは許されません! この指名試合を完璧にこなさなければなりません。
 結果 大成功で終了致しました。・・・またしても「食(職)の喜びを感じています。」

 それにしてもリピーターの幹事様は、物腰低く・気遣い・ていねい・・・まるで老舗旅館の番頭さんのようです。このお客様は定年されましたが、前職は某大学教授のご立派な方です。
 「いい宿は、いいお客様で作られる」 
 本当にありがとうございました。 感謝の気持ちで一杯です。





2010. 8. 4 ぴーなっつ最中

 一昨日お帰りになられたお客様より頂きました。ぴーなっつ最中です。
初めてご宿泊のお客様ですが、「特別食(低たんぱく)をご注文して、それがどのくらい大変な調理か知っているので感謝の気持ちを込めてお持ちになったお土産です。」
 ・・・お気遣い、ありがとうございました。・・・・・本当に頭が下がります。
・・・仕事をしている喜びを感じます。
 無事2泊なさいました。「車山の頂上まで行き回りの景色を眺めていたら・・・ず~とここにいたい。帰りたくない!」とおっしゃっていた、ご主人様のうれしそうなお顔が目に浮かびます。
 
 今回は2日目にさらに他のお客様の特別食(620kcal低エネルギー)もあり・・・さらにさらに食事時間の変更もあり合計4種類のフルコースメニューを同時進行致しました。
 特別食ですから絶対に間違いは許されません!・・・厨房は大パニックでした。
 でも事前のシュミレート通り、大成功で終了致しました。
 ・・・現在の日本でこのメニューをこなせるのは、当ホテルだけです。
 ついにここまで来たか!・・・「食(職)の喜びを感じています。」





2010. 8. 1 製氷機のメンテナンス 

 明日、明日と後回しにして来た製氷機のメンテナンスをいよいよ・・・一昨日分解・洗浄・各部点検致しました。
 すでに夏のシーズンですが、他のメンテナンスが多くて故障していないものは後回しになります。

 基本的に製氷機はメンテナンスを必要とする機器です。
年に1度はこのように重整備をしないと良好な衛生状況は保てません。

 それにしても毎度の事ながら、この製氷機は作りが悪い! です。
(安物ではありません。製氷機では有名なH社製です。)
製氷メカの部分と出来た氷をストックする部分に明確な仕切りがないため、製氷部分が汚れて(使っていると必ず水垢が付きます)くると即ゴミが氷に付いてしまいます。
 いつもお話しているように、水を使う機器は定期的にメンテナンスをしないと衛生的基準が下がり安心して使う事が出来ません。これは現実の事で、絶対にやらなくてはなりません。

 特に水を噴射するノズルや電磁弁その他入念にていねいに分解・洗浄します。今の時代メーカーのフィールドサービスは、このような作業はしません。すべてアッセンブリー交換です。メーカーの設定する人工はとてつもなく高いのが現実です。ですから当然現場でこのようにチマチマ? 分解・洗浄などしません。
 
 それらの現実を直視して私がオーナーでいる限りすべて自分でやる事が、お客様の信頼を勝ち得るものと信じております。
 
・・・作業がすべて終わり初めの氷が落ちた時は、うれしいものです。





2010. 7.27 今年もホテル自家栽培野菜は豊作!

今年もインゲンが豊作です。ピーマンも1期生なので小さいですが味は濃いです。 トウモロコシもここ最近の日照続きで順調です。
 種から育てるのも楽しい・・・それに全く無農薬ですから安心・安全。 時々フルコースディナーに使っています。
 オーナーの農業技術もたいしたものでしょ? よろしければ、「趣味の園芸」部門もレクチャー致します。

 豊かな自然の八ヶ岳でお待ちしています。





2010. 7.23 高原には空調(クーラー)はいらない? その2

 快晴の八ヶ岳ですが、カラマツ林は涼しくて快適!
本日朝9時の温度は下記のとおりです。
外気温24℃、1階客室24℃、水温18℃です。(もちろん自然のままです)
 前回の「快適なホテルライフのためには、空調が必要!」はご理解頂けましたでしょうか?
ただし空調が必要な時間帯は午後だけです。現在の温度を見て頂いてお分かりのように室温24℃は最高にさわやか! このような日は窓を開けて網戸越しのさわやかな風・・・ほんとうに心地よいものです。

 近年生活様式が急変して、窓を開けられない居住環境が多いようです。それで1年を通してエアコンを入れっぱなしにしていると言うお客様のお声をよくお聞きします。 
 八ヶ岳のホテルデュシェルブルーに来たら快適設備を上手に利用して「マイナスイオン?いっぱいの自然の恵み」を体中の取り込んでみてはいかかでしょうか?
 そのためにオーナーはこのような事をしています。


環境→ 客室南側はカラマツ林(エントランス側は芝生)です。
日陰から発生する?ひんやりしたさわやかな風が吹いてきます。
騒音→ ホテルの敷地は4000㎡、客室南側からほとんど民家が見えません。
ここまで広く快適にするのに数十年かかりました。
防犯→ オーナーはほとんどフロント常駐。
(招かざる客)不法侵入を認めません。

 また水温18℃は八ヶ岳のミネラルウオーターです。硬質で残留塩素も少なく、冷たくておいしい山の水です。
 自然の豊かな八ヶ岳ホテルデュシェルブルーでお待ちしています。





2010. 7.20 高原には空調(クーラー)はいらない?

 うっとうしい梅雨が明けたら、今度は猛暑。八ヶ岳・大泉高原は日差しは強いですがさわやかな風が吹いています。
さてこの所よくある質問に「高原には空調(クーラー)はいらない?でしょ」??? 
困った事に宿泊関係者まで・・・よく耳にします。

 お答えはNOです。「より快適な空間には空調(クーラー)が必要です。」ご存知のように気温低減率 -6.5℃/kmですから1150mの高原は海抜0mと比べると7.5℃低くなります。東京が35℃の時はここ大泉は27.5℃です。だからクーラーなんていらない! ではありません。この温度はあくまで空中の温度ですから地面や屋根の影響があるときはこの限りではありません。通常客室は南に面しています。当然すべてのお部屋で風が抜ける訳ではありません。
・・・結論から言って2階のお部屋は屋根の熱も伝わり容易に30℃以上になります。
・・・30℃のルームは快適でしょうか?
 
 温度管理のしっかりした食堂でのフルコースディナーは快適・さわやかな空間です。
梅雨時は空調の設定を、ドライ運転で湿度を少なくしています。
もう一言ついでに特急列車や新幹線や飛行機では自分の温度にはなりません。そこで夏は特に軽い上着やサマーセーター等をお持ちになられる事をお勧めします。大人になったら紳士的で粋に装うのも楽しいものです。

 ホテルデュシェルブルーは全館空調&お部屋は個別空調です。
 思い切り粋な大人の休日をお楽しみ下さい。





2010. 7. 5 北八ヶ岳トレッキング

梅雨時なので茶水池も水が豊富 クマザサの中の木道 高原の湖 神秘的な雨池
 梅雨な晴間にちょっとトレッキング
麦草峠に車をおき、北八ヶ岳の雨池までトレッキングしました。うっそうとした樹林を抜けると・・・クマザサの中の木道・・・ゴツゴツとした石・苔むしているので滑りやすい・・・それをやり過ごすして木道を歩くと、着きました神秘的な雨池です。
 こんな標高の高い所に池が・・・信じられない! 現実に北八ヶ岳は森と湖が多いのですが、目の前で見ると驚きです。
 静かな高原の湖・・・何時間でもいたくなります。





2010. 6.26 緑と白のコントラスト・・・庭のやまぼうし

 庭のやまぼうしがきれい!
今日からまた梅雨の後半戦
少々暗いカラマツ林の中、緑と白のコントラスト
 お見事です。

 1日づつ夏に向かっているようです。








2010. 6.17 梅雨の中休みは、芝刈り

 
 本日は朝から快晴。
通常ですと「八ヶ岳トレッキング」ですが、明日から1週間くもり→雨→くもり・・・ですから今日は芝刈りをしました。
・・・きれいになりました。

 しかし今日は暑い~1日でした。
 木蔭で一休みしていると・・・・・
 「八ヶ岳のさわやかな風!」が心地よい。

 西側エントランス
 今年は新緑がとてもいい色です。
 目にまぶしい・・・です。
 
 年々庭の手入れが上手になり? お客様をお迎えする西側エントランスの「ナナカマドとコナシのアーチ」がみごとに成長してくれました。
 木々のトンネル潜ってチェックイン・・・。
 海外のリゾートのような・・・清々しい気分です。





2010.6.10 美し森にトレッキング

 お天気が良いので、午後からちょっとトレッキングに行きました。
(大きな声では言えませんが・・・明日はチェックインのお客様がいらっしゃるので遠くには行けません。pmのちょっとだけです。)
 おとなりの清里・美し森です。
 羽衣の池から少し上でこんな大きなギボウシがありました。
 また今回はちょうど時期が良かったのか、九輪草がきれい! 見事でした
!!!





2010.6.9 みずがき湖に行きました。

 湖一周シリーズ:今日はみずがき湖です。
増富温泉や瑞牆山に行く途中、塩川ダムにある湖です。周囲2~3km程度です。
 印象は小さいけれど静かで自然がいっぱい!です。 もちろん一周しているのは私達夫婦二人だけです。 途中その昔・・・冷泉から塩を作ったたされる「ヨシャー温泉」など興味深い歴史もあります。・・・小さいけれど無事完走。






2010. 6. 6 先週ちょっと? ツーリングに行きました。

 先週の晴天続きに久しぶりにツーリングに行きました。
八ケ岳→白馬・糸魚川・上越→八ケ岳の、山から海へのダイナミックで感動的コース。
私にとっては、年に何度もこなすお決まりコースです。
糸魚川ジオパークでは、大地の地球のすばらしさにはいつでも感動!
(ひすいは見つかりませんでした。)
白馬・糸魚川より日本海へ。国道8号線で上越へ。静かになった春日山城へ。
 不安定な日本を象徴しているのか?どこも人気がなく静か。・・・楽しい一日でした。





2010. 5.29 20年ぶりのリピーター



私の心は快晴の八ケ岳・・・
 本日は朝からウキウキ・ソワソワの連続でした。
29年前の開業当初からの、一番古いリピーターのご夫妻様です。
 何と20年ぶりのご宿泊です。

 実は少々(ホントはたくさん・・・)心配していました。
・・・私は「自分の容姿」が見えているつもりです。
・・・常に謙虚な姿勢を心がけています。
・・・まだまだ上昇中です。

 また当時の経営路線とは違い、今は大人の空間です。

 ところがチェックインしたとたん
・・・ついこの間いらしたばかり? のように会話が弾み
・・・親戚のような
・・・昔からの同級生が遊びに来てくれたような
・・・そんな感じでした。
・・・本当に楽しい一時でした。
 ありがとうございました。

 宿の仕事をして良かった! と思う一瞬です。

 思いおこせば開業当初より、まだまだ未熟な私たちを支えて下さり希望と勇気を与えて下さった数々の事、私は今でもはっきり覚えています。
 ご夫妻様がいらしたこらこそ、今存在できるのだと強く感じています。

 感謝! 感謝! 感謝!の気持ちで一杯です。
 またお逢いできる日を楽しみにしています。
 





2010.5.20 北八ケ岳トレッキング

 北八ケ岳は森と湖の世界!
この時期2000m級の樹林帯は、どこも雪だらけです。
気候も穏やかでちょっとした雪上訓練も楽しい。高見石から見る白駒の池はきれいです。ホテルから2時間でこのような大自然。それに本日は高見石小屋まで誰にも合いません。私達夫婦と野鳥だけの世界でした。





2010.5.14 クリーンでんでん (北杜市村山六ヶ村堰水力発電所)

 いつもの通り吐竜の滝から高原大橋のトレッキングです。
 今日の川俣渓谷は水量が多く吐竜の滝も迫力がありました。

 前から気になっていた農業用水路(前身は江戸時代)を調べに行きました。
・・・・・ありました!
 最近北杜市では、地球環境のためにこの用水路を使い小さな水力発電所(落差85m 発電最大出力320kW)を作りました。愛称は「クリーンでんでん」です。地球にも地域にもやさしいクリーンな発電所です。北杜市は高地で落差があり水は豊富ですから、この種のミニ水力発電所はまだまだ沢山作れそうです。
 全館空調・全室同時給湯の私のホテルに、このようなクリーンエネルギーなら欲しいものです。





2010.5.8 お客様からのお礼

 チェックアウトの際、お心づけを頂きました。
当然ご辞退しましたが「大正生まれのマダム」は遠慮している妻の手を握り「ほんの気持ちだから・・・」と力強く下さりました。 感謝を込めてお受け致しました。頂きました小さな封筒の中にお心づけ(・・・高額です)とこちらのお手紙がありました。

 ご紹介の「大正生まれの粋なマダム」は低たんぱく食でなければ宿泊できないお客様です。ホテルデュシェルブルーでは、何かの理由で食事に制限のある人々に、「食する喜びをもう一度味わって頂きたい」と、食事療法を移行できる食事を管理栄養士がフランス料理として特別調理しています。
 今回はお嬢様と2泊なさいました。
滞在中の低たんぱくフランス料理は管理栄養士の妻が調理しました。「大正生まれのマダム」は気丈で品格もあり背中に鉄筋が入っている感じです。またかなりのグルメでさらに元保健師で医学的知識も豊富であり、中途半端な料理ではご満足頂けるはずありません。特別食でも見た目の美しさ・味も当然要求されます。病院の特別食としての厳密な食品成分と専門料理としての品格も兼ね備えた、日本1難易度の高い料理です。

 今回も大変ご満足して頂きました。
 その結果がこちらの「お心づけ」です。
 仕事の喜びを感じる一瞬です。 ありがとうございました。
 いつまでもお元気で!





2010.5. 7 しだれ桃満開

 ホテル前庭のしだれ桃が満開!
アプローチに数本あります。
きれいな清楚な白い花はみごとです。

 庭の木は手入れをすれば、必ず応えてくれます。
これだけ咲いてくれると、うれしくてワクワクします。
早起きして・・・白い花の様子を見るのが楽しみです。
 小食堂から見るビューもすてきです。

・・・四季折々自然の変化
・・・庭のグリーンを見ながら
・・・流れる時間は、最高の贅沢

・・・優雅な八ケ岳の休日。





2010.5.5 
山梨のホテル・旅館-お客さま評価ランキング  食事部門で1位になりました。

 ついにこの日が来ました!
 日本最大級の総合旅行サイト 楽天トラベルの泊まったお客様が評価するホテル・旅館お客さま評価ランキング  食事部門で山梨県1位(全国6位=ただし1位から6位まで同じ点数です)になりました。
 宿泊施設が恐れる日本1手厳しいインターネットサイトです。

 料理自慢のホテルデュシェルブルーです。
 30年間のノウハウの蓄積がありますが、そこにさらに1ポイント上げるのは容易ではありません。
 調理理論・技術・設備(=いわゆる規定種目です)は過去の履歴からも日本の頂点のレベルです。問題は良い料理を楽しく・感動的にお客様に素直にご理解して頂くその一点です。そこに難しさがあります。

 メニューを全て見直して、牛肉の部位やガルニチュールに至るまで徹底的に検討・改善を繰り返しました。正直申しましてこの1年間本当に辛い厳しい日々でした。

・・・でも今日の結果がすべて忘れさせてくれました。
 また正しい評価をして下さったお客様に感謝とお礼の気持ちで一杯です。

  新緑のすばらしい八ケ岳南麓高原です。
 「和を感じる西洋料理」でお待ちしています。





2010.5.1 カラマツの小さな新緑

 ここ数日の暖かさでカラマツが芽吹いて来ました!
例年より1週間遅い感じです。

 これから毎日小さなかわいい新芽が、里から山へ広がっていきます。

 いつでも自然はすばらしい!





2010.4.28 連休前のメンテナンス


 連休前のメンテナンスです。
写真上 ボイラーのストレージタンクのリリーフバルブ(安全弁)のオーバホール(分解洗浄)後、実際に水圧をかけて試運転・調整&チェックです。
 写真下 ボイラーの燃料噴射ノズルと電極のメンテナンスです。カーボンを取り各クリアランスもチェックします。

 ホテルのオーナーがここまでの技術レベルでメンテナンスする施設は極めて少ないと思います。
 ホテルや旅館ではある程度の規模になると工務や営繕という人たちが保守点検していますが、目視点検と軽微な作業が主で技量が必要とされる作業は外注になっています。

 お客様の貴重な時間と金額を考えれば、設備は常に良い状態で当然です。
 経験的に設備は忙しい時に調子が悪くなるものです。(暇なときにはほとんど問題は起きません。)設備のトラブルは宿泊施設にとって致命的ですので、しっかり点検しなければなりません。






2010.4.25 無風快晴!

 本日は無風快晴! 抜けるような青空です。
このところの寒さもなく清々しいお天気です。
でもこの時期に前庭の芝生のグリーンがまだまだです。

 ホテルの前庭は広く風通しの良さもありまして、芝生のイメージはまだ3月のようです。
 この写真はいつもの通り2階のコーナースイートルーム(44㎡)からのviewです。

 アプローチのしだれ桃はつぼみ状態です。
このままですと5月のGWに満開になる予想です。
 清楚な美しさと気品あるこのしだれ桃は、私のホテルにぴったりのイメージです。
 満開の時の迫力ある容姿はとてもすばらしく地元のご町内の皆様の「お気に入りです」。
 

 お出かけ下さい! 八ケ岳の小さなパリ デュシェルブルーへ





2010.4.21 松原湖一周しました。

 湖一周シリーズ:今日は松原湖です。
松原湖は標高1123 m、水深7.7 m、周囲長2kmです。
八ケ岳の高原の小さな湖です。

 
 松原湖はホテルから麦草峠や蓼科に行く際、今までに何度も通りましたが一周するのは初めてです。
 周囲長2kmの湖は今までで一番小さいので30分でおしまいと思いきや先日の雪で湖畔の遊歩道が通れません。 
 倒木が撤去されるのは相当時間がかかると思います。
・・・良い子は危険な所に行ってはいけません。

とにかく一周しました。
この達成感がたまらない。 





2010.4.17 4月に大雪!

 朝起きたらこの大雪です。
4月にこれだけ多く降るのは稀な事です。
だんだん異常気象の日が多くなるようです。

・・・冬だと言うのにこの暑さは何なのだ~~~
・・・いつかその日が来るかも知れません。

 宿の嗜み(たしなみ)=これから雪かきです。




2010.4.15 八ケ岳・川俣渓谷トレッキング・・・吐竜の滝から東沢大橋

 昨日は晴天でしたので、久しぶりに吐竜の滝から東沢大橋のトレッキングに行きました。
 残雪もなく清々しい渓谷でした。渓谷といえば奥秩父にかかる西沢渓谷が有名ですが、ここ八ケ岳の川俣渓谷もとてもすばらしい所です。
 想像よりはるかに谷が深く秘境の雰囲気一杯です。
 十分足元を注意すれば楽しいトレッキングです。
吐竜の滝から東沢大橋に向かいます。 川の流れがきれいです。 いたる所 不思議な渓谷
 ホテルから吐竜の滝まで30分。それから沢を登り不思議な谷の造形を楽しんで・・・ 東沢大橋の赤い橋が見えた時はうれしいものです。
 後は八ケ岳高原ラインを遥かなる山々を見ながら・・・
 4時間のトレッキングです。
最後急な登りで、赤い橋! まきば公園で一休み




2010. 4.13 ピラタス蓼科ロープウェイ割引券



 八ケ岳 蓼科にあるピラタスロープウェイの割引券が来ました。
北八ケ岳エリアに位置するこのロープウェイは1771mの山麓駅から2237mの山頂駅まで約7分で駆け上がります。
 南アルプス・中央アルプス・北アルプスの大パノラマの迫力はすばらしい!!!の一言です。山頂駅の坪庭(八ヶ岳最後の噴火で出来た溶岩台地)は心地よい散策路です。
 また軽登山靴等持参して北横岳(2480m)のアタックも快適なトレッキングです。

 今回の割引券はロープウェイの往復・片道が選べます。
割引料金は往復1620円 片道810円です。
 お待ちしています。





2010.4.7 芦ノ湖一周しました。

 湖一周シリーズ:今日は芦ノ湖です。
芦ノ湖は標高725 m、水深44 m、周囲長21kmです。
神奈川県の箱根町にある、カルデラ湖です。

 東京生まれのオーナーにとって箱根・芦ノ湖は小学生の遠足や車の免許を取っての初ドライブ、また社会人となってから毎週のように彼女(現ワイフです誤解のなき様に)とのドライブ・・・なつかしい箱庭のような観光地です。
桃源台からスタートします。 深良水門 江戸時代の用水 西岸は林の中を淡々と・・
湖には観光船 
次は船で行きたいな~
箱根神社の鳥居です。
湖に向かってすごい迫力!
箱根の関所・・・有料です
通り抜けは無料です。
 は~い着きました。
本日も無事に完走。
この達成感がたまらない。
湖一周シリーズ:芦ノ湖21km完全走破!

 次は・・・





2010.4. 4 和定食

 和定食プラン料理の各部再度修正しました。
これで3回目です。
 料理を作り直して写真を新しくしました。
お客様がチェクアウトしてから厨房は大忙しです。
 料理はやればできる? など机上の理論(=へ理屈)では良い物は出来ません。実践あるのみです。「現場こそ真実あり」です。
 食材も人工も係る大変な仕事ですが、このような一連の地味な作業を淡々とこなして行かなくてはなりません。
 途中迷ったら1ポイントでもお客様が有利な方向へ進むのがオーナーの仕事です。

 ←天ぷらおいしそうでしょ
天然の車海老です。その繊細・さわやかさは日本1です。
養殖のブラックタイガーではこの味は出ません。





2010.3.28 エンジェルデザート

 若いご夫婦のお客様にプレゼントするために試作したデザートです。
お若い方にこれまで以上に通って頂いてホテルデュシェルブルーの親衛隊になるよう希望します。
・・・お礼と・・・熱いエールの気持ちを表現しました。

 「エンジェルデザート」

 キャンドルに火を点けて、デザートと一緒に記念撮影します。
 お写真はお帰りまでにプレゼントする予定です。






2010.3.17 諏訪湖一周しました。

 湖一周シリーズ:今日は諏訪湖です。
諏訪湖は標高759 m、水深7.2 m、周囲長16 kmです。
諏訪盆地の中央に位置して長野県で一番大きい湖です。

 本日は気温が低めですが、無風快晴。
 アルプスの山々が綺麗でした。
遊歩道の整備が最高!
それもジョギング仕様の舗装です。
途中水門があります。
何でも興味のある私は構造をCK?しています。
D51(D51349)もあります。
踏切を渡って下社へ
この区間中央線は単線です。
途中諏訪大社下社に寄り道。
商売繁盛、家内安全(マイワイフ?)
諏訪大社上社
(こちらは帰りに車で行きました)
 出発点のヨットハーバーです。
本日も無事完走。
(途中諏訪大社に寄り道したので本日は20kmです。)
今回のトレッキングは、湖一周コースの99%舗装それもジョギング仕様です。快適・安全、関係各位に感謝します。


この達成感がたまらない
!!!





2010.3.15 牛フィレ肉のロースト デュシェルブルーソース

ある日のお肉料理

 牛フィレ肉のロースト
 デュシェルブルーソース

 黒毛和種部位極上
 ・・・今が旬!

 250℃の焼き上がりが最高!
 オーブンでじわりじわり焼き上げる・・・
 牛肉の特有の”くせ”もありません。

 まずはお召し上がり下さい。 





2010.3.14 無風快晴の八ケ岳

 八ケ岳高原大橋より 気温6℃ 無風快晴! 
力強い春の日差しが眩しい・・・
ダイナミックで凛とした八ケ岳

・・・お出かけ下さい。
 遥かなる山々が待っています。




2010.3.10.春のドカ・・・早い除雪は宿の嗜み。

 昨日からの雪は、重く湿った雪で参りました!
 頼りのエンジン除雪機は、このような雪では中々活躍できません。それでもだましだまし(最近騙すのが上手くなりました???)
 本日は二人で5時間かかりました。道路から前庭を通り玄関までのアプローチが長いので趣はありますが除雪は大変です。
 自慢ではありませんがこの界隈で当ホテルは、除雪が一番早くいつでもさわやかです。
 シーズンのオンオフ・チェックインのあるなしに関わらず常にきちんとするのが業務店の「嗜みである」と私は考えています。またそのような姿勢がサービスに現れるものです。
 
 雪かきをしていると・・・日差しは春そのものです。





2010.3.8 三寒四温

 三寒四温 先週は春を通り過ぎて初夏の陽気でした。
昨日みぞれから雪になりました。
 今日は冬に戻ってしまいました。
・・・朝から寒いです。
 春はこのような気象変化を繰返す内、だんだんとさわやかな高原になって行きます。





2010.3.3 山中湖一周しました。

 湖一周シリーズ:今日は山中湖です。

山中湖は標高981 m、水深15 m、周囲長13.5 kmです。
富士五湖で一番大きく・標高の高い湖です。

 一昨日の河口湖20kmロードの歪がまだ残っていますが、お天気が下り坂であり本業のホテルがそろそろ忙しくなりました。そこでここは一気に攻めて湖一周シリーズ:富士五湖完全走破しました。





・・・あいにく午前中は霧が濃く富士山は見えません。
それにうすら寒く(日中5℃)何事も楽ばかりにはなりません

山中湖も遊歩道が所々にあります。
木道のトレッキングは快適。


・・・しかしまだまだ国道を歩かなければなりません。

・・・関係者の更なる努力を希望します。
白鳥がたくさん。
 は~い着きました。
本日も達成感がたまらない。
湖一周シリーズ:富士五湖完全走破!

 次は・・・諏訪湖。

最終目標は琵琶湖です。・・・でも周囲長240kmあります。





2010.3. 1 河口湖一周しました。

 河口湖は標高830 m、水深15 m、周囲長19 kmです。
富士五湖で最も長い周囲の湖です。

本日は20kmロードですので、必ず完走するよう気合を入れて望みました。

道の駅に車を置いてこれから出発です。 河口湖はウォーキングトレイル(遊歩道)が多いので快適 ワカサギ船もあります。
所々水位計があります。湖面水位が3mを超えた事も・・ 河口湖大橋 東岸エリア には大型旅館がずらり
 出発点に戻りました。
正直なところ、この標識を見た時は感動しました。
今日も無事完走です。

この達成感がたまらない!!!






2010.2.25 精進湖一周しました。

 湖一周シリーズ:今日は精進湖です。

精進湖は標高900 m、水深15 m、周囲長6.8 kmです。
富士五湖の中で一番小さい湖です。

 ですから今日は、この後お隣の西湖も行きました。
 限りなく湖の近くを歩きました。
でも「崖」や「底なし沼?=湿地帯」もありますので注意!
先を眺めルートファインディングします。
 この先トンネル!!!
うす暗くて・・・
何となくいや~な感じ・・・・・
「だれかいますか~~」
「だれもいません!」
 最後は国道を歩かなくてはなりません。
主要幹線ですから、大型トラックが頻繁に通ります。
先程のトンネルより正直怖いです。十分注意して歩きます。

青木ヶ原樹海のエリアなので樹木がうっそうとしています。

 湖一周シリーズ:次は西湖です。

西湖は標高900 m、水深73 m、周囲長9.8 kmです。
本栖湖の次に深い湖でとても静かです。



 透明度もよく水もきれい。
対岸の営業施設がポツリポツリ見えます。

 ここで昼食です。本日も愛妻弁当です。
本日の行動日程からエネルギー・PFCバランス等、十分配慮した「理論と実践」管理栄養士のトレッキングランチです。
食後不思議に元気が出て、足が前に前に出るので効果あり!
 北側からは富士山のビューが見え隠れ・・・・・
本日のトレッカーは3組でした。
・・・とにかく静かです。
 西湖をスタートしてから・・・8km
ゴールまで後2km・・・今日は二湖攻略予定ですから・・・

・・・1日二湖のダメージがチョット利いて参りました。
でも朝5時起床・トレッキングランチを作って後方支援しているパートナーのためにも・・・ここは完走するしかありません。
  本日のゴール!
この達成感がたまらない!!!




←マイワイフ:写真とムービーを撮って後方支援しています。





2010.2.23 本栖湖一周しました。

 今日は無風快晴!
暖かくて春~の陽気です。どこか行きたくてうずうずします。
 即 山に行こう・・・いやいや山の稜線はまだまだ冬です。
それなりの準備が必要です。甘い考えはいけません。
 そこで気軽で楽しい本栖湖一周トレッキングです。
本栖湖は標高900 m、水深138 m、周囲長13 kmです。
富士五湖で最も深い湖です。
有名な本栖湖5000円札のビューポイントからスタート!
 透明度もあり、歩きながらいろいろな角度からの光線により本栖湖のエメラルドグリーンの湖面きれいでした! 
 景色を眺めながら快適に歩いていましたら・・・雪!雪!雪! 林道は雪だらけ。
 柔らかい雪に下は凍結路面・・・・・
 春はもう少し先のようです。
 はい!着きました。
出発点に着きました。

・・・林道では誰にもお逢いしません。
 私達夫婦二人だけの世界でした。
 今日も楽しい一日でした。





2010. 2. 8  五稜郭に行って来ました。

 五稜郭と言えば函館ですが、実は日本には二つありもう一つは長野県・佐久市(小海線臼田駅)にあります。ホテルより約50kmです。雪の中現地に行って来ました。
 バリバリに凍ったお堀の外側を1週しました。140年前にこのような土地によく作ったものです。サイズは函館のミニミニ版ですが良くできています。
 大らかな歴史のロマンを感じます。
 
 それからもう1つご照会します。「日本で海から一番遠い地点」です。
太平洋と日本海までの距離がちょうど114kmの地点です。長野・群馬両県境に近いところにあります。
 今回は積雪のため林道閉鎖で最終地点までは入って行かれませんが、「日本で海から一番遠い地点」に一番近い地点までは4WDの車で何とかたどり着きました。
 雪がなくなりましたら、また訪れてみたいと思います。
 ホテルからこんなに近いところにも興味のあるポイントは多数あります。
 時間が取れましたらご案内?アドバイス致します。





2010. 2. 7 またプランできました。

 今回のプランは冬の八ケ岳を楽しんだ後は、熱々の焼き上がりのピザを気軽に楽しむプランです。
 本文の説明にも書きましたが、カニ爪肉のオードブルとおなじみのハウスワインをちびりちびり・・・していると150℃で焼き上げた熱々ピザをサービスします。
 *ピザのトッピングはチェツクインの時にお選び頂きますのでお二人で別々のご注文でもOKです。

 また天然車海老づくし☆エビエビプランもありますので、こちらもとてもすばらしいメニューです。
 豊かな自然の八ケ岳でお待ちしています。





2010. 2. 2 またまた雪

 今年は先週ちょっと春めいた日がありましたが、昨日より雪でした。
朝一番除雪の前に、2階のコーナースイートルームより記念撮影。
 朝日に輝く八ケ岳と庭の新雪がとてもきれいでした。
エンジン除雪機フルパワーでも、2時間以上かかります。
 とにかく早く始めて早く終わる、これが雪かきの基本です。





2010. 1.6 今年初めての積雪

 朝起きたら雪でした。
今年初めてエンジン除雪機の出動です。
しかし朝から北の風強く、吹き飛ばした雪が舞って全身ブリザート状態になりました。
 ・・・青い空・・・白い雪・・・澄んだ空気
 ・・・・・大変気分のさわやかな冬の高原・・・でした。





2010.1.2 お客様より、新年早々のお便り

 新年早々お客様よりお便りを頂きました。
昨年の10月に奥様と八ヶ岳山麓スケッチ旅行にいらしたお客様からの絵です。広い庭と紅葉がきれいでとてもなつかしい一枚でした。ありがとうございました。
 
 また奥様とお出かけ下さい。
 お待ちしています。






2010.1.1  新年あけましておめでとうございます。

朝焼けの八ケ岳

朝焼けに輝く八ケ岳 (夜明けの数分間、太陽の光を浴びて赤々と燃えるような勇姿を現します。)

新年おめでとうございます。

「快適と安らぎの大人の空間」「和を感じる西洋料理」「忘れられていた食する喜び」
・・・・・
29年間一心に追い求めて参りました。このテーマに終着駅はありません。

今年はどこまで究められるでしょうか? 
 八ヶ岳でお逢いできる日を楽しみにしています。

 2010年 1月 1日        
 ホテル デュシェルブルー
 http://ducielbleu.co.jp/