八ヶ岳南麓 ホテルデュシェルブルー   
ホテルからのView
料理 客室 ご料金 アクセス 宿泊プラン
オーナーからの
メッセージ
安全な食のために
信頼の証
掲示板 栄養研究室 特定保健指導
ご予約
 


オーナーからのメッセージ

ホテルデュシェルブルー

 八ヶ岳南麓 ホテルデュシェルブルーは森と水と空気のすばらしいところです。
前庭からは八ヶ岳、カラ松林越しに富士山と南アルプスの北岳、東側には奥秩父の金峰山、瑞牆山・・・いつでも四季折々の景色を楽しませてくれます。さわやかな高原はいつでも心地よい空間です。洗練された館内はシンプル&リッチで大人のおもてなし。初めてのご利用でもどことなく漂う居心地の良さをお感じになられる事でしょう。旅の一番の楽しさのお食事は、本格派フランス料理フルコース。最高の食材を使い毎日基本に忠実に調理する事により、素材の良さを表現しつつ、そのさわやかな「こくと旨み」は、食する喜びを素直にお感じになられる事と思います。
 
 ‘快適と安らぎ’を何よりも大切にした高原の小さなホテル デュシェルブルーです。
 どんな休日をお楽しみになられますか・・・ あなただけの時間がゆっくり流れていきます。
 お逢いできる日を楽しみにしています。 

オーナー 大木由行 

 よくある質問にお答えして

1 ホテルデュシェルブルーの特徴は? 
2 4室のホテルと言う事でペンションとどう違うのですか?
3 他のホテルとの違いは?
4
特別食について(低エネルギー、低たんぱく食、etc)

過去のオーナーからのメッセージ
2023 2022 2021 2020 2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008


2024. 5.20 緑眩しく。
        五月の連休も終わり、静かな高原に戻りました。
緑眩しく・・・何時も仲良くしている庭の木々達の緑の大合唱。

 暖かくなりましたので、暖炉はお魚料理の僅かなお手すきの時間?に着火。
パチパチ燃える薪のBGMを聴きながら・・・初めに針葉樹、次に広葉樹の順番です。
燃える木の種類により、音色の異なりを感じます。
 ディナーのエンディングは、マダムのキャンドルと庭のライトアップサービス。
緑に映える鋭なLED照明が、新緑溢れる庭の木々達をご紹介。
構想から数十年、心に響くステキな空間になりました。
おなかも心も大満足! 高原の小さなホテルの成せる技でございます。
 さてさて今度の週末は、ホテルデュシエルブルーで決まりですね!




2024. 4.26 満開です。
      前庭のしだれ桃満開。初夏の陽気でいっぺんに咲きました。
とても綺麗ですね! 昨日は芝刈り1回目終了、凛とした業務店の庭になりました。
自営のホテルの良い所はお客様がいらっしゃらない時は、それらを独り占め出来る所です。
広い敷地で森林浴・季節の花のご挨拶。
室内からは、暖炉のあるラウンジと食堂の100平米の空間から、カラ松の新緑ライブ・・・。
 でも先週チョット心配していました。
しだれ桃の美しさが、何時もこの時期に2泊なさるリピーターのT様ご夫妻様に見て頂けるか否か・・・?
でもこれならあと数日は持ちそうです。
昼間だけでなく夜のライトアップもこれまた素晴らしく、LED照明の固い光線から怪しく眩しく純白がさらに白く爆発。
・・・良くここまで来た! と自画自賛でございます。
本日からGWのお客様です。
いいお客様との出逢いが楽しみですね!



2024. 4.19 暖かくなって来ました。              
        暖かくなって来ました。
近年、冷たい雨と初夏を想わせる暑さとのサンドイッチ。
春の訪れを知らせるレンギョウに追い打ちを駆けるが如く、桃の花が咲いて来ました。
 純で可憐・・・清楚で凛とした小さな花・・・何時でも新鮮!
時代はドンドン変化しているようですが・・・
八ヶ岳ホテルデュシェルブルーの木々達には関係が無いようです。

 駐車場の仕切り板・街路灯・西アプローチ看板のペイントetc etc
連休前の作業が何時もの通り多くて参りますが、宿泊を楽しみにしているお客様のお気持ちを考えると・・・更なる努力! でございます。何年経過しても楽にはなりません。
「業を成す」とはそういう事ですから、 老兵はまだまだ頑張らなくてはなりません。
孫子の兵法に 「算多きは勝ち、算少なきは勝たず。」 算とは準備の事です。
 それでは沢山準備をしてガンバリましょうね!



2024. 3.15 春はスキー?
    このところ暖かくなったと思いきや、こんどはみぞれ混じりの雪。
何かと雑用が多くて・・・モタモタしてるとシーズン終了・・・。
てな訳で・・・とにかくスキーに行きました。
 学生の頃から、「冬はスキー」 それしか頭にありません。
その昔 夜行列車の急行アルプス号に乗り、着いたらゲレンデ直行、そのままナイター。
今思えばクレージー そのものですね。

 リフトに乗りながら・・・遥か遠くの山々を眺めたり・・・雪のカラマツ林を観察・・・
下を見れば・・・雪解け水がちょろちょろ・・・雪は降っても確実に春めいています。
豊かな自然と自分以外は皆地球・・・。もう堪らない気持です。
さてさて・・・今回はこれまで最低の滑りでしたので、次回はもう少し高い標高のゲレンデでリベンジですね。
年齢と共に足は衰えるに決まっていますので、チマチマせずに筋トレしてガンバリましょうね! 



2024. 3. 7  お客様から、お礼のはがき。
    先日ご宿泊の怖いもの知らず・・・のお客様から、お礼のはがきです。
とってもとってもうれしいです。ありがとうございました。
オーナー夫妻はご予約時から、料理やお部屋それからアフターディナーの内容について考えて来ました。
わたし達には何時もの1日でも、お客様には一生に一度の出逢いかも知れません。
まして大雪+高速道閉鎖のおまけ付ですから、心配の連続こちらも堪りません・・・。
 メールやスマホの時代、このように手の掛かるお礼は少なくなりました。
自分と異なる事柄には強烈な拒絶反応、気に入らなければネットで言いたい放題、本当に困った現実です。
好きなものを好きなだけ食するのもOKなら、私たちの世界である「創作フランス料理」も自由にして頂きたいと強く感じています。
 高価な食材を惜しげもなく投入、その結果から得られる豊かな味わい・・・コクと旨み・・・。
食材の個性を知り最大に表現、そして人に優しく。奢ることなく真摯に向き合い数十年、それでいて自己流ではありません。
時にはお洋服を着替えてフォーマルで律儀な一時、とても素晴しい世界です。
 豊かな自然の八ヶ岳、何時でも新鮮 旬!を味わう創作フランス料理、ホテルデュシェルブルーでお待ちしています。



2024. 2.24  お客様から頂きました。
     久しぶりにお見えに成りました。
この時期では異例、2室で2泊。ご予約頂いた時からワクワク・ドキドキ・・・。 
どころが昨日は、寒波と雪のお出迎え! 遠い関西から女性4人旅、少々心配しましたが・・・怖いもの知らずの彼女たちは何のその。
 「早春スペシャルディナー —春の香りを愛でる—」 一足早く春を楽しむ会食は、雪化粧の春爛漫。
そして1時間後、オーナーからスパークリングワインで乾杯。その時「この数十年で一番うれしいご予約!」と心の内を話したら・・・
なんと 「どうして???」ですって! こちらも???ですが、何の事か分からなくても楽しいのがリピーター。
翌日は富士山と南アルプスそして光り輝く八ヶ岳、大パノラマのビュー大歓迎でございます。
 頂いた「ゆず餅」美味しかった。 乾いた体に染み通るようです。ありがとうございました。
さてさて そろそろ お帰りになるお時間です。 今夜も頑張りましょう!
先ほどリピーターのお友達から「和菓子」頂きました。重ねてありがとうございました。



2024. 2. 9 この冬一番の積雪
     よく降りました。久しぶりの大雪です。
エンジン除雪機フルパワーでも、そう簡単ではありません。
吹き飛ばす雪は、温度の低い粉雪がベスト。
除雪部分は砂利道ですから、オーガに入らないように上げたり下げたり。
飛ばす方向も細心の注意を払わないと、小石入りもあり建物や街路灯に当たり危険です。
またこれから除雪する方向に飛ばすのも良くありません。
・・・真面目にやると条件がシビアなのです。
 広い庭を除雪して、車が通れるようにしてそれでお仕舞とおもいきや・・・次は屋根です。
増築食堂の屋根の雪は、この時期簡単に解けてくれません。30cm程度は問題ありませんが、来週また積雪もありです。
従って二連はしごで雪落し→スノーダンプで屋上サーカスでございます。
このような事やる必要がないとか何とか・・・ツベコベ・屁理屈は通用しません。
指定事項の8割程度でOKもありですが、精神的に穏やかではありません。独立自営!とはそうゆうモノです。
何とかかんとか終了・・・するとカラ松林から霊峰富士が綺麗でした。
 「光の2月、温度の3月」 2月になって積雪はありますが、日が伸びて何よりも春を感じる日の光。
情緒豊かな自然との対話、生まれ育った超過密な東京砂漠にはもう帰れませんね! 



2024.1.18 何時もの初詣
     ここ数年お決まりの初詣コース。
諏訪神社「下社春宮」→ 岡本太郎画伯絶賛の「万治の石仏」→中山道を速足で歩いて「下社秋宮」。ご存じと思いますが諏訪大社は「二社四宮」です。通常は上社本宮を、お参りする方が多いと思います。しかしお日にちもよりますが諏訪ICから大変な混雑、車・車・人・人、人だらけです。そこで私はそれらを横目で見て岡谷ICまで行き、下社春宮からスタート。底冷えする諏訪ですから防寒対策、沢山着込んで行きましょうね。

 今年も沢山お願いして来ました。エッ!何をお願いしたの? 
野暮な事聞いてはいけません。まっ!新年だから少しだけ・・・
商売繫盛・家内(愛妻)安全・無病息災 それから世界平和!etc etc  
今時ワンコイン(500円ではありません!)でお安いものです。
 そんなこんなで今年もよろしくお願い致します。



2023.12.31 来年は良い年でありますように!
   皆様ご期待の「オーナーの本音ブログ・青年の主張」 今年1年の締めくくりです。
ホテルとオーナーを正しく理解して頂くために本音のブログです。律義で真面目だけでは面白くありません。
・・・それでチョットおちゃらけ(エスプリです)。

 日本中大パニックのコロナ禍も過去のお話?、この100年間なかった恐怖の時は過ぎました。
これからは、沢山お仕事をして→沢山遊ぶ! 大いに人生を闊歩して頂きたいと思います。
 先日宿泊されたお客様から、まだマスクand手袋している! 必要ないでしょ!
イエイエとんでもありません。ウィルスは消滅した訳ではありません。業務店のホテルや旅館では、引き続き対策しないといけません。
安心・安全のホテルデュシェルブルーでは、排気を室外のセントラルクリーナー・全熱交換器・大容量加湿器・多方向同時換気etc
感染対策を緩めてはいけません。業を成すとは全力・全開で立ち向かう!という事です。
プロのタクシーやバスの運転が、たまにしか乗らないサンデードライバーと同じ精神構造で良い筈かありません。

 それから近頃、「ホテルデュシェルブルーに宿泊したい!」と言う熱烈なファンが来訪されます。
・・・「電車の中で、今日のディナー何かな~」「カラ松林がステキ!」「スープのコンソメが絶品!」「プリプリした車エビ、もっと食べたいな!」
「絹ごしの味わい和牛フィレ肉、こんなにおいしい肉料理!生まれて初めて!」「ディナーエンディング、キャンドルサービス・・・豊かな自然萌える緑」etc etc 
どのお言葉もうれしい~です。全てひとつづつコツコツ作り上げて来た作品、そして正当な評価に感謝と感動。労働の喜び!を感じる一瞬です。
それらのお客様はよ~くHPをご覧になられ、小さなホテルをとても大切にして下さいます。それから沢山のお土産!それはもう 感激の嵐!
ありがとうございました。とってもうれしい~です。これからも更なる努力!!!致します。

 それから今年も小さなお願い、料理の写真を取るのが主で食は後?・・・困ります。お皿もおソースもお魚もお肉も温野菜も、全て熱く今が旬!をご提供しています。
写真パチバチで一向に召し上がりません! 私はカメラに料理を出しているのではありません!情けなく虚しさいっぱい!(でもどうしても撮るなら手短にね!)
 私は、お客様に食する喜び!今が旬!を味わって頂きたいのです。それは、「料理人とお客様との真剣勝負!」・・・そう宮本武蔵でありたい。
そのためご人数を少なく、厨房設備の更なる投資、天性の感性を更に磨き上げ、一番美味しい料理を味わって頂きたい! 職人とはそう言うものです。
 私のホテルの創作フランス料理は、厳選された食材・一瞬の気の緩みも許されず・難易度も高く・衛生基準も更に高く!
一般のレストランでは、ここまでのスペックは敷居が高く採算が悪く存続不可能と思われます。
 にもかかわらず現実は、「今が旬!」を軽くアドバイス→ご機嫌が悪くなり→→会話もなくなり→→→(腹いせに?)結果旅行サイト評価1? もあり得えます。
あまりに理不尽ではありませんか? ホテルデュシェルブルーは、(オーナー + 料理人)共に職業意識がはち切れんばかり溢れています。
私は30歳からの人生を、全てこのホテルに賭けて来ました。正しいご理解とご協力、重ねてお願い致します。

 ホテル玄関のお飾りは、迎春です。
「私の福は、お客様です。」
今年一年ありがとうございました。
来年は、笑門来福・千客万来になりますように!
 皆様 良いお年をお迎え下さい。



2023.12.30 お客様から頂きました。
    もう数十年通われているお客様です。何時は数か月前のご予約が多いのですが、今回は「直前で申し訳ありませんが・・・」とおっしゃるご予約、もちろんOKです。
そして頂きましたのが濃厚なフォンダンショコラ。焼き立てのチョコレートケーキに溶かしたチョコとクルミソースをタップリと染み込ませた重厚な味わい。
早速頂きました。その通り濃厚な味わいが充満、さらに余計な香辛料など入れない硬派のお菓子、職人技を感じます。ほとばしる嬉しさ爆発!
ありがとうございました。とってもとってもうれしいです!!!
 誰もが認める?こだわりのオーナー? を気にして良いものをお選びになるお気持ちは痛いほど感じますが・・・どれもこれも高価な老舗の商品ばかり、大変恐縮しています。
お気遣い本当にありがとうございます。当然お客様のご期待にお応えなくてはいけません!
 今回は「ムール貝のコンソメ、小海老のパイ包み焼き デュシェルブルー風、黒毛和牛フィレのロースト 生姜の香りを添えて~~~」
特別料理の豪華メニューのお出迎え、結果楽しいディナーになりました。
オーナー夫妻も心地よい仕事の達成感に酔いしれ、暮れのボーナスいえいえ一足早いお年玉?を頂いた感覚です。ありがとうございました。
 「いい宿は、いいお客様で作られる」ご理解頂けましたでしょうか?



 オーナーからの贈り物・・・・・

 ご覧頂けましたでしょうか?

オーナーのいつでも夢見る少年のような・・・

意外な一面をお見せしました。


真面目で几帳面だけでは、自動販売機のよう・・・。

律儀もいいけれど精密機械のようで、窒息しそう・・・。


「からだもこころも休息が必要!」
    早朝・・・今年も来てくれました!
 

   A merry Christmas to you !



2023.12.4 富士・箱根・伊豆、日本の観光地を視察
        早いものでもう12月になりした。皆様お元気ですか? 
先日、富士五湖に行きました。河口湖美術館の広い館内から富士山がとても綺麗! 富士山ミュージアムでは信仰と富士講、彼らを迎えた御師(おし)の存在。また施設の隣に小さな滝(鐘山の滝)ご存じですか?ここに滝!迫力あります。どちらも見ごたえのある施設です。
 このところ毎週、富士・箱根・伊豆と日本の観光地を視察しています。海や山を見てホテル・旅館や有名店で食事、さらにインバウンドの行動と彼らに対する日本のサービスの現実を知るためです。一例として鳥居の前で写真撮影のため、礼儀正しく並んでいるインバウンドの姿に感動!(警備員その他おりません。)そのお陰で地元有名店、満員御礼売れています。・・・でも店内が少々寒い~(暖房ナシor超低い?)スタッフは動いているから分かりにくいものですが、困りますね~。勿論全ての店舗ではありませんが・・・虚しさ一杯です。
 日の入りの早い時期ですので、よく計画してドライブ致します。
事前に綿密な調査をしないと、現地で時間がかかりフェアな結果は望めません。
「敵を知り己を知れば百戦危うからず」 さてさて今週は何処へ




2023. 11.1 お客様から頂きました。その2
      2週続けて、リピーターのお客様からの頂きました。(少々遅くなりました。)
とってもとってもうれしいです。ありがとうございました。
 それにしてもこのパッケージ、見ただけでお分かりのように日本を代表する銘菓です。
どちらもとても高価! そして美味で品格に満ち溢れています。 ご贈答に購入しても自分用?は考えてしまうものです。
改めまして遠方よりお越し頂き、高価な銘菓のお心遣い・・・ほんとうにありがとうございました。
 私のホテルでは少し若手の奥様から「オーナーに逢うために来ました!」(ちょっと恥ずかしい・・・)
また別のご主人様は、「毎回何かしら得るものがあるから楽しみ!」(市長さんも訪れる先端技術の社長さんです。)
などと勿体ないお言葉を頂き、宿屋冥利に尽きるとはこの事です。
 これまでの努力が実を結び、また明日からガンバローと切に思うものです。それに何よりも安心感!!!
そこにはお客様とホテル、共通の空気が漂っています。双方共に互いの個性を尊重し、期待を裏切らない堪らない安心感があります。
(IN時代ですから家に帰ればPCがお友達、思いこんだら何でも言える? 別人27号に変身しては行けません。)
 リピーターのお客様とお話は尽きませんが、砂漠でオアシスのような気分でございます。時には息抜きが必要ですね。
 次回も豊かな自然の八ヶ岳、基本に忠実、創作フランス料理でお待ちしています。

 



2023. 10.11 お客様から頂きました。
     何時ものリピーターのお客様から頂きました。
今回も大変高価なチョコレート、ありがとうございます。とってもうれしいです。
 前回のご宿泊は、4月です。半年ぶりですが、お話は尽きません。
お互いに何でも本音でお話しできる素晴しい関係です。
ホテルに泊まって美味しい食事と会話、そして癒しの空間。

 個人情報の漏洩?とかで・・・何時でも何処でもご用心!
の時代ですがこちらのご夫妻様とオーナー夫婦の関係はそのようなレベルではありません。
互いの個性を尊重しつつ楽しく愉快な会話・・・そして何よりもたまらない安心感に満ち溢れています。
前回同様、「朋あり遠方より来たるまた楽しからずや」でございます。
 チェックアウト後、吐竜の滝トレッキング、ふと見れば八ヶ岳が綺麗!



2023. 10. 6 小布施&日本海
      小布施に栗を買いに行きました。
朝から凄い人・・・人だらけでモタモタしてると売れてしまいます。おばさん達のパワーに圧倒!。
 実のところ日本を支えているのは、ツベコベ批判ばかりで能書きだらけの人達と違い、厳しい環境の中でもベストを尽くす!
ガマン強くて行動派のこのオバサン達かも知れない?・・・てな事を考えながら早く良いものを選びます。
その他リンゴ・ブドウ・プラム・イチジクその他葉物野菜、沢山買いました。
 そして何時もの通り北上して日本海へ。
春日山で謙信公にご挨拶して次は近海のお魚と思いきや、海がしけて漁に出られなかったとか・・・でも甘エビだけは大漁・安値でした。
 ここ数十年、年に何度も日本海日帰りですが、時々お客様にお話しすると目を丸くしてビックリ!
年甲斐もなくハードに見えるようです。でもそれなりの車と綿密な計画、出発前の確認事項CK、驕り高ぶることなく自分を見つめ・・・全てゴーサインなら行動あるのみ! 「男の人生に年齢など関係ありません!」

 10月から2カ月間秋の味覚プラン
「☆錦秋の八ヶ岳☆ 紅葉と秋の味覚プラン ・・・秋ものがたり・・・」開催中。
皆 楽しみにしています。今年も一般のメニューは停止、この創作メニューだけで勝負! ご予約はお早めに・・・お待ちしています。

 



2023. 9. 28 麦草峠トレッキング
     暑い9月が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?
本日も甲府35度が予想されます。それでは涼しい高原でフラリフラリが一番。
ホテルから50km/1+00、麦草峠トレッキングです。
 ところが峠を登ると・・・ミルク色の霧、それにだんだん寒くなり
峠の最高地点(2127m)では何と15度しかありません。
さらに強風+時々雨・・・しかし悩む事なく歩き続ける事2時間。
体も慣れて北八ヶ岳の樹林帯も心地よく、ユーモアたっぷりのコケ丸君もお出迎え!
 何時でも新鮮!
北八ヶ岳は森と湖の国、豊かな自然が心地よい刺激。
何か悩む事があったら、必ず森を散歩します。
ピークを踏む「山」も楽しいですが、人のいない高原トレッキングは大人の時間。
ああして・・・こうして・・・ツベコベ考えていた自分が小さく感じます。
 さてさて、そろそろ、宜しいお時間になりました。 ではまた!



2023. 9. 6 吐竜の滝トレッキング

        今週は雨と思いきや・・・何と晴天! それなら久しぶりにトレッキング。
ホテルから吐竜の滝まで40分、もうこのエリアは自然がいっぱい!
このところの雨で水量が多く、沢沿いに冷たい風が心地よい・・・。
のんびりしすぎると寒く?なります。
林道に戻り八ヶ岳高原大橋経由、橋の駐車場もこの通り空いてます。
夏も終わって元の静かな高原、のんびり(途中チョット強歩)歩いて2時間。
何時もの通り良い環境と共存できて、喜びが満ち溢れてきます。
 それでは豊かな自然 ホテルデュシェルブルーでお逢いしましょう!



2023.8.16 台風の影響ありません。
     8月も半分過ぎてしまいました。
・・・台風の影響ありません。
大事を取ってキャンセルなさったお客様の心情を考えると・・・
悔しい気持ちでいっぱいです。
ホテルは逃げませんので、またご計画なさるよう希望します。

 時々 日が差すと前庭の芝生が綺麗!
さらに南側のカラマツ林、こちらも凛として静寂。
あともう少しの夏休み、静かでのんびり~~なさりたい~~~
・・・思い切ってお出かけ下さい。
想像以上に大人の雰囲気・・・
空調の効いたお部屋で良く冷えたスパークリングワイン、いかがでしょうか?



2023.7.23 いよいよ梅雨明け・・・高原にクーラーは入らない?


  長く不規則な梅雨も明けて、いよいよ夏! そして何時もの質問に「高原だからクーラーはいらないでしょ」??? 
毎年必ず・・・よく耳にします。それで今年もご説明です。
 お答えはNO!です。「より快適な空間には空調(クーラー)が必要です。」
コストを最優先する別荘や永住の方は、必要ないとお考えのようです。
掛かる費用を考えると、夏の2か月くらいの我慢と思います。
では業務店も我慢してくれますか? お答えはまたNO! お客様は、我慢する必要などありません。
業を成すという事は、より快適!を追求をする事です。
オーナーとしても出来れば、冷房など入れたくありません。自然の風! さわやかな高原の風こそ・・・心地よい癒しの一瞬です。
 ご存知のように気温低減率 は、-6.5℃/kmですから1150mの高原は海抜0mと比べると7.5℃低くなります。
東京が35℃の時はここ大泉は27.5℃です。だからクーラーなんていらない! ではありません。
 この温度はあくまで日陰の空中温度です。地面や屋根の影響があるときは、この限りではありません。
通常客室は南に面しています。当然すべてのお部屋で風が抜ける訳ではありません。さらに建物に直射日光が容赦なく降り注ぎます。
・・・結論から言って2階のお部屋は屋根の熱も伝わり容易に30℃以上になります。
 
 温度管理のしっかりしたダイニングでの創作フランス料理は、快適でさわやかな空間です。
「晴れの日」のディナーには、ちょっとお洒落をして装うのも楽しいものです。
梅雨時は空調の設定を、ドライ運転で湿度を少なくしています。
しかし空調(冷房・暖房)の温度設定は、冷房のほうが人それぞれお好みの温度が異なり難しいです。
もう一言ついでに特急列車や新幹線や飛行機では、自分の温度にはなりません。
そこで夏は特に軽い上着やサマーセーター等、お持ちになられる事をお勧めします。
大人になったら紳士的で粋に装うのも楽しいものです。
 八ヶ岳の小さなパリ・ホテルデュシェルブルーは、何時でもさわやかな風が吹いています。
 ちょっとリッチな大人の休日をお楽しみ下さい。



2023. 6. 7 
新緑が眩しい!
     今年の新緑なんて眩しいのでしょう!
昨日までの雨も上がり、本日は見事な快晴。午前中にさっさと芝刈り、松竹梅の梅コース。
人生、時には(常に?)臨機応変、柔軟が寛容。PMから久しぶりに吐竜の滝トレッキング。
 ホテルからホンの1㎞歩いただけで、緑濃く・森深く・道路にはみ出てくる木々が半端ではありません。
役場の管理が間に合わないのも手伝って、ジェラシックパークの世界。すぐ横から肉食恐竜ティラノサウルスが、出て来そうな雰囲気充満。
八ヶ岳高原大橋経由、何時もの2時間コース。いい気分心地よい刺激。都会に住んでいたら100%無理でしょうね!

 歩きながら本日の宴会は、ビールorスパークリングワイン悩みます。
今日も1日元気で入られた事に感謝して・・・豊かな自然の八ヶ岳 ホテルデュシェルブルーで乾杯!



2023. 5. 27 次は2泊で出直します。
       今年の八ヶ岳は、新緑が何時になく綺麗。
緑濃く・・・眩しく輝いています。

 リピーターのお客様がチェックアウト、玄関でお見送りその時「次は2泊で出直します。」
「???」「今回は1泊なのでテンションが上がったところで帰宅、調子が狂ってしまいました。」との由。
お帰りになる玄関で次の宿泊計画、オーナーとしてとてもうれしい瞬間です。
私のホテルも遂に、そのようなレベルに達したのでしょうか?
 結婚記念日で平日に1泊、「美味しい食事」と「清潔で静かなお部屋」
それらはすべてクリア~致しましたが、ところが何時もの2泊と1泊では、大違い!を体感なさいました。
 平日1組貸切が多い昨今、管理人とシェフを雇ったハイレベルな別荘感覚。
「時に優雅、そして豊かな自然に癒されたい・・・」大人の休日とは、そうゆうものだと思います。
次回の創作フランス料理の検討&更なるグリーンメンテナンス・・・ 
 またお逢いできる日を楽しみにしています。 
カラ松林 今が旬!  朝の陽 ヤマボウシ



2023. 5. 7 あるお客様の声 
    連休も無事終了、静かな八ヶ岳高原になりました。
リピータのお客様が、粋なご投稿なさいました。

 「何回目か忘れてしまいましたが、お帰りなさいませの奥様の出迎えで、帰省したかの雰囲気になります。
緑の中でクラシックが流れ、美味しい食事をゆっくりいただく。
至福の時間です。スマホから解放される、こんな時間も必要かなと思います。」


 何時もの通り、お玄関でマダムがおでむかえ。
「いらっしゃいませ。」「お待ちしていました。」「お帰りなさいませ!」「何時ものお部屋にご案内します。」
リピーターのお客様は、何時もこの会話から始まります。そして一番大切なディナー、「旬の味わい」「加熱してさらに新鮮!」
ご期待を裏切らない体に優しい創作フランス料理。初めはビール、次に白ワイン&赤ワイン。
創作フランス料理の大活躍!豊かな時間の連続!  たくさんお仕事をしたお客様へのプレゼント!
何時もより2週間早い新録の嵐! 食する喜び!
 とても有意義な時間、せわしない今の時代に貴重な一時と感じています。お世話する喜びを感じます。
次回お逢いできる日を楽しみにしています。
小さなホテルに大きな感動! オーナー大木由行
庭のスイセン 今が旬! 



2023.4.25 連休に向けて薪割をしました。
      連休中は、必ず雨が降る予想です。
それなら暖炉に薪を燃やして、非日常の雰囲気でチェッイン! ←いいでしょう!
 庭のカラ林を間引伐採・搬出・短く切断・乾燥、その後薪割・乾燥、やっと完成です。
暖炉を燃やすのは、そこそこ手の掛かる作業です。
でも開業以来、薪を購入した事などありません。
手は掛かりますが「田舎暮らしの実践」と「固定費を下げる」、その二点に尽きます。

 非日常の演出のために、身を粉にするのがオーナーの仕事です。(粉々?)
さらにディナーの時は黒服のユニフォームに着替えていますから、サービスしながら暖炉を燃やすのは実は大変~なのです。
・・・パチパチ燃える暖炉のBGM、とても良いものです。
俗に言う「暖炉は、燃やしてなんぼ」の世界です。
 せっせ せっせと燃やしますよ! 私がオーナーである限り・・・。



2023.4.21 しだれ桃満開!
      前庭のしだれ桃、満開です。
この数十年で一番早い開花。
純白でかれん、清楚な美しさ・・・。
 植物は正直ですね! 手を掛けただけ応えてくれます。
その昔親が良く庭の手入れをしていましたが、同じような事を言っていた記憶があります。
そろそろ親の年になり、その心境を理解するようになりました。
 たくさん出てくる枝や花を楽しませてくれた後の処理等、やることは無限。
初めはブツブツ・ツベコベ、不良の息子のようでしたが・・・
今では、立派な孝行息子でございます。
親はとっくに宇宙のかなたですが、時々・・・ふと・・・考える日々です。
 さてさて連休に向かってベストを尽くさねばなりません。
 ではまた!


2023.4.15 お客様から頂きました 。「朋あり遠方より来たる また楽しからずや」
      何時ものリピーターのお客様から頂きました。
どちらも高価な老舗のお菓子です。栗蒸羊羹は宿泊翌日のドライブ先小布施で購入した羊羹です。(頭が下がります。)
上品な味わい・・・長引くコロナ禍で疲弊したリゾート最前線のオーナー夫妻には、砂漠のオアシス感覚。
 昔見た映画「鎖につながれたベン・ハーにお水を下さいました・・・」 そんな心境、感動的な一瞬。

 前回のお約束? 以前のように年2回のご宿泊、今回は2泊で実行でございます。
とてもうれしいです。ありがとうございました。
 ご予約の時からメニューは決めていました。
「桜鯛のグリル 抹茶マヨネーズ」奥様の誕生日の翌日と言う事もあり、旬の桜鯛を味わって頂く・・・
2泊目は「小海老とホタテのマリニエール」 こちらも完成度が高く絶対の自信作。
お馴染みのお客様は、互いの気心も知り尽くし堪らない安心感があります。
お話が尽きません。楽しい一時を過ごせました。

 「朋あり遠方より来たるまた楽しからずや」




2023.3.31 西湖とさねはら桜並木

       暖かくなりました。西湖1周トレッキング、周囲10kmですから軽いノリで出発。
 水もきれいで富士五湖の中では一番の湖。それに人の少ない湖畔は清々しくとてもいい気分。時々風が冷たく(一昨日積雪ですから当然)意外と楽ではありませんが、のんびり歩い2+30 午前の部終了。昼食は愛妻弁当(超美味しい~~~)、午後は春爛漫の「神代桜」と「さねはら並木道」です。
千年の名桜の種を宇宙飛行士の若田光一さんがスペースシャトルで宇宙へ。宇宙帰りの桜も手伝って神代桜」周辺は大混雑。2周しましたが・・・人が多いのと駐車場の呼込みetc (業を成すと言いますが、私は好みません!) さっさと次の並木道へ。「さねはら並木道は武川町の眞原(さねはら)地区に広がる牧草地の道路脇の桜並木、 約750mの桜のトンネル。 戦後入植した人達が土地の発展を願い、ソメイヨシノを植樹。 甲斐駒ヶ岳や南アルプスの残雪を眺めながら、桜尽くしの中をゆったりと散策。しだれ桜とても綺麗! 桜は、日本の美の原点を感じます。 以上 春爛漫レポートでした。ではまた!



2023.3.9 今季初めてのスキー
   日に日に暖かくなって来ました。久しぶりのスキーです。
冬の一番の楽しみはスキー、学生時代から変わりません。
このところ、何かと雑用が多くて・・・行かれません。
 無風快晴・温暖で初夏?のような気候の本日は、絶好のスキー日和。
チョット軟雪でエッジが引っ掛かりますが、気にしません。
ゲレンデはこの通り、貸切状態! リフト待ちもありません。
・・・学生時代の白馬/八方尾根のリーゼンとは、超程遠い滑りですが、
風を切るフィーリング・・・遠くの雪山を眺めながら・・・自由気まま・・・喜びが溢れ出てきます・・・。
 それにしてもスキー場のBGM、全く聞いた事がない調子外れ?な曲ばかり・・・こちらも気にしません。
学生の頃聞いていた、陽水やユーミンの曲が懐かしく感じます。
 さてさて、そこそこ、6時間経過、明日は筋肉痛でしょうね!
今季は、あと2回行きたい! ではまた!!!



2023.2.24 結氷の松原湖
       
 結氷の松原湖
ホテルから30km、異次元の世界!
後ろの硫黄岳を見ながら、湖の真ん中まで歩いてみました。
飛んでも跳ねても・・・100人乗ってもだいじょうぶ! 
でも時々ぎぎ~どどど~~氷のきしむ音・・・超怖い!
 
 帰りはチョット寄道、日本一美しいとされている白樺群生地
豊かな自然でリゾート全開!




2023.2.12 久しぶりの雪 
    今年は冬型で寒い日が続きましたが、久しぶりの雪です。
プレゼントの置き土産は、大雪です。西エントランス+駐車場=100m、(玄関+納品口)前スペース、増築食堂屋根 etc 
これだけ広くなりますと、人力だけではとても無理です。昨日は1日中除雪。エンジン除雪機の雪丸があるので超楽??? でしょうか?
 イエイエ 20~30cmの積雪では、見えない所に何があるかわかりません。
また車や建物の直ぐ横は、危険ですから出来ません。能力がなくてビビっているのではありません! 何度も失敗して空を仰ぎ見た結論です。
 シーズン中のかだし損ねたプランターなど大雪で見えませんから、これまで何度か除雪機のローターで粉々にしたり・・・
飛ばした雪で街路灯ガラス直撃もありました。それに屋根の雪下ろしなど雇われオーナーでは先ず、おやりに成られない事でしょうね!(危険作業です)
 
 除雪作業は筋肉労働ですが、頭はヒマですからイロイロな事を考えています。
 なにやらかにやら・・・春めいて参りました。
 光の2月 温度の3月  何時でも新鮮!ホテルデュシェルブルーでお逢いしましょう。



2023.2.2 諏訪湖の御神渡り?
       暫くでございます。毎日寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?
 先日諏訪湖の前面結氷が宣言され、凍った氷が割れる「御神渡り」が期待されました。
がしかし・・・昨日の現地確認の様子では・・・マイナス10℃まで冷え込んだにもかかわらず・・・所々・・・薄氷です。遊びに来ていた水鳥たちもコソコソ歩いています。 

 ところで御神渡りか否か? 何方がお決めになるのか! ご存じでしょうか? 
気象庁? 国交省?ではありません。もちろんテレビや新聞でもありません。神事として八剱(やつるぎ)神社の神官が宣言します。毎年この時期になると、地元は勿論日本中の注目を浴びる事になります。そして最終的に「宮内庁と気象庁に結果の報告を恒例とする。」とあります。さらに調べますと御神渡りの記録は500年以上になるようです。現在の宮坂清宮司は、毎日毎日諏訪湖の氷の状態を観察して、宣言! するか否か?  ・・・心労甚だしい
・・・お察し致します。 コロナ禍の中、豊かな歴史の日本を感じます。
 それでは、律儀なホテルデュシェルブルーでお逢いしましょう。




2023.1.7 おせち料理
    プライベートで恐縮ですが我家のお正月料理、初公開!です。
お正月は何時でもフレッシュでありたいものです。
料理人の中には料理は仕事で「お客様にお出しする!」
従いましてご家庭では一切調理しない方もいるようです。
当ホテルの料理人(愛妻)はどんなに忙しくても我家のお正月料理を作ります。
これでも今年は何時もより数品少なく、「松竹梅」で言えば「梅コース」でございます。
家庭用と言いましても、とても手が掛ります。
何時もより減額されている「梅コース」を朝食に出すためには朝6時前に起きなければ間に合いません。
 仕事だからではなく、基本的に料理が好きなのです。だから八ヶ岳に来てホテルを成しているのです。
それで多くの先輩達から「・・・何年経過しても、芯がブレない!」と言われる由縁です。(ここがお客様にイマイチご理解されないのが残念!)
オーナーの私も同様42年前に東京を出た時から、その「律儀で繊細」な精神構造に全く変化ありません! (さらにご理解されず悔しさup up・・・)
このような・・・そのような・・・オーナー夫妻経営のホテルで言える事は・・・
「私のホテルのお客様は、・・・幸せだな~」と感じる一瞬です。
 さてさて 青年の主張!は衰えません! ・・・それでは自然豊かな八ヶ岳でお待ちしています。



2023.1.1 新年おめでとうございます。
 新年おめでとうございます。
霊峰富士を眺めていると・・・こころは何時でも凛とします。
自然はいつも清らか、向き合えば清純な心が甦る!
そんな気持ちを与えてくれます。
八ヶ岳に暮らして42年、良い決断をしたと思い幸せを感じています。
高原にウィルスはいませんよ! 八ヶ岳でお待ちしています。 

 
2023年 1月 1日 



2022.12.31 今度こそ! 来年は良い年でありますように!
   皆様ご期待の「オーナーの本音ブログ・青年の主張」 今年1年の締めくくりです。
ホテルとオーナーを正しく理解して頂くために本音のブログです。律義で真面目だけでは面白くありません。・・・それでチョットおちゃらけ(エスプリです)。

 長引くコロナ禍、日本中ウィルス慣れ?+旅行支援慣れ! 対策しても感染する時はするとか? 旅行に出る方も多くなりました。
そして追い風の如く国や県を上げての旅行支援も多く、ホテルとして大変助けられました。がしかし・・・安いから行くとか?  少々雑な旅を感じます。
個人的にはもう支援は結構ですから、更に困っている人たちへのお薬代とかに振り向けて頂きたい気持ちです。(余裕などありませんが、やせ我慢です。)
 それから近頃、私のホテルに宿泊したい!と言う熱烈なファンが来訪されます。
・・・「カラ松林がステキ!」「スープのコンソメが絶品!」「プリプリした車エビ、もっと食べたいな!」「絹ごしの味わい和牛フィレ肉、こんなにおいしい肉料理!生まれて初めて!」「ディナーエンディング、キャンドルサービス・・・豊かな自然萌える緑」etc etc どのお言葉もうれしい~です。労働の喜び!全開。
 それらのお客様はよ~くHPをご覧になられ正しいご理解、小さなホテルをとても大切にして下さいます。それはもう 感激の連続!です。
ありがとうございました。とってもうれしい~です。これからも更なる努力!!!致します。

 それから小さなお願い一つあります。近年料理の写真を取るのが主で食は後?・・・困ります。お皿もおソースもお魚もお肉も温野菜も全て熱く今が旬!をご提供しています。
写真パチバチで一向に召し上がりません! 私はカメラに料理を出しているのではありません!情けなく虚しさいっぱい!(でもどうしても撮るなら手短にね!)
 私は、お客様に食する喜び!今が旬!を味わって頂きたいのです。それは、料理人と設備の両輪がなければ成立しません。ご家庭ではムリだと思います。
「今が旬!」を軽くアドバイス→ご機嫌が悪くなり→→会話もなくなり→→→結果旅行サイト評価1? もあり得えます。あまりに理不尽ではありませんか?
 ホテルデュシェルブルーは、(オーナー + 料理人)共に職業意識がはち切れんばかり溢れています。それで部屋数を半分に致しました。
更にそれらを可能にする厨房設備も日進月歩、現在最高の状態です。正しいご理解とご協力、重ねてお願い致します。

 ホテル玄関のお飾りは、謹賀新年です。
「私の福は、お客様です。」
今年一年ありがとうございました。
来年は、笑門来福・千客万来になりますように!
皆様 良いお年をお迎え下さい。




2022.12.29 お客様から頂きました。
   クリスマスにお泊りになられたお客様から頂きました。
何度も下調べをしてご予約されました。
目的はディナーですが、チェックインからず~と感動の嵐!
自然豊かなカラ松林を眺めたり・・・
スープ 魚料理 肉料理・・・いつもと違うXmasバージョン
デザートは、トップライトXmasツリーのイチゴ添え・・・
さらにマダムのキャンドルサービス・・・喜びも頂点に!
周波数の合うお客様とはとても楽しい一時です。 ありがとうございました。
 私のホテルの大きな特徴は、正統派の西洋料理です。
ホテルのメインダイニングのメニューがお手頃プライスでご提供!です。
近年 このようなレストランは限られた方しかご利用がない様ですが、残念です。
そして感動が翌日まで持続! 通常少しトーンが下がるものですが・・・ご夫妻様は全く変わらず感動の嵐!の連続でございます。
久しぶりにチェックアウトがお名残り惜しい・・・頂きましたチョコレートより大きなこころのプレゼント! 
次回は新緑の頃・・・マイカーでお越しの予定です。「いい宿はいいお客様で作られる」ですね!



 オーナーからの贈り物・・・・・

 ご覧頂けましたでしょうか?

オーナーのいつでも夢見る少年のような・・・

意外な一面をお見せしました。


真面目で几帳面だけでは、自動販売機のよう・・・。

律儀もいいけれど精密機械のようで、窒息しそう・・・。


「からだもこころも休息が必要!」
    早朝・・・今年も来てくれました!
 

   A merry Christmas to you !



2022.11.20 素晴らしいお客様!!!
    本日も無事にお客様がチェックアウトなさいました。
お部屋の掃除をするため玄関の前を通りました。
 なっ! 何と!! お客様のお履きになりましたスリッパが、全部揃えてあるではありませんか!!!
通常お帰りになるお客様全員が、スリッパを揃えてお帰りになるなど考えられません。
優雅な雰囲気で非日常の世界にたっぷり漬かり・・・冷めやらない心地よい鼓動・・・
それだけ楽しい時を過ごされた!と言う事です。とてもうれしいです。
お気遣いありがとうございます。  感謝・感激!しています!・・・。
 お客様はイロイロ・・・そのほとんどがいい意味で表現される事は少ないと思います。
こんな粋な事をするお客様、何て素晴らしい!!! それも全員です。ウキウキするではありませんか?

 ☆錦秋の八ヶ岳☆ 紅葉と秋の味覚プラン ・・・秋ものがたり・・・
 秋の味覚プランで安らぎの時空間を楽しまれ、心身共にリフレッシュ! 大人の世界になりました。
 一期一会、こころとこころのふれあいの輪・・・ホテルデュシェルブルーでお待ちしています。



2022.11.17 お客様から頂きました。
    リピーターのお客様から頂きました。東京會舘のショコラです。
何時もいらっしゃるので、とても信頼しています。双方安心感100%でございます。
今回はご1泊ですが、秋の味覚プランNO2メニューで楽しんで頂きました。
小海老のマリネに大感激!(同じ料理をオーナーも試食、超旨かった!)
 それにしてもこちらのショコラ、超高価ですから、お味の分かる人にしか勧められません。
大人になったら、優雅に暮らしたいと誰もが想うところです。
長い~夜はゆっくり過ぎて行きました。次は緑萌える頃、お待ちしています。



2022.11.12 前庭の紅葉、今が旬
   ホテル前庭のドウダンツツジがフェラーリレッド、今が旬!
このところの晴天続きで一挙にレッド、周りの林の黄金色のカラ松やモミジの赤や黄色・・・
色とりどりのパレットに晴天の直射日光に照らされて・・・
目に焼き付くような沢山の木々達の色の群れ・・・
とても綺麗! 紅葉は何時でも同じ自然現象? ではありません! 毎年・毎日・時間と共に変化しています。

 マイカーでチョットドライブしただけで、大自然真っ只中。
この3年間憎いコロナで大変大迷惑!!! プンプン  
 コツコツ・チマチマお庭の手入れを続けて参りました。
豊かな自然を感じる八ヶ岳南麓高原は、最高のロケーション!!!
 このところのお客様の傾向から、ディナーが終了しても・・・
まだ余韻に浸るが如く・・・づ~とお庭を眺めています・・・。
ライトアップされたカラ松林と前庭のグリーン・・・
ただひたすら眺めています。とてもいい雰囲気・・・(みんな~疲れているようです)
 沢山お仕事をして来たご夫妻様へのプレゼントは、癒しの空間と感動的な創作フランス料理。
 こんどの週末は、ホテルデュシェルブルーに決まりですね!



2022.10.25 お客様から頂きました。
   毎年この季節にいらっしゃるお客様から頂きました。
創業明治5年の老舗、「たねや」さんの和菓子です。(高級品です!)
お若い方には分かりにくいかも知れませんが、ご年配の方には大変人気のある和菓子です。
 早速頂きました。~蒸し栗のようにほくほくとした食感をそのままに、栗の素朴な味わいを活かした贅沢なお菓子です。~~
その通り大変美味しい味わい・・・栗フレーバーとかモドキではありません。それに栗だらけ・・・旬の栗の味わい!
高価ですから、自分用にはそう易々とは買えません。
頑固で律儀な和菓子を作り続ける事150年。日本の食文化の高さに感動!
さらにこの様な立派な和菓子をお選び成られるお客様にも感謝!+感動! でございます。

 3日前の土曜日、秋の創作メニュー2種類同時進行になり、厨房は緊張の連続となりました。
何時もの通り仕事の喜び!を感じる一瞬です。ありがとうございました。
そしてチェックアウトでは、今回も沢山のDBお土産のご購入! 優しさ溢れる・・・お気持ち・・・お気遣い痛い様です。
「いい宿は、いいお客様に作られる」
 更なる努力!!! 老兵はカンタンに消え去る訳には行きません! 本当にありがとうございました。
 
マウスをおくと中身が見えます。
超立派な和菓子です。 



2022.10.5 小布施の栗
    毎年恒例ホテルから150km、栗の小布施まで一走り朝から沢山の人が買いに来ています。
どれがいいかな~などと迷っていると・・・ドンドン売れてしまいます。(でもドンドン補充)
必死に選んでいたら・・・納品に来た農家のおばさん曰く、栗は落ちてから収穫するんだよ。置いといても大きくならないょ。
夕方拾いに行く人もいるけど・・・わたしゃ朝だね。しゃがんで拾うから腰が痛いんだょ・・・。 
などと孫に話すが如く・・・周りにいた主婦の奥方さん達はクスクス笑いながら、何も知らない都会から来た兄ちゃん(おっさん?) 
みたいに見えたのでしょうね!  その他リンゴ・梨・洋ナシ・巨峰・イチジクetc etc とにかく沢山買いました。

 その後これまた何時もの通り日本海まで一直線、直江津で地魚の購入でございます。この日の海は穏やかな~~静かな日本海でした。
一日中走り回ってホテルに到着後、即栗を茹でないと味が落ちてしまいます。早速試食、今年の栗はやや大きくて大変美味しい・・・秋の味覚でございます。
この9月10月の2カ月間は秋の味覚プラン
「☆錦秋の八ヶ岳☆ 紅葉と秋の味覚プラン ・・・秋ものがたり・・・」開催中です。
皆 楽しみにしています。今年は一般のメニューは停止してこの創作メニューだけで勝負! ご予約はお早めに・・・お待ちしています。



2022.9.30 お客様から頂きました。
   「前からホテルを注目していました!」 と言うお客様から頂きました。
頂いたお菓子は、昭和天皇御訪米の折に御調製献上の「爾比久良(にいくら)」です。
~卵黄と白餡を程よく調和させた、黄味羽二重時雨餡。中に上質の小豆餡と一粒栗~~
早速、頂きました。とても甘く~~柔らかくネットリした食感と渋皮付きならではの濃密な味わい。
 気品のある銘菓!ありがとうございました。とてもうれしいです。

 お客様と言っても同じ趣味の仲間?ですので、双方共に知らない事はお聞きして詳しく説明・・・とても楽しい空間です。
レストランでは不可能、宿泊を伴うホテルだからこそできる・・・それも小さなホテルならではの至極の一時・・・。
 但し奥様には退屈しない様、時々お声を掛けてご配慮致しました。
ところが奥様は、ご主人様の楽しそうな・・・喜びがご自分の喜び!の様でした。
今の時代に素晴らしい「良妻賢母」の精神を感じました。大変よいいご夫妻様でした。
 次回は、これまた同じ趣味のご子息様と来訪との由。 うれしいですね!
 ふれあいの輪が広がるよう・・・更なる努力!でございます。



2022.9.16 お客様から頂きました。
    またまたお久しぶりでございます。
長くて厳しい夏も終わりましたが・・・イロイロ雑用が多くて・・・皆様に近況報告出来ません。
3年ぶりに規制のない夏でしたので、沢山のご予約を熟すため創作料理2種類を止め=1泊の期間を設けました。
更にコロナ対策のお部屋の清掃・消毒にかなりの時間が掛かる事もあり、1室売り止めにして万全の準備を致しました。
 ところが・・・何と現実は・・・ 濃厚接触者のグループに入り移動禁止・・・・結果キャンセルの嵐!でございます。
またしても憎いコロナ、参りました!!! コロナ陽性者は一人ですが、濃厚接触者は数十人規模になります。
 何年やっても楽になりません。その様な中、昨日ご宿泊のお客様から頂きました。
横浜のお菓子、早速頂きました。甘い~白あんが渇いた体に染み通る・・・美味しかった!!! ありがとうございました。とてもうれしいです。
 近年 インターネット予約が多くどちらかと言うと自動販売機路線です。予約はWEBでもいいですけど・・・
精神まで・・・ドライ? ではいけません! 人間は感情の動物ですから、楽しい時も悲しい時も・・・山も谷もあります。
気迫ある創作料理フランス料理を食して美味しかった時は? ブラボー! トレビアン!の連発!!!でありたいと何時も考えています。
 お客様からの一言がどれくらい勇気づけられ・・・またガンバローと言うプラススパイラル発進の源になるのです。
 何時もの通り 「いい宿は、良いお客様で作られる」  さてさて明日から連休、ベストを尽くす!所存でございます。



2022. 8. 5 ホテル菜園は、三方よし
    今年は猛暑、毎日暑い日が続きますがお元気ですか?
今年もホテル菜園、インゲンが大豊作! ネコの手も借りたい忙しい時に収穫、「今が旬!」の野菜は待ってくれません。
ホテルの予約状況などお構いなし! 特に第1便は早く取らないと後に影響があります。
 東京の親戚に送ったインゲンは、どこでも大盛況・感動の嵐!でございます。時にコロナ禍 真最中ですから、外に出ることを抑えています。
そこに新鮮・美味・無農薬、オーナーの情熱たっぷり野菜が、どっさり届くのですから喜びも一入(ひとしお)。
数キロ送りますのでそれを分配するため、2世帯住宅はもちろん嫁いだお嬢さんまで総動員、ちょったしたうれしい事件?or 小騒動? 満面の笑み 皆ニコニコです。
 「自分よし」、「相手よし」、「世間よし」の「三方よし」とはこの事です。
 趣味で始めた家庭菜園ですが、着々・粛々と腕を上げ数年前購入したエンジン耕運機の大活躍もあり、今年は数十キロの収穫でございます。
八ヶ岳の高原野菜は、朝晩の寒暖の差もあり大変美味、やや細めの上物は料亭に出せる?などと言われると・・・うれしくて一瞬その気になります!(・・・そんな訳ない!)
 近江商人の心得、「三方よし」でございます。
さてさて一杯書いてしまいました。でもこれからは・・・
 「ホテルよし」「お客様よし」「世間よし」の「三方よし」を夢見ています。



2022.7.28 高原にウィルスはいません。
    暫くぶりでございます。お元気ですか?
前回のブログから、雑用ばかりであ~という間に早1か月。
小食堂から見た前庭の芝生、この数十年で一番きれいです。
植物は手入れをすれば確実に応えてくれます。
緑のじゅうたんを見ていると癒されますね!
都会で疲弊したお客様を労り元気になって頂くのが私のホテルです。
 このところ予約が入ってニコニコしていたら・・・
数日経過したらコロナ感染の連絡が多々あります。
憎いコロナ! 一体いつまで続くのか??? 参りますね!
でも高原にウィルスはいません。
 安心・安全のホテルデュシェルブルーでお逢いしましょう!



2022.6.25 高原にクーラーは入らない?








  6月とは思えない・・・毎日暑い日が続きます。お元気ですか?
 この1月から宿題になっていた客室空調取替工事も無事終了致しました。
全交換ですから、長年使用した室内機の汚れやカビの心配は一切無くなりました。
八ヶ岳南麓高原は、さわやかな風が吹いています。同様に館内もさわやかな風が吹いています。
 (涼しい顔?でお話していますがこのコロナ禍の絶不調時代、全館空調取替工事など正気の沙汰ではありません!
 さらに製品〔部品〕がないとかメーカーもイロイロ・・・それに輪をかけて施工業者もさらにさらに超イロイロ・・・
 壁掛タイプは簡単ですが、天井埋込タイプはそうゆう訳には行きません。仕事には「おさまり」というものがあります。
 伸るか反るかの大勝負でございます。どん底・崖っぷち状態での工事は、これまでの人生でもそう何度もありません。
  オーナーに熱いエールを送る! お客様の信頼を裏切る訳には行きません。
 仕事を続けるのなら、設備投資の連続! 業を成すとは、そうゆうものと考えています。)


 さてさてこの時期なると毎度の質問に「高原だからクーラーはいらないでしょ」??? 
毎年必ず・・・よく耳にします。それで毎年ご説明です。
 お答えはNO!です。「より快適な空間には空調(クーラー)が必要です。」
コストを最優先する別荘や永住の方は、必要ないとお考えのようです。
掛かる費用を考えると、夏の2か月くらいの我慢と思います。
では業務店も我慢してくれますか? お答えはまたNO! お客様は、我慢する必要などありません。
業を成すという事は、より快適!を追求をする事です。
オーナーとしても出来れば、冷房など入れたくありません。自然の風! さわやかな高原の風こそ・・・心地よい癒しの一瞬です。
 ご存知のように気温低減率 は、-6.5℃/kmですから1150mの高原は海抜0mと比べると7.5℃低くなります。
東京が35℃の時はここ大泉は27.5℃です。だからクーラーなんていらない! ではありません。
 この温度はあくまで空中の温度ですから地面や屋根の影響があるときはこの限りではありません。
通常客室は南に面しています。当然すべてのお部屋で風が抜ける訳ではありません。さらに直射日光が容赦なく降り注ぎます。
・・・結論から言って2階のお部屋は屋根の熱も伝わり容易に30℃以上になります。
 
 温度管理のしっかりしたダイニングでの創作フランス料理は、快適でさわやかな空間です。
「晴れの日」のディナーには、ちょっとお洒落をして装うのも楽しいものです。
梅雨時は空調の設定を、ドライ運転で湿度を少なくしています。
しかし空調(冷房・暖房)の温度設定は、冷房のほうが人それぞれお好みの温度が異なり難しいです。
もう一言ついでに特急列車や新幹線や飛行機では、自分の温度にはなりません。
そこで夏は特に軽い上着やサマーセーター等、お持ちになられる事をお勧めします。
大人になったら紳士的で粋に装うのも楽しいものです。
 八ヶ岳の小さなパリ・ホテルデュシェルブルーは、何時でもさわやかな風が吹いています。
 ちょっとリッチな大人の休日をお楽しみ下さい。



 2022.6.16 入笠山トレッキング
       
   梅雨の中休み、甲信地方は晴の予想。
ホテルから入笠山山麓の駐車場まで35km/1+00ですから鼻歌気分、運動不足解消のため入笠山トレッキング。
入笠湿原では、約100万本の日本すずらんの群生、「すずらん祭り♪」開催中~
 この時期は初めてです。行かない理由は、超混むからです。
人の居る所はパス、しかし小学生の隊列には閉口(騒々しい+マナーの悪さ+引率リーダー無神経)。
・・・これからの日本はどうなるのでしょうか?
しかしながら現在の日本でその様なナイーブな正論は通りにくいです。ここでも「しぶとく」生きなければなりません! 

 スズランとても綺麗! この小さなお花を見るだけでも来てよかった!・・・
ホテルではとっくに終了したレンゲツツジ、これから開花。
それからクリンソウの群生、小さな花同志が肩を寄せ合って頑張っているようです。
てなわけで速足・駆け足のトレッキングでございました。
 ホテルに帰りまして沢山お仕事をした大人の空間=ホテルデュシェルブルー
何て素晴らしい空間! 改めて感じた次第でございます。  



 2022.5.28 晴耕雨読?
      皆様こんにちは!
本日は快晴、素晴らしいお天気です。
緑眩しく・・・鮮やか・・・豊かな自然、素晴らしいロケーション。
今年のホテル菜園は、インゲン・トマトetc4種類に集中しました。
八ヶ岳の酸性土壌とイロイロ理由ありますが、これで勝負!でございます。
こちらの写真は、キュウリです。(丈夫で立派な接木苗です。)
 都会生まれの都会育ちの夫婦でありますが、せっせせっせと畑仕事。
収穫は2カ月後、八ヶ岳の寒冷地栽培の甘く凛とした野菜が楽しみですね!
 
 週間天気予報を見ながら、晴れの日は畑仕事・雨の日は読書ではなくPC。
晴耕雨読の生活の実践。翌日は筋肉痛・・・お財布はカラでも心は錦!
時に(しばしば? たびたび?)考えます。都会で豊かな安定した生活もいいですね。
・・・でも悠々自適には程遠いながら、私は豊かな自然の八ヶ岳が性に合っています。
 それでは、緑眩しいホテルデュシェルブルーでお待ちしております。



 2022.5.14 新緑のホテルデュシェルブルー
     連休後から雨続きですが、時々素晴らしい! お天気の日があります。 
今年の新緑は、ここ数年で一番綺麗です。
東側エントランスのツツジのお色もいいですが、南側の客室からのカラ松林のビュー 最高!
この時期のカラ松林は初々しく若草色の新芽のデビュー、とても綺麗です。
 ホテルオーナーは永住ですから、朝起きると食堂から緑と緑の攻め合戦・・・
お客様曰く、Windowsの壁紙として売れる!との由。1時間でも眺めていたい・・・飽きません!
何時も独り占めですが、時にお客様にも共有したいと思います。
疲弊した大都会での暮らしから、全く別次元の世界。
 このカラ松林は、35年の歳月を掛け間引いた木は100本以上。
グリーンメンテナンス業者ではなくオーナーの熱い情熱と気迫が、森の精に伝わり・・・
木々たちも協力してくれるようになりました。時々リスやキジも挨拶してくれます。
 この連休に泊られたご夫妻様の共通の趣味は野鳥観察。
お部屋で森林浴していたら・・・僅か1時間に小鳥が何と10種類以上ご挨拶。
高原にはウィルスは居ません。今度の週末は、安心・安全のホテルデュシェルブルーで大人の休日ですね!



 2022.4.25 しだれ桃満開
      前庭のしだれ桃満開&目に眩しい新緑のモミジ
このところの暖かさで早くも満開になりました。
例年ですと連休のお客様に合わせて咲いてくれるのですが・・・
 ディナーのエンディング、キャンドルと共に照明がす~と暗くなり・・・
同時に庭のライトアップ、するとこちらの木々達の出番・・・
前庭のしだれ桃、清楚で可憐、純白な花びらに誰しも感動!!!

 ここ数日、連休前の準備で庭の草刈り・芝生で仕切った駐車場のペイント・花植etc、少々筋肉痛広い庭も考モノですね!
でも都会で疲弊しているお客様の事を想うと凛としなくてはなりません。
一向に衰えないウィルス、失敗しないホテル選びの要は鉄の守りの衛生対策。
私はこれまで「目に見えない微生物と目に見える異物との戦い!」(詳細は信頼の証)をして参りました。
安らぎと安心・・・体の芯から感じる食する喜び! 
 「ホテルデュシェルブルー」=高原にはウィルスは居ません。



 2022.4.16 今年の初どり山ウド
    暖かくなってきました。
本日は昨日までの雨も上がり晴天 、少々風は強いですがキリ!とした八ヶ岳。
庭の木々達もそろそろ、目が覚めた様子。
春の訪れをお知らせする、黄色い花も芽吹いて参りました。
 ふと 食堂前の芝生の土手に見事な山ウド、今年の初どりです。
私のホテルの山ウドは、お味が濃厚で最高!でございます。
 やはりが一番天ぷらが美味しい~~~
自分の庭(ホテル)に山菜が豊富! 何と幸せな事でしょうか! 
感染者が一向に減らない昨今ですから・・・リゾートはどん底! 絶不調です。
お客様のいない広い館内にオーナー夫妻の二人のみ、大都会で暮らしている皆様に申し訳ないくらい。
・・・お財布はカラでも心は錦。でもそろそろ心も体も満タンにしたいですね!



 2022.4.6 諏訪湖トレッキング
     本日は毎年恒例の諏訪湖1周16kmトレッキング。
2日続いて晴天、もう家(ホテル)にはいられません。ホテルから諏訪湖まで44km /46分ですから庭のようです。
遊歩道沿いは桜並木、ゆっく(時速5km?)で歩いて4時間の桜トレッキングです。
 平日でも人の多い観光地、時期(学校が始まるので学生が少ない)を選ばなければなりません。現在の日本では良い環境エリアでリハビリをしている年配女性の脇を、暴走族顔負けの自転車・陸上部選手の疾走・道を塞ぐグループetc etc 反社会的な人達がどこにでもいます。一人一人は些細な他人事のようですが、弱者に対する配慮と仮に接触した際の事の重大さを理解していません。
 その対策として「楽しい1日」を過ごすために、前だけでなく後方警戒も必要です。それらに十分注意すれば、ここ諏訪湖1周は、大変良い環境です。今年の湖畔は桜の開花が遅く、満開の桜はほんの数か所でした。・・・楽そうにレポートしていますが、久しぶりのロードなので、釜口水門までは楽々でしたが・・・先週の身延山の筋肉痛がやっと癒えたかな? も手伝い、後半は少々足に堪えました。カモシカの足も、正直なものです。それでもほとんど人の居ないフィールドを闊歩! 春の訪れと凛とした風! 背中をやさしく押すかのような朝日 遥かなる山々・・・穂高から槍まで視認。それらの中、元気でいられる喜びを感じます。さてさて来週は何処へ・・・



 2022.4.3 身延山久遠寺の桜・・・覚りの悦び!
   身延山久遠寺は、日蓮宗の総本山。同時に地面まで垂れ下がるシダレザクラの名所。
暖かくなつて参りました。3日間寒くて4日間暖かい、今日この頃です。
コロナ禍ですから家(ホテル)でカメさんもいいけど、時にウサギさんのように外の景色を見るのも大切!
中部横断道も全線開通、ホテルから身延山まで約1時間。

 三門から本堂へ久遠寺境内のシダレザクラは、それはそれは見事な樹齢約400年の巨木。
長かった冬から・・・それぞれ1輪の花。生命の息吹(いぶき)を感じます。
 でもそれには菩提梯(菩提=覚り、梯=かけはし)、高さ104m/全287段の石段がございます。
ご年配のご夫婦さんから、「きつそうだけど・・・どうですか? 」 私も高齢者の分類?ですが、何故か近年どこに行ってもそのような質問を受けます。私の答えは「きついですけど、休み休み行けば大丈夫!」「ここを登ければ、ご利益ありますよ。」 ついホテルオーナーが浸み込んだアドバイスが出てしまいます。・・・キツイ石段を登り切れば涅槃(安らぎの境地)の本堂、それこそ「覚りの悦び!」でございます。
 そのようなこの様な・・・お参り後、身延山(低山ほどキツイ、標高1153m)今季初登頂。 春のいい1日でした。
 



 2022.3.27 暖かくなって来ました。
   昨日の雨も上がり、朝から快晴。 暖かくなって来ました。
数十年ぶりの寒かった冬も、3月になってからハッキリ分かるくらい暖かくなって来ました。

 皆様お変わりありませんか? またまた久しぶりのブログになりました。
「オーナーこそ何しているの?」 ・・・「え~と・・・まだここでは、言えません!」
趣味の分野? ではありません。オフからず~と毎日~~無茶苦茶な仕事量です。
 一つだけ言うならば、「ホテルの衛生基準」を更に更に最強レベルにする事です。
一向に衰えない憎いコロナに対抗するため、清潔で安心な居住空間の更なる構築。
長引くコロナ禍・地震・戦争・・・いい話はありません。
そのような中、安らぎと安心・・・体の芯から感じる食する喜び!は、生きる喜び!の序曲。 
 「ホテルデュシェルブルー」=高原にはウィルスは居ません。
広い館内に1日1組の滞在が、圧倒的に多くなりました。
そこには職人気質のオーナー夫妻、そして豊かな自然のふれあい・・・
技量イマイチ脱サラ精神や気合のない消化試合などあり得ません。
何時でも新鮮・全開の心地よさは、信頼されるお客様へのお礼でございます。
新型厨房も設計製作から早30年現在でも最先端でありますが、しかし常に上を目指し衛生基準修正マニュアル多数。
また昨今流行りの標準装備「空気清浄機&加湿器」も然り、こちらも衛生基準が理にかなったメンテナンスマニュアルの数々。
 現在の社会を見ていると、一見出来ているように見えておりますが・・・実はそうでもない??? 
年齢から来るのか? 性格から来るのか? 両方でしょうか?
私のホテルは、何時でも新鮮&基本に忠実。
「オンファイナル」
何時ものように淡々・粛々と実行したいと考えております。
 
 


 2022.2.27 光の2月から温度の3月へ
    春の明るい日差しは、眩しく心地よい刺激。
長く寒かった冬もそろそろ先が見えて来ました。
確実に暖かさを感じる、温度を体で感じる春の訪れ・・・

 皆様、いかがお過ごしですか?
「エッ! オーナーこそ何しているの?」 「ブログ見ても何処にも行っていないみたい・・・」
聞かれたからお答えするのですが、この2か月間ず~とある事を考えています。
詳しい内容はまだ言えませんけど・・・「お客様にとりましてより快適な空間とは?」  真剣に検討しています。
 「コロナ禍の中、自分の頭の蠅を追う方が先でしょ!」 その通りなのですが・・・
「業を成すとは、何時までも理想を追い続け完璧でありたい!」 それが私の信条。それは社長とサラリーマンとの違いでもあります。
「有事真っ只中でありますが、無から有を生み出す」の心境でございます。
 意味不明・支離滅裂の内容ですが、本日はここまで! 




 2022.2.10 現在降雪中・・・ 
   音もなく降り注いでいます。現在降雪中、明日は大雪間違いありません。
驚くことではありません。月に3回程度の雪は当然です。
 八ヶ岳南麓の冬は、北の風が吹いてほとんど晴天続き、太平洋側の感覚です。
時々、今回の様に太平洋側に低気圧が通過すると、標高1100mの高原では雪になります。。
明日は水分の多い重くて手のかかる除雪作業! でございます。
 もちろん業務店の嗜み(たしなみ)としてお客様が宿泊されていなくても、何時でもウエルカム状態でなければなりません。
「お客様が居なければ、別荘ライフ」←公私混同のいい生活ですね~~ではありません。
 しかしエンジン除雪機でも湿った雪は、オーガ(集雪)やブロア(投雪)に纏わりついて能力が発揮できません。
それにその昔食堂増築の際窓の両側合計4本の柱を撤去していますから、湿っぽい雪が予想される時は2連はしごで屋根の雪を落とさねばなりません。当然補強していますが、現場施工で業者の技量もイロイロ。100%鵜呑みする訳にはいきません。従いまして屋根の雪下ろし2K(危険・キツイ)です。雇われオーナーなら絶対やらないでしょう! 私はホテルの創業者=オーナーですから、当然実行あるのみ! それで今日まで参りました。

 さてさて こんな特攻隊の新選組 いやいや浪花節路線、「老兵は死なず、ただ消え去るのみ」
・・・オーナーの春はまだまだ先のようです。
私の春は、心の通うお客様との一期一会。春爛漫のホテルデュシェルブルーでお待ちしています。



 2022.1.24 朝起きたら雪景色
   
 毎日寒い日が続きますが、いかがお過ごしですか?
今年はここ数十年で一番寒い、冬らしい冬です。地球温暖化? など何処かの星のお話のようです。
ご承知の事と思いますが地球の歴史を1年で表すと、人類の歴史わずか1秒!でございます。
地球の歴史からしたら人類の計測記録などわずか一瞬ですから、我々は「小さな土管」から世界を見ているに過ぎません。
毎日~~ウィルスの話ばかり・・・この2年間同じような事の繰り返し・・・健康な人でもトーンが下がることでしょう・・・。

 高原にウィルスは居ません!
北の窓から八ヶ岳・赤岳と阿弥陀岳 南は霊峰富士と甲斐駒ヶ岳 東には金峰山と瑞牆山。
お客様のいない広い館内にオーナー夫妻の二人のみ、大都会で暮らしている皆様に申し訳ないくらい。
・・・お財布はカラでも心は錦。
 旅行は、安心・安全が大前提。 ウィルス対策は、手洗・うがい・換気です。
暖かくなればウィルスも収束、もうしばらく頑張りましょう!
卓越した換気システムと徹底したウィルス対策、ホテルデュシェルブルーでお逢いしましょう。
  



 2022. 1.9 初詣と願い事 
     初詣は諏訪大社、通常は上社本宮ですが3密が予想されるので敬遠。
寒波で底冷の諏訪、沢山着込んで下社春宮から中山道を歩いて秋宮までの歴史探訪。
ここ諏訪大社は、全国25000社の総本社で諏訪湖周辺に二社四宮。十分見ごたえがあります。
 厳格な職人である父の影響で、神社やお寺には幼い頃からお馴染みです。
年末年始の仕事明けは、何が何でも初詣。そして行くコースも毎年これこれを熟さないと納得できません。そういうものです。・・・でもだんだん・時々父親に似てきたかな? ふっと考えます。イエイエ 頑固一徹の父親に、私などまだまだ・とてもとても足元にも及びません!!!
 百年いや一億年早い・・・お正月の寝言でした。

 そして「万治の石仏」、芸術は爆発だ!「太陽の塔」作者、岡本太郎画伯も絶賛。
・・・その通り何かユーモアがあり思わずニンマリします。それで毎年お参りしています。
何時もの通り時計回りに三周、正面に戻り「よろずおさまました」と唱えてから一礼。
 今年のお願いは是非ともお聞き頂かないと・・・「えっ!何をお願いしたの?」
「野暮な事聞くものではありません。絶不調の真っ只中、決まっているでしょ!」 
・・・世界平和にウィルス終息、無病息災・家内(愛妻)安全・夫婦円満・商売繁盛etc etc
チョット多すぎるみたい?ですね! 本音全開・青年の主張ブログ!今年もよろしくお願い致します。 



2022.1.3  新年おめでとうございます。
 
 
  新年おめでとうございます。
雄大な八ヶ岳にホテルをオープン、昨年40周年を迎えました。複数のお客様からお祝いのお言葉を頂き、うれしい限りです。営業許可は最長の7年で更新、食品衛生監視票も努力の甲斐があり、山梨県で初めて100点満点の栄誉を頂きました。感染症予防対策は更に厳しく、理論と実践の専門分野。何時でも最先端。八ヶ岳でお逢いできる日を楽しみにしています。