八ヶ岳南麓 ホテルデュシェルブルー   
ホテルからのView
料理 客室 ご料金 アクセス 宿泊プラン
オーナーからの
メッセージ
安全な食のために
信頼の証
掲示板 栄養研究室 特定保健指導
ご予約


オーナーからのメッセージ

ホテルデュシェルブルー

 八ヶ岳南麓 ホテルデュシェルブルーは森と水と空気のすばらしいところです。
前庭からは八ヶ岳、カラ松林越しに富士山と南アルプスの北岳、東側には奥秩父の金峰山、瑞牆山・・・いつでも四季折々の景色を楽しませてくれます。さわやかな高原はいつでも心地よい空間です。洗練された館内はシンプル&リッチで大人のおもてなし。初めてのご利用でもどことなく漂う居心地の良さをお感じになられる事でしょう。旅の一番の楽しさのお食事は、本格派フランス料理フルコース。最高の食材を使い毎日基本に忠実に調理する事により、素材の良さを表現しつつ、そのさわやかな「こくと旨み」は、食する喜びを素直にお感じになられる事と思います。
 また、健康志向のお客様やメタボリックシンドローム等で食事管理が必要なお客様には、低エネルギーフランス料理 (低カロリーフランス料理。正しい名称はエネルギーです。) をフルコースで特別調理いたします。

‘快適と安らぎ’を何よりも大切にした高原の小さなホテル デュシェルブルーです。
 どんな休日をお楽しみになられますか・・・ あなただけの時間がゆっくり流れていきます。
 お逢いできる日を楽しみにしています。 

オーナー 大木由行 

 よくある質問にお答えして

1 ホテルデュシェルブルーの特徴は? 
2 4室のホテルと言う事でペンションとどう違うのですか?
3 他のホテルとの違いは?
4
特別食について(低エネルギー、低たんぱく食、etc)

過去のオーナーからのメッセージ
2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008
 

2020. 9.14 お客様から頂きました。
   初めてご宿泊されるお客様から頂きました。
とても~とても~~うれしいです。ありがとうごいました。
鎌倉の老舗のお菓子。”小鳩豆楽とは、可愛らしいふっくらした小鳩の型を「豆粉」の風味で「らくがん」に仕立てました。お口の中にふわっと風味が広がります。”
記載の通り、さわやかな甘さ・・・それでいて上品な味わいを感じます。

 Go Toトラベルがどん底の宿を救済する目的から、新しい生活様式に基づく旅のあり方に重点を置く方向になりました。ご本人確認や検温そしてチェックリスト等、時に病院や空港検疫のような物々しい雰囲気です。
 サービス業のホテルでこれを忠実に実行するのは相当な気構えが必要。私のホテルデュシェルブルーから絶対に患者を出さない!・・・それらが段々浸透して参りました。結果このところ夏の延長線上のように、ぱらりぱらり予約が入ります。そのような時、乾いた体にお客様の優しい頂き物思わずホロリとして来ます。ご配慮とてもうれしいです。
 滞在中も楽しくご奉仕でき、大変満足しています。またお逢いできる日を楽しみにしています。




2020. 8.16 お客様から頂きました。
    リピーターのお客様から頂きました。
ここ数年、年に2回それも少々遠い関西からです。とってもうれしいです。
頭が下がります。ご夫妻様とも登山が趣味、最終日の打上はホテルデュシェルブルー。
この5月は憎らしいウィルスのせいで旅行中止、しばらくぶりの感じです。
 フルタイムでご勤務の奥様曰く「ここが一番癒される!」との由。うれしいお言葉。
そしてさらに「憩いの場がホテルデュシェルブルー、そのためにお仕事している!」 益々うれしいではありませんか! オーナーも同様に「爽やかなご夫妻様にご奉仕、それは仕事の喜び!」 そう答えました。
 「お客様と宿の関係」、正に理想的。まるで絵に描いたような世界でございます。
さてさてお伽話の様ですが、ホテルデュシェルブルーでは日常の事でございます。
 あづきのお菓子、早速頂きました。爽やかな甘さ・・・ややこしいウィルス騒ぎで疲弊した乾いた体に染み通るようです。とても美味しいです。お気遣いありがとうございました。
ウィルスにより会話のない世界、益々空洞・無人化一直線、時々ゼンマイを巻き上げなくてはなりません。
 そろそろディナータイムです。本日もベストを尽くす所存でございます。




2020. 8. 1 安心安全のホテルデュシェルブルーでお待ちしています。
    皆様こんにちわ! 如何お過ごしでしょうか?
やっと本日、甲信越梅雨明けになりました。長かったですね! 毎日雨ばかり・・・草刈り等野外作業できず参りました。それから「コロナ対策」・「やまなしグリーン・ゾーン構想」・「Go Toトラベル」etc etc 書類・マニュアル・申請書・現場取付、更に食器洗浄機入替も加算。無限大・多方面同時進行。開業以来40年にしてまだまだ楽にはなりません。どうゆうことでしょうか?
 写真は朝食の一コマ。ご夫婦でも横並びで1m, and 他のテーブル間2m。
この様な厳しい基準では相当広いダイニングでなければ収まりません。またアルコール消毒可能な特殊加工のテーブルクロス(高!)財がいくらあっても足りません。全く迷惑なウィルス←負ける訳には行きません。
「体も頭も財も」使って使って使いぬかねばなりません。 何時ものことながら「全てはお客様のために!」
 安心安全のホテルデュシェルブルーでお待ちしています。



2020. 6.22 「やまなしグリーン・ゾーン構想」、準備着々
    お久しぶりでございます。お元気でいらっしぃいますか?
 オーナーも同様、元気ですが・・・正直なところ心身ともに昨年よりキツイです。
山梨県知事のウィルス対策「やまなしグリーン・ゾーン構想」マイホテルを所有していない方には理解しにくい内容ですが、マニュアル作成・現場での合理性真剣に考えると相当な仕事量があります。
 当然ですが、「頂点を目指す!」それは内外の評価に耐えるものと考えています。
やったふりして?後から着いていく事も可能ですが、その様な事はお客様の信頼を損ねることです。
 それは「体と頭と財」の追及、乾いたタオルを更に絞ることでございます。とにかく現在考えられる最高のことを実行。それに加えて、梅雨の晴れ間に広い庭のメンテナンス、芝刈り・ドウダンツツジ剪定・花植・ホテル農園 etc ・・・。実際この2日間フルタイム作業、右手が腱鞘炎ぎみ完全にオーバーワークです。楽なことは何一つありません。
 しかしながら綺麗になったグリーンを見ていると、たまらない達成感を感じます。
「都会でじ~と春を待つ」心境のお客様に十分癒しの空間を提供できる! と確信しています。
 新しい様式の「安全・安らぎのホテルデュシェルブルー」でお待ちしています。



2020. 5.31 営業再開と新型コロナウィルス感染防止対策
   八ヶ岳南麓ホテルデュシェルブルーは、新型コロナウィルスに対する新しい生活様式に合わせ、お客様をお迎えする対策をし、営業を再開致します。今までも、小規模ホテルは休業施設から除外されていましたが、国・県・市からの要請に沿う意味で休館しておりました。
 パブリックトイレ手洗い器の自動水栓工事・フロント飛沫感染予防アクリル板新設・客室内24時間換気設備等、複数の項目にて準備は完了。更にお客様をお迎えするマニュアルは、感染症予防を強く意識したものに大幅変更致しました。工事終了・試運転・調整・総合判定、準備OK。5月25日営業再開致しました。。現在、山梨県は緊急事態宣言の実施区域から解除されましたが、山梨県知事・北杜市長は県外からのお客様の受け入れを自粛して頂きたいとの要請は継続しています。社会はまだまだ規制と解除に対して中途半端な状態ではありますが、その中での営業再開をご理解頂ければ幸いです。
 お客様におかれましてはこれまでと同様、ご自身の安全にご配慮され十分にお気をつけてお出かけください。
 八ヶ岳南麓ホテルデュシェルブルーでお逢い出来る日を楽しみにしています。
   新型コロナウィルス感染防止対策

 お客様の安全で楽しいご旅行を達成するため、当館の感染防止基本姿勢を公開しました。
ご理解頂き同じお考えのお客様のご予約、心よりお待ち致しております。
 しかし増々多様化するお客様の価値観から、「ここまで必要ない」または「これでも不足!」等十分考えられます。お客様個々・固有のお考え、全てに対応するのは困難です。
 当ホテルの精一杯の対応とご意見が異なる時は、悩むことなくご自分のお考えに適合する施設をお選びください。IT時代になり価値観の相違に対し強烈な拒絶反応を示し、より攻撃的になる現実を実感しています。
 高原の小さなホテルでここまでの水準の感染予防対策実行には、経費も労力も一般の方の想像を遥かに超えています。 ・・・お逢いできる日を楽しみにしています。



2020.5.1 
臨時休館のお知らせ
    八ヶ岳南麓 ホテルデュシェルブルーは、現在休館しています。
日本政府の「緊急事態宣言」及び山梨県知事の「今はまだ、山梨にこないで宣言」により全館休館しています。緑豊かな爽やかな高原で創作フランス料理を楽しみにしているお客様に対し、お受けしたくてもお受けできない悔しさでいっぱいです。通常ならば多くのお客様に来て頂きたいのは当然ですが、「感染拡大防止」また地域の皆さんとのトラブルを避けるための苦渋の決断です。正しいご理解とご協力重ねてお願い申し上げます。
 終息まで今一つお時間が必要の様ですが、皆様と一緒に努力したいと思います。
尚営業再開日は、こちらのHPでお知らせ致します。

 八ヶ岳南麓ホテルデュシェルブルーでお逢い出来る日を楽しみにしています。







2020. 4.24 パブリックトイレ、衛生的な自動水栓
   長引くコロナウィルス・・・八ヶ岳に移住する前の東京にいたら、さぞや厳しい生活と想像しても怖くなります。ここ八ヶ岳南麓は爽やかな高原、人口密度が低く人との接触はとても少なく数日間誰にも合わない事も極普通。季節の変化はインターネットやテレビではなく外の景色が教えてくれます。その様な自然と共存した生活は、体と心に取りまして最高の環境。でも日本政府の流れ(ブレを感じています!)を尊重、ホテルから距離のあるトレッキングは原則中止。でも家(ホテル)でパソコンばかりでは体によくありません。
 
 そこで前々から気になっておりましたパブリックトイレの手洗い器を、自動水栓に致しました。
従来のツーハンドルから無接触でお湯で洗う衛生的で快適な自動水栓でございます。何時もの通りオーナーの設計製作。写真には表現されていませんが、カウンター下に混合水栓も設置(これで標準施工から外れ基本設計やり直し、カウンター下配管大混乱)。しかしお湯が出なければキレイに掃除出来ません。
 お客様のいない超非常時、不安定でこの先全く読めません。その様な時理想を求めて設備投資、半端な精神ではありません。収入がない時は、じっ~とカメさんのようにしているのが常道。ですがその様な明治政府路線では今回の人類初の大惨事!を打ち負かす事などあり得ません。攻めなくて勝てる筈がありません。
 無接触ですからウィルスが移る事などありません。先ずは一安心! この様な事の繰返しが、お客様の安心・信頼に繋がると確信しています。いずれ不特定多数のお客様がご利用になる業務店では、自動水栓が義務になると予想しています。 何時でも爽やかな風!・・・ホテルデュシェルブルーでお逢いしましょう!





2020. 3.25 マイトレッキンググラウンド入笠山←今季初登頂!
   無風快晴が予想された本日、計画通りマイトレッキンググラウンド入笠山。積雪が少ない事は知っていましたが・・・昨日降った雪の下がアイスバーン。もう何十回も登っている山ですが、ツルツル滑って楽ではありません。ツベコベ・ブツブツ、何でこんなところに来た?などと人に言えない事をつぶやきながら・・・でも標高1955mの山頂は超素晴らしいビュ~ 最高です。
 八ヶ岳・北アルプス・中央アルプス・南アルプス・富士山・奥秩父etc これを見るだけでも今日来た甲斐がありました。
 山頂では愛妻弁当。保温弁当で温かい・旨い・超衛生的、三拍子揃っています。いくらウイルス騒ぎで予約がない! としても現役ホテルオーナー夫妻は、ウィルスに感染したり健康保菌者にはならない様ベストを尽くさねばなりません。お客様の熱い信頼を裏切ってはいけません。「役者にもプライベートがある!」などと言われていますが、私は業を成すのであれば不衛生な事など出来ません。 好きな物を食したい! 自由になりたいのなら、仕事を卒業してからと考えています。 
 山にウィルスなし! 何時でも新鮮!青年の主張でした。
 




2020. 3.20 「君は太平洋をみたか、僕は日本海がみたい」
     
   何時ものように早起きをして海を見に行きました。日本中コロナウィルスの大パニック、家(ホテル)に居ても悪いニュースばかりでトーンダウン。
  本日は、海で「心の除菌」に行きました。但し本物のウィルスに感染したり健康保菌者にはならない様衛生面には細心の注意を払いました。人の居ない太平洋・マイカー移動・外食無し(人を避ける&衛生基準の低い店には行かない)・愛妻弁当(極めて衛生的で栄養バランス満点!)・SA/PAのトイレ(短時間退出)持参したアルコール噴霧徹底 etc etc  折しも中部横断道が中央道~新東名まで80%完成、こちらの道路を実走行・検証する事も目的です。おおよそ2車線ですが新しいトンネルは明るく快適、ドンドン走る事190km伊豆半島西海岸。この時期ここまで来ると人の気配は極めて少なく目の前の太平洋・駿河湾、またしても独り占め。 青い海・白い雲・雪化粧の富士、春の嵐強風の中、何も考えず・・・潮の香りひたすらウォーク・・・心が洗われるとても貴重な時を過ごせました。大変満足しています。ところで中部横断道の太平洋側は、下部温泉早川IC~南部IC間残り13km今年度開通予定。(ガンバレ~) 
 信玄公以来、夢のような太平洋まで後わずか。ワクワクしますね。・・・ウィルスの嵐で3月の予約台帳真っ白! が忘れられる1日でした。



2020. 3.11  春の高原は・・・春眠暁を覚えず~~
     
     
  昨日の雨も上り晴天の八ヶ岳、ホテルから吐竜の滝経由高原大橋の2Hトレッキングに行きました。人口の多い都会ではウィルスに気を付けよう!!! と健康な人まで大パニックですが、標高1100mの八ヶ岳南麓ではそんな心配は無用!ひと際静かで人もいません。途中の北岳・甲斐駒ヶ岳・八ヶ岳そして富士山のビュ~素晴らしい! それに高原大橋の駐車場車ゼロ+道路の車もパラリパラリ、豊かな自然貸切・独り占め状態です。強い春の日差しを体一杯受け心地よい。・・・日だまりで休憩したら・・・春眠暁を覚えず 処処啼鳥を聞く 夜来風雨の声 花落つること知る多少 
 何時でも新鮮! ホテルデュシェルブルーでお待ちしています。




2020. 3. 6 春の海
     
  春の海 ひねもすのたり のたりかな←???
前々から伊良湖水道を船上から見たかった! やっと実現。ところが当日は、ものすごい風。のたりではありません。船上では恐ろしいほど、ひねもす強風でございます。ここ伊良湖水道は、航路の幅が1200mしかありません。深そうに見えますが、手前は水深3m程度。そこに大型船舶が日に100隻以上通過します。時に10万トン超の巨大船も悠々と航行。伊勢湾海上交通センター(伊勢湾マーチス)の情報信号や管制信号も洋上から確認。当日は「N ←」・・・何時間いても飽きません。もちろんウィルス対策は、マイカー使用・高速道路・トイレのみSAPA利用、マスク着用・消毒用アルコール持参、毎回乗車時散布etc(結構しんどい!)八ヶ岳から伊良湖岬まで280km、伊勢湾フェリーに乗り鳥羽から伊勢神宮でお参り。・・・エッ何をお参り? それは当然このウィルス騒ぎが早く終息して、お客様が何時ものように安心してお越しになられる事です。
 以上春の海からのレポートでした。 それでは安らぎの八ヶ岳でお待ちしています。



2020. 3. 1 ユーザー車検
    今回もユーザー車検です。半分は趣味ですが、残りはホテルの固定費削減のためです。
今年は車検の当たり年で3台あります。3台ともなると結構な仕事量。まだ今年は暖冬なので助かりますが、高圧洗浄機で下洗い・リジットジャッキに乗せて各部点検後、シャーシーブラック&ホワイト塗装。LLCやMTオイル交換も寒いと倍時間が掛かります。それから3月の車検場は大混乱、年度末納車・売上のため1年で一番込み合います。半端ではありません。モタモタしていると厳しい激の嵐でございます。工学部出身のオーナーですが、大学で車検整備など教授先生が教える事などありません。全て独学・基本に忠実(自己流や妥協なし)、2年に1回そして時々検査項目変更等、こちらも真剣勝負!でございます。それで結果は? 指摘事項なし=1発合格でございます。
 しかしながら順番待ちしていると、私の車が一番いい状態ではありませんか? 業を成すプロの整備士も時間と費用の壁もあるようですが・・・。どの業界も「仕事の美学」の追及がいまいち・・・
 ホテルデュシェルブルーは、ぶれません。私がオーナーでいる限り・・・
   





2020. 2.20 何時でも新鮮 
     
  無風快晴、久しぶりのスキー。大きな声では言えないけれど・・・ここだけナイショのお話、実はこの数年膝が痛くてスキーに行けません! 
トレッキングは騙し・騙し(心情的に得意ではありませんが???)何とか・・・でもスキーとなるとスピードのコントロールに瞬発力が要求されます。
カーリングスキーでもまだ長い板からターンの際思い切り膝に負担が掛かり・・・ヨタなガラスの膝には責任持てません! 冬の一番の楽しみはスキー、←学生の頃からそう決めていました。(居候先の白馬の旅館の女将さんには大変お世話になりました)リハビリをしながら・・・この数年じ~と様子を伺って・・・今年こそ何が何でも行く! 先週様子を見ながら・・・まあまあ・・・数年のブランクからとてつもなく下手、スキーブーツも新調して・・・先程無事帰って来ました。楽しかった!!! リフトに乗りながら遥か遠くの山々を眺め・・・透き通った青い空に白銀の大地。心が洗われるようです。年齢を考えると我ながらよくやるな~と感じる事もありますが・・・いやいや「何時でも新鮮」エバーニュウでございます。自分に忠実、やりたい事を堂々と実行する。
 以上、青年の主張・実年スキーレポートでした。



2020. 2.15  新しい包丁
   ホテルでよく使う包丁を、十年ぶりに清長鎌型170mmに取替ました。(写真上)。
新しいは包丁は、ホテルの調理責任者である妻の体力に合わせ小型でバランスの良い最新モデル。
約10年使った従来の包丁も同様にドンドン切りまくり、切れ味が鈍ったらオーナーが研ぎます。
 この新型の包丁の特徴は、握りの柄から峰そして切っ先まで流れるような滑らかな仕上がり・・・その素晴らしい出来合いは、イタリヤのスポーツカーのよう・・・まるで工芸品です。この包丁なら創作料理を、更に気迫を込めて表現!・・・良い道具は精神を刺激してくれます。業を成していなければとても購入しない高い商品ですが、良い買い物をしたと考えています。 (写真中)和牛フィレを切るのは牛刀。こちらも二十数年使用している鍛造品で、切れ味抜群。 (写真下)ペティナイフ 以前遊びに来たフランスのグランママが(イタリヤ系だから良く喋る)つべこべ言いながら使っていました。好みもありますが、便利なものです。また包丁の刃と柄の間にある金具をツバといいますが、業務店では衛生面で優れているつば付きを使用します。
 毎日々コロナウイルスの話題爆発・・・オフ真っ直中の八ヶ岳のリゾートですが、旨くて安全な食品を提供する義務のある業務店の精神は開業以来ブレることなどありません。
 小さな事がやがて大きな積重ねと成ります。それではホテルデュシェルブルーでお待ちしています。



2020. 2. 3 グラスの腐食
    時々お客様から「グラスが、とても綺麗ですね!」とうれしいお褒めのお言葉を頂きます。業務店ですから良くて当たり前?ですが、実際のところ・・・意外と大変な事なのです。グラスは経年変化して白く曇ってきます。毎日少しづつですから中々気づきません。何となく白濁しているので、洗剤で洗って更にクレンザーゴシゴシ!尚いけません。キズになるだけです。交換しかありません。この結論に至るまで食器洗浄機のノズル・ポンプの分解・徹底洗浄、次に洗剤PH・濃度・温度・洗浄時間orリンス濃度・時間CK・CK。食器洗浄機に掛けているので食器は完璧?ではありません。定期的にメンテナンスしないと、デタラメ・不衛生な状態になります。実際個人的に他の業務店に行くと、洗剤が残留してリンス不十分やグラスの口紅残留等、嫌な気分が多々あります。私のホテルではしたくありません。そこで今回グラス・ゴブレット全部交換致しました。このオフシーズンにそこそこ大変な出費。トホホ・・・でも心は錦でございます。本日メーカーに直接発注したグラス、洗浄後交換致しました。無色透明、衛生的でお客様もいい気分でしょうね。

 それから今問題のコロナウイルスですが、イロイロな人が接触するバイキングではなく厨房から律義なオーナーサービスの方が数倍衛生的。またアウトバスではなく個別のUBもしかり、更に給湯システムが客室系と厨房系、ボイラーから分離独立配管を数十年前から設計製作。機械にも理論と実践オーナーからの高い衛生基準のプレゼント。設備のお話では少々力んで参ります。(まだ書きたらない感じです!)
 ・・・安心・安全・衛生的なホテルデュシェルブルーからレポート致しました。




2020. 1.23 オフもまた然り・・・
     
  今年は暖冬のようですが、時々雪も降る八ヶ岳。 お元気ですか?
雪の写真は、何れも2Fの角部屋44平米のコーナースイートルームからのビュ~。南側カラマツ林に昨夜からの積雪、とても綺麗!寒さなど受付けない木々たちの凛とした美しさ・・・。それに対比して北側は芝生の前庭と八ヶ岳のビュ~。こちらも明暗のコントラストがハッキリしていてとてもいい雰囲気です。
そして雪の日は、暖炉で温まりVSOPを飲みながら・・・イロイロな事を想います。
 エッ! オーナーどんな事考えているの? それは勿論「これからの日本!」私は何時も日本の事を考えています。この様な国でいいのか? それから自分の事・・・これから如何に生きるか! 等々イロイロ。 訳ありましてこの1月、お正月仕事してから全館・休館致しました。傍から見れば良い身分?でしょがそうではありません。やる事無限でございます。・・・でも時間の合間に3月・4月・6月の「視察の旅」大筋決まりました。山あり海あり車に飛行機そして船etc 何時もの通り地上でできる事は、地上でしなければいい旅には成りません。いずれアップ致します。旅は人生。 オフもまた然り・・・。



2020. 1. 1 謹賀新年 

 
  新年おめでとうございます。
 今年も八ヶ岳に力強い朝日が注がれました。
日々豊かな自然の中基本に忠実、理想のホテルを目指して参りました。
その39年間を振返りましても一点の曇りもありません。
一期一会の精神の基、いい旅の演出。そして素敵な出逢い・・・
青い空に白銀の八ヶ岳! 美しい冬の高原でお待ちしています。
 2020年 1月 1日  
 



2019.12.30 来年もよい年でありますように!
    皆様ご期待の「オーナーの本音ブログ・青年の主張」 今年1年の締めくくりです。
ホテルとオーナーを正しく理解して頂くために本音のブログです。先ずは写真それから文章。工学部出身なので律義で真面目だけでは窒息しそう・・・それでチョットエスプリ。どれも10~20分ではとても書けません。知ってお得そしてユ~モア。・・・お返事など頂けましたら更に更にハッピィーです。

 それから何時もの通り繰り返しになりますが、日本の古くからある習慣には良いものがたくさんあります。
近年そのような事をする家庭が少なくなったと聞きます。「12月の次は1月でしょ!」「オーナーが力まなくてもお正月が来るでしょ!」 唖然としますが・・・そのような精神でいいのでしょうか?
もちろんオーナーは、大正でも昭和一桁生まれでもありません。幼い頃から職人である厳格な父の影響もありますが、メリハリ・けじめがないのはいけません。
 そして何時もの通り「ハレの日」の食事は、ジーパンや半ズボンなどで食するものではありません。
 「エッ! 何で! 服装なんて個人の自由でしょ!」 「ハレの日」の食事って何?
それはお若い皆様には申し上げにくのですが、フランス料理・和食懐石料理・うなぎ屋さん・それからネクタイをしている職人オーナーのお寿司屋さん・てんぷら屋さん etc etc
たくさんありますが、それらのお業務店では皆、真剣勝負しています。
 そのようなお店に行く時は、お客様としても着替えた方が良いと考えています。
ジーパンより魅力的なファションセンスで自己主張なさる方がベターと考えています。
 カラマツ林に桜の寄木ダイニング・キャンドルや粋なピアノBGM・幾つものテーブルクロスに王冠折テーブルナプキン、そしてディナーの際オーナーはタキシードに着替えてお出迎え、非日常・装い新た!「全てはお客様のために!」チェックインは百歩譲って多少チープでもディナーの時にはお着替えになられるという意志表現、言葉によらないコミュニケイションが大切と考えています。
 一般の方にはお気づき難い事ですが、服装から受ける印象は想像以上の効果があります。
一年中どこに行くにもコンビニに行くような精神構造ではなく、時々チョットお洒落をして「装う楽しさ!」もメリハリのある粋な大人の空間です。

 またインターネットの時代は、ご自分の感覚から異なると激しい拒絶反応。
それは年齢に関係なく全く異次元の世界、ホテルと言う仕事を通して近年強く感じます。
それらは人生経験と共にご理解? と思いたいのですがそう簡単とは思えません。
私の話は、基本的に自ら体を通して知った、時々ネットで見た!などと言う不謹慎なものではありません。
 日本は戦後74年で別な国に成りつつあるようです。また国の報道や説明が道理の通らない事柄が余りに多くなりました。・・・ある種の恐ろしさを感じています。さらに個人情報?を理由に宿泊情報の不明瞭が多くなりました。旅館業法により必要事項記入しなければ宿泊できません。全ては正しく理解されていないのですが、極めて重大な問題と・・・私は真剣に考えています。


 ホテル玄関のお飾りは、謹賀新年です。
 「私の福は、お客様です。」
今年一年ありがとうございました。
来年は、笑門来福・千客万来になりますように!
皆様 良いお年をお迎え下さい。



毎年恒例 オーナーからの贈り物・・・・・
 オーナーからの贈り物・・・・・

 ご覧頂けましたでしょうか?

オーナーのいつでも夢見る少年のような・・・

意外な一面をお見せしました。


真面目で几帳面だけでは、自動販売機のよう・・・。

律儀もいいけれど精密機械のようで、窒息しそう・・・。


「からだもこころも休息が必要!」

そんな「大人の宿」をめざしています。
    昨日の早朝・・・今年も来てくれました!
 

   A merry Christmas to you !



2019.12.21 久しぶりの再会
    2年ぶりのオキナワ、昨年はパスしたので少々不安(忘れられたかな~)でしたが~~
PM7の遅いチェックインにも関わらずスタッフがエントランスでお出迎え!
とてもうれしい!!! 感動的な一瞬です。またお逢いできて良かった。
 数か月前から淡々着々と計画を遂行して、八ヶ岳早朝6時気温-6度出発。マイカー・バス・電車・飛行機・レンタカー乗り継いで沖縄のホテルまで12時間も掛かります。大移動でございます。
 滞在中は彼方此方からお声が掛かり・・・マークされています。悪い気分ではありませんが、いい子?でなくてはいけません。←オーナーうるさいからでしょ? とっ!とんでもありません。どんなホテルでもルールはありますし、それに従うのが基本です。ただ私は、持って生まれた感性と今のポジションからイロイロ見えてしまいます。(これでも言わない方です。ジ~とガマンの子です。) ホテルスタッフのお気遣いは、私がこちらのホテルを心底(骨の芯から)、想う気持ちが正しくご理解されている証です。
「いいホテルは、いいお客様に作られる」の結論でございます。
 暖かい南国の島、深夜全開の窓からBGMではない優しい自然の波の音・・・今年もたくさんの旅と出逢い。
このような豊かな気持ちになれるのも、宿泊総括支配人Hさんのご配慮です。ありがとうございました。
 一期一会 ホテルの素晴らしさを感じました。またお逢い出来る日を楽しみにしています。



2019.12.15 あちこちトレッキング
     
  暫くでございますが、日頃の心労甚だしく遂に入院? ではありません。元気で業務に励んでいます。
八ヶ岳では、11月の連休終了後でおおよそシーズンオフになります。この間に建物のメンテナンスや冬の準備、大変な仕事量です。
今回のペンキ塗りですが、東西30mの破風板・ガラリ戸etc、足場ナシ・2連梯子・自己(事故)責任・超危険・3K現場。一体何時まで続くのか? 
オーナーも何時までもエバーニューではありません。しかし固定費節減のためには、自社施工がどうしても必要です。
・・・約2週間連続作業、無事故無違反?で無事に終了。きれいになりました! 
 沢山仕事をした後は、即お出かけモード。 左から半月峠から中禅寺湖、西伊豆御浜岬、富士五湖の西湖です。トレッキング三昧でございます。
晴天に恵まれまたシーズンオフも手伝い最高のビューと存在感、日本は小さな箱庭のような国ですが現地で体感すると想像を遥かに超えています。
 豊かな自然の中自由気ままに行動、心身共に健康である事に感謝しています。 ~明日は何処へ
~~



2019.11.24 お客様から頂きました。・・・勤労感謝のステキな出逢い。
    毎度お馴染みのリピーターのお客様から頂きました。本当に頭が下がります。とてもうれしい~~~です。ありがとうございました。リピーターのお客様はたまらない安心感! 何時もの通り本音全開、今時本音でお話が出来るなど何て幸せなことでしょうか?
 私のお客様は皆様、素晴らしい人ばかり。食材幾らかけても少しも惜しくありません。宿泊のホテルだからこそなされる結果です。
最先端のエンジニアーであるこちらのお客様、お忙しくこのところ過激な勤務昨日は2Hしかお休みしていないとの由。
それでもオーナー夫妻にお逢いしてホテルデュシェルブルーで休養! 益々うれしく感動的!でございます。

 起承転結メリハリの創作フランス料理 ☆錦秋の八ヶ岳☆ 紅葉と秋の味覚プラン・・・
 ウィンドウズの壁紙より綺麗なライトアップ、カラマツの夜景に酔いしれ・・・
 アフターディナー、怪しくゆらゆら燃える暖炉の前で瞑想のひととき・・・
 八ヶ岳の夜はゆっくり、ゆっくり、過ぎていきます・・・。

 極めつけは、お帰りの際ビンテージワインを2本もお買い上げ、そして来年同時期のご予約でございます。
もうこれ以上何も言う事などありません。 律義で信頼を裏切らないオーナーは、生涯忘れられない一瞬。 ありがとうございました。
お客様もご自愛なさりご無理も程々にね! 来年お逢いできる日を楽しみにしています。
 勤労感謝の日、 素晴らしい出逢いに感謝の気持ちでいっぱいです。



2019.11. 7 お客様から頂きました。
    11月の連休にリピーターのお客様より頂きました。何時もお気遣いありがとうございます。とてもうれしいです。
お二組共今年2度目のご訪問です。こちらもとってもとってもうれしいです!ありがとうございました。
 しかしここだけ?のお話ですが、11月は創作料理の全編秋一杯の「錦秋の八ヶ岳 ☆ 紅葉と秋の味覚プラン」開催中。
初日・二日目のリピーターのお客様のために、創作料理二種類同時進行を粛々と確実に準備、決行致しました。
秋の味覚プランの料理総責任者であるシェフのマダムもオーナーも真剣勝負、秋のコンソメからお魚料理・和牛フィレ~~栗のケーキ 季節のフルーツ添~~~一瞬の気の緩みも許されない緊張の連続! オーナー夫妻の努力もさる事ながらお客様のご協力もあり、大変感動的!なディナーになりました。何時もの通り天然車エビや極上和牛フィレ肉は、最高の食材。基本に忠実に調理、彼らは必ず信頼に応えてくれます。その結果お客様の感動の嵐!それは38年の歳月から生まれたホテル道の方程式。微に細に熱っぽいオーナー夫妻ですが、これからも全力で臨む所存です。
 と言う訳で何年経過しても少しも楽になりませんが、ミスもなくここまで成し遂げた! 達成感! 
頂きました高価なお菓子を味わいながら・・・乾き切った体に染み通るような・・・仕事の喜び!爆発!でございます。
「いい宿は、いいお客様に作られる!」 更なる努力を!
 



2019.10.18 やっぱり穂高
     
  片雲の風にさそはれて~~「愛する穂高」に逢いに行きました。
台風19号のため中央線不通・中央高速通行止、山梨県は陸の孤島になってしまいました。結果行楽の秋、秋の味覚たっぷりの錦秋プランetcはキャンセルの嵐! 宿の基本として列車・道路NGの時は、キャンセル料は頂きません。しかし仕入食材等ありますから、Wパンチの大損害。ショック!!でも被災された方達を考えると・・・そうは言えません。家(ホテル)でチマチマ・クヨクヨしていてもいい明日は来てくれません。~漂泊の思ひやまず~~~やはり山に行くことにしました。早朝出発、お昼前には2400m、目の前は穂高連峰の大パノラマ! 時々飛騨側からの冷たい風もありますが、最高のビュ~でございます。大災害の直後で静かな山行になりました。 ~日々旅にして 、旅を栖とす~~来週は何処へ・・・。



2019.10.12 「愛する穂高」と思いきや・・・
    本日は連休ですが、記録的な台風19号のため全館休館でございます。
10月の連休が0など考えられませんが、事実です。
これだけ大型・最強では仮に来て頂きましてもお客様の道中心配です。
現在エリアメール 警戒レベル5 全員避難の北杜市です。
 実は一昨日のトレッキングは、公約?通り「愛する穂高」に逢いに行<予定でしたが、このところ大切な用事が多くて押され気味。トレッキング前日も東京日帰り、中央道大渋滞で50分遅れの大混乱。目的の羽田空港着10時10分前です。八ヶ岳を朝5時に出発、180kmの移動で5時間!!!考えられません。一通り用事を済ませ帰路。ところがまたまた大渋滞。やっとホテルに帰り食事をしビールを飲んたら本日は残り数十分。これではさすがに明日の150km先の奥飛騨日帰り運転+トレッキングはリスクが高く断念!悔しい! でも装備準備OKですから何時ものトレーニング・アルプス展望トレッキングでございます。北アルプスはもちろん目の前の八ヶ岳が時間とともにいい色をしていました。
 時々生まれ故郷の東京に行きますが、慢性的道路の大渋滞、同様に電車も大混雑。人と車が溢れすぎています。これでは人間性が失われるのも当然でしょう。日本の国の責任ある方達は、一極集中のこの現実を理解しているのでしょうか? 迫りくる大災害が来れば? 時々真剣にこの国の近未来を考えています。
 ・・・八ヶ岳山麓は何時でも爽やかな風が吹いています。



2019.10. 2 小布施の栗

   秋の味覚と言えば、その代表の一つは栗です。今年も小布施まで栗を買いに行きました。
このところ雑用だらけで行かれないかな~と思いきや、前日の夜決定!準備・全開・早朝・出発。
 ひたすら上信越道を走り9時前に小布施に着いたものの今年もすごい騒ぎ、ひるむことなく・・・良さそうなものを確保して・・・ドンドン購入。ここ小布施の栗は、「安くて・旨い!」信頼を裏切りません。よくある話ですがせっかく現地に行き買った野菜や海の幸が、近所のスーパーと同等の価格や鮮度だったりしてガッカリする事が多いものです。商売だから利益を上げたい気持ちは分かりますが、わざわざ買いに行ったお客様のお気持ちを考えると・・・もう少し何とかして頂きたいものです。(私のホテルでは、このような事あり得ません!) そして何時もの通り上越まで行き、日本海を見ながら国道8号線をゆっくり走り地のお魚と新鮮な野菜を買って本日は海と陸の幸の宴でございます。乾いたタオルを更に絞る、夏の過激な仕事の疲れが残っている乾き切った体には、何よりのご褒美です。 久しぶりの日帰り450kmツーリング。帰宅してすぐ茹でた小布施の栗は、最高に美味しかった! 今日1日無事に乾杯! 健康の喜び! でございます。
 さてさて今年の「秋の味覚プラン」ワクワク・ドキドキ・・・楽しみですね。



2019. 9.26 北八ヶ岳トレッキング
   本日は快晴、早起きをして麦草峠より北八ヶ岳トレッキング。
毎年何度も行くマイレイク・雨池が渇水。通常ですと写真の看板の辺まで水があります。
北八に行く時は薄暗い樹林帯を歩き時に田んぼ状態のため、ロングスパッツが必要。
今回も着けていきましたが、本日はドライ必要なし。コケ丸君が居心地悪そう!
 1日歩いて登山者とのすれ違いは、3組程度。静かで北八ヶ岳独り占め状態。
十分森を歩いて自然・満喫・最高でございます。ホテルから50km/1時間で森林浴爆発。
 来週は、槍・穂高トレッキングの予定。
無風快晴を期待して、「愛する穂高」に逢いに行きます。








2019. 9.20 イロイロ行きました。その2
    昨日は今週1日だけ晴天が予想される日、入笠山トレッキングに行きました。
通常ですと山は早朝出発が大原則ですが、この日の午前中に銀行へ行かなくてなりません。
エッ夏儲かったから預金するんでしょ! またトンデモナイ下品な事・・・変な想像しないで! 
仕入業者に振込するためです。夏沢山仕入したので金額も半端ではありません。
いい仕事するには、いい業者の協力が不可欠。やせ我慢でもドカンと払わなくてはなりません。
 そんな訳で何時もより3時間遅れの出発です。「足慣らしに硫黄岳」は無理です。
ホテルから37km/車+徒歩合計2時間、入笠湿原で愛妻弁当タイム。快晴で気分も最高。
入笠山ピーク1995mから槍や穂高ビューを期待していましたが、生憎こちらの八ヶ岳だけの展望でした。
でも何時でも山は最高! 山は高さではありません。「自然との対話」 心が洗われるようです。
 さて来週は何処へ





2019. 9.20 イロイロ行きました。
     
 長くきつかった8月も終わり、イロイロ行きました。まずここ数年テーマにしている「お客様目線で宿に泊まる。」
同業の旅館・ホテルに宿泊して料理・客室・女将さんor支配人スタッフ、そして料金etc 宿の現実を知る事が極めて重要です。
「彼(敵)を知り己を知れば百戦殆ふからず」でございます。
 今回は伊豆東側海岸のジオパーク。4000年前大室山の噴火の溶岩が海に流れ収縮して出来た柱状節理。ゴツゴツ・イガイガの岩肌、大きく落ち込み数m下は荒々しい海・超危険、マイナーなので手すりも柵もありません。同様に吊橋もありますが、こちらも城ヶ崎の門脇吊橋より長さも高さも上回っていますが観光客もまばらでとても静か! 何時でも何処でも有名処から少しでも外れたら人気薄! 静かで「自然との対話」、来て良かったと体感。
 それから気になる宿は、マイ露天風呂付ルーム+部屋出し。このところ箱根を始め今注目の高級旅館スタイルです。結論はマイ露天はVery good! 夕方・深夜・早朝何度も利用しました。源泉ちょろちょろで贅沢な感じで、リゾート満開・非日常・豪華爆発でございます。(仲井さんのお話では、敷地内源泉のためかけ流しでも経費は同じとの由)お食事も朝夕共お部屋で久しぶりに優雅でリッチ。若く体育系の仲井さんが一生懸命、印象的でした。
 では良い事尽くめでデュシェルブルーも危うい? ではありません。こちらのフロントスタッフ皆若くて事務的、そのレベル公共の宿のようです。お客様の宿泊費を理解していない。・・・他の同等旅館・ホテルを利用した事がないようです。これは外車ディラーのスタッフ同様、仕事だからしている感じです。
・・・オーナー程とは言わないけれど・・・せめて「旅館が好きだからこの仕事をしている。」と言うレベルまで更なる努力を!望むところです。



2019. 9.15 白駒の池
    先週久しぶりに白駒の池に行きました。
まだまだ過激な夏の労働の影響、体が元の状態ではありません。
本格的な山行は、もう少し後にします。
 麦草峠までホテルから50km、緑豊かな高原をヒルクライム1時間。
何時もの通り峠のちょい先の無料駐車場からうっそうとした林の中をトレッキング。
池を半週して白駒荘のビューポイント、ここでお決まり愛妻弁当タイム。
 早秋の候、心地よい爽やかな風、静寂・・・無事に夏のトップを終えられた喜び! 
標高2115mの池は数十年前まで秘境と言われ・・・昼なお暗き原生林とコケ丸くん
 ・・・光り輝く水面を見ながら数十分・・・何時間でも居たくなります。
何時でも気ままにドライブ、チョット走れば豊かな自然・全開。
 何か思い悩むなら「森を散歩する」とはフランスの姉の言葉です。森は優しく覆い包んでくれます。
 さてさて来週は何処へ行きましょうか?




2019. 8.31 お客様から頂きました。
    チェックインの際、奥様から頂きました。
コーナースイートルームに2泊、初めてのご宿泊でお菓子も頂きまして・・・ありがとうございました。
宿泊の前にオフィシャルサイトのオーナーからのメッセージ=このブログを実によくお読みになられて、オーナーと同世代の同じ周波数のお客様です。初対面でもまるで同級生が遊びにいらした感じです。
 たまらない安心感! 創作料理も必ずご満足頂ける確信・・・何時もの通り仕事の喜び!の序曲です。
いいお客様とのいい出逢いは何時でもワクワク・ソワソワします。滞在中もイロイロ楽しいお話、ワイン・ビール・ウイスキーetc たくさん消費して頂きましてこちらもありがとうございました。

 「エッ!オーナー!一杯飲んで儲かればいい客なの?」などととんでもない・・・下品な質問しないで!
 「いいお客様とは?」 インターネットの時代難しいですね。PCから予約、自動販売機の延長の雰囲気大、近年一般家庭では素材から調理する事が少ないから料理を軽視する方向、またキツイ労働も同様良くて当たり前になります。(当ホテルでは、ソースやドレッシングも毎日創作=確実に仕事量大。ニンジンが嫌いなど温野菜が一つ違っただけでも料理のバランスが狂い大混乱。またお風呂やトイレの掃除、ベットメイクもオーナー夫妻の孤軍奮闘)私は何時も考えるのですが、「魔法のホテル」ではありません。またオーナーは神様でもはありません。老いも若きも全員大満足が理想ですが、現実そのような事出来る筈がありません。
 創作フランス料理は「旬の味わい!の連続」ですから時間指定、当然お子様には向きません。沢山お仕事をした人がワインを傾け癒される空間、これまで元気に仕事をして「食する喜び!」を感じる一瞬、ディナーを通して感動のドラマの演出を考えています。その証拠に今年の夏も、ディナーPM6時スタートに遅れて来る事などありません。またデザート&コーヒーの後(ライトアップ)、直ぐお部屋に行くお客様もおりません。お客様はホテル・料理・オーナー夫妻を正しくご理解している証です。通常のホテル・旅館では考えられないですが、私のホテルの事実です。
 感謝!感謝!感謝!の気持でいっぱいです。ありがとうございました。
1年で一番厳しいシーズン、これで39回熟しました。老兵はまだまだ頑張らなければなりません。


2019. 8.19 お客様から頂きました。その2
    チェックアウトの時、お客様から頂きました。粋な俳句のプレゼントです。
これまでイロイロたくさん頂きましたが、私のホテルに宿泊して作られた俳句は初めてです。
 「初秋の扉をそっとたたきけり」 奥様からです。そしてご主人様から 「落葉松のひかりに甲斐の秋を知る」 
ありがとうございました。オーナーと同世代のお客様です。ワインと料理がお好きで話が弾みます。
頼もしい飲みっぷりにこれまでお元気にお仕事していらしたご褒美、私のホテルで良かったと感じました。
 またご夫妻様でお越し下さい。お待ちしています。

 ところで近年ワインや車に全く興味のない世代のお客様が、時々見受けられます。
オーナーと致しましては、真に・・・アプローチしにくい・・・のですが・・・何にも話さず自動販売機のように、只淡々と料理を出すなど出来ません。ワインと料理は同じ次元。ワインがあるから料理が楽しく、料理にはワインが必要。気取って飲む訳ではなく、押し売りしている訳ではありません!お飲みにならないお客様は「ワインと料理」の素晴らしい世界をいくらご説明してもご理解して頂けません。(体質がアルコールに合わないお客様でもお料理は、十分お楽しみ頂けます。とどのつまり場慣れしていないと言うのが大きな理由です。)
 「自分の世界」も大いに結構ですが、鎖国・拒絶反応はいけません。
 私事ですが、喜びも悲しみもワインとともに! また二十数年所有している愛車もこれまた同様、喜びも悲しみもクルマとともに!でございます。両者無き時には、セミの抜け殻状態間違いありません。生きる喜びのない? 想像しただけで恐ろしい世界~~~です。
 以上素敵なプレゼントから、趣味と生き甲斐について一部ご紹介のお話でした。




2019. 8.18 お客様から頂きました。
   「お世話になります~。」とおっしゃってホテル玄関で頂きました。
 初めての宿泊・・・いくら甲子園のお近くでも・・・それにご自宅から2泊目の私のホテルのために・・・お土産をお持ちになられるお客様のお気持ちを考えると嬉しさ100倍、ありがとうございました。老兵は、まだまだ頑張らなくてはなりません。連日の満室続きで疲労のピーク、先程早速頂きました。丸いボールマークのお菓子が、全身鉛のように重く(体重は減少)宇宙遊泳状態のスカスカの体に優しい甘さが浸透、とてもとても豊かな気分完全燃焼した充実感にどっぷり浸りました。本当にありがとうございました。 
 凛とした奥様に礼儀正しいお子様達(立派な社会人です)、オーナー夫妻計画の通り完璧なディナーサービスができ大変満足致しました。「いい宿は、いいお客様に作られる」 8月の第3土曜日、仕事の楽しさを感じられる1日でした。







2019. 8. 1 高原には空調(クーラー)はいらない?


 毎日毎日異常なほどの長雨、梅雨明けしたらこんどは暑い日が続きます。お元気でしょうか?
八ヶ岳・大泉高原は日差しは強いですが、さわやかな風が吹いています。
さてさてこの時期なると毎度の質問に「高原だから空調(クーラー)はいらないでしょ」??? 
毎年必ず・・・よく耳にします。それで毎年ご説明です。

 お答えはNO!です。「より快適な空間には空調(クーラー)が必要です。」
コストを最優先する別荘や永住の方は、必要ないとお考えのようです。
掛かる費用を考えると、夏の日中それも午後の2か月くらいの我慢と思います。
では業務店も我慢してくれますか? お答えはまたNO!!です。お金を払うお客様の立場になるとそう簡単に許してくれません。
業を成すという事は、より快適! より厳しい追求をする事なのです。
(オーナーとしても出来れば、冷房など入れたくありません。この空調設備全館になると膨大な費用です。さらに使用しない時期も含め「3相200V動力の基本料金」だけでも年間数十万の支出になります。)
 ご存知のように気温低減率 は、-6.5℃/kmですから1150mの高原は海抜0mと比べると7.5℃低くなります。東京が35℃の時はここ大泉は27.5℃です。だからクーラーなんていらない! ではありません。この温度はあくまで空中の温度ですから地面や屋根の影響があるときはこの限りではありません。通常客室は南に面しています。当然すべてのお部屋で風が抜ける訳ではありません。さらに直射日光が容赦なく降り注ぎます。
・・・結論から言って2階のお部屋は屋根の熱も伝わり容易に30℃以上になります。
・・・30℃のルームは快適でしょうか?
 
 温度管理のしっかりしたダイニングでの創作フランス料理は、快適でさわやかな空間です。
晴れの日のディナーには、ちょっとお洒落をして装うのも楽しいものです。
梅雨時は空調の設定を、ドライ運転で湿度を少なくしています。
しかし空調(冷房・暖房)の温度設定は、冷房のほうが人それぞれお好みの温度が異なり難しいです。
もう一言ついでに特急列車や新幹線や飛行機では、自分の温度にはなりません。
そこで夏は特に軽い上着やサマーセーター等、お持ちになられる事をお勧めします。
大人になったら紳士的で粋に装うのも楽しいものです。
 八ヶ岳の小さなパリ・ホテルデュシェルブルーは、何時でもさわやかな風が吹いています。
 ちょっとリッチな大人の休日をお楽しみ下さい。




2019. 7. 9 岩木山
    毎日雨ばかり降っていますが、いかがお過ごしですか? 梅雨の晴れ間に岩木山に行きました。
数万年にも及ぶ火山活動から円錐形の成層火山、津軽富士とも呼ばれ青森県の最高峰。美しい山です。
 昨年に続き今年もチャレンジ、津軽岩木スカイラインを走りながら山麓は晴れているけど山頂が・・・曇り。
スカイライン8合目からさらにリフトに乗り終点噴火口。少し歩いて鳥海山(山頂の三峰の一つ)1502m。 岩木山のピ-クを視認。また山の後ろ側には日本海! 鯵ヶ沢の町や千畳敷の岬が見えます。
 お天気よし 山よし びゅ~よし 最高ですね。 ここから山頂まで30分、登山道がはっきり見えます。・・・ふと「行ってみよう!」 と気持ちが沸きましたが、いけません。今日は山の装備ではありません。次回は一式持参して行く事に致します。(でも山の装備となると重くかさばる靴やザック・・・電車orマイカー、どちらにしてもカンタンには行きません)
 久しぶりにワクワク・ドキドキの旅でした。旅は人生そのものですね。 ではまた!





2019. 6.23 小食堂のピクチャーウィンドウ
    小食堂を作ったのは1991年ですから、今から28年前になります。
食堂北側から前庭と八ヶ岳を見るためボイラー室を撤去、掛かる経費を考えても絶対勝たねばならない真剣勝負です。この日を最終目標して既成の外乱など一切無視して、今日のこのびゅ~を夢見て参りました。
 キチンと刈り込まれた芝生・レンガ・砂利、とっても綺麗! 癒されますね! 正に高原リゾートでございます。(高原を表現するためアプローチは砂利しかありません。雑草や除雪は二の次、お客様が一番) お客様は、この緑のアプローチをゆっくり走り、マイバッハやベントレーも駐車可能な優雅な芝生の境の駐車場に誘導されます。そしてそこはお隣のお車のドアヒットやパンチなどありません。たまらない安心感!お客様を想う粋でリッチな心意気全開、小さなリゾートホテル絶対の存在感を感じます。
 特に今年は緑豊かな庭のお褒めのお言葉の数々・・・正当な評価・・・とてもうれしい~~~です。
 小さなホテルで大きな感動! ホテルデュシェルブルーでお待ちしています。



2019. 6. 2 お客様から頂きました。
    何時もお馴染みのS様ご夫妻様と前回のH様それに新しいゲスト、合計4名様の食事会です。
沢山の頂きもの・・・みんなメジャーで高級品ばかり揃いました。恐縮しながら喜んで頂きます。ありがとうございます。この日のディナーは、数か月前から準備致しました「天然紅鮭のスモーク仕立て」のオードブルブルから始まる創作フランス料理の大晩餐会。合わせるワインはホストのご主人様から全てオーナーおまかせ。悩みに悩んで白ワインは辛口の定番シャブリ、さらに赤ワインは和牛フィレ肉のローストに相性のいい渋みの効いた力強いメドック。絹ごしの味わいの黒毛和種部位極上のフィレ肉に「生わさびとカリカリベーコン」を添え、それぞれ役者が大活躍! 食する喜び! 感動の嵐!と成りました。 仕事の喜びを感じる一瞬です。ありがとうございました。 その後久しぶりに2次会、どうしても一緒にワイン飲みたい!との由。 数年ぶりにオーナー夫婦でご一緒させて頂きました。昼からぶっ通しで準備、空きっ腹の乾いた体にボルドーAOC、来訪の喜びも手伝いあっと言う間に2時間経過。インターネットに時代にはない人間味溢れる、生きる喜びを体中で感じる素晴らしい時間を過ごす事ができました。 リピーターのお客様との心の通うおつき合い本当に楽しい・・・食事だけでなく宿泊可能なホテルで良かったと強く感じています。ところが厨房に戻りましたらメインのお皿から各種グラスまで洗いものの山々・・・パートやアルバイトのいない当館ではこの辺がネック、でもエキスパートの連合軍であるオーナー夫妻はソイルド側・クリーン側に陣取り食器洗浄機を煽りまくりテキパキ・無言で片付け、長い1日を終了致しました。 またお逢いできる日を楽しみにしています。




2019.5.12 連休の後は、上高地トレッキング
    ホテルから上高地・河童橋まで3時間、最高のウェザーの穂高連峰に逢いに行きました。
通常ですと麦草峠経由雨池トレッキングですが、連休疲れが抜け切れず(体重2kg減)夢遊病者状態。これでは危険なので我が愛する穂高に逢いに行きました。数年ぶりの再会です。早朝出発河童橋09:00着、残雪の山々が眩しく美しい! それに連休明けも手伝い、超静か。学生時代の養成合宿と違い明神・徳澤と気ままに散策、徳本峠は7mの積雪とか・・・雪解けの梓川も限りなく透明・・・とにかくここ数十年で一番綺麗な穂高連峰でした。右岸左岸1周して白樺荘の前のビューポイントでティータイム。何時間でも見ていたい! 過激な労働明け、足・腰・精神・・・癒しの空間。
 後ろ髪引かれた状態でホテルに帰り、眼に焼き付いた穂高連峰を想いながらのビールはまた絶妙な味わいでした。これも全ていい連休のお蔭、労働の喜び!でございます。







2019. 5.12 お客様から頂きました。
      左のマケデミアナッツ(工具入り)は、初めてご宿泊のお客様からです。「素焼き・無塩」「殻付きのまま深煎り」「割って食べる」→とてもおいしい~です。後を引く美味さ。・・・お気遣いも加算されとてもうれしいです。ありがとうございました。右のクッキーはリピーターの奥様からのクッキー。こちらも超美味しいです。何時も厳選して頂きものにハズレはありません。それも来るたび年に2回です。近年、年2回ご宿泊は少なくなりました。お気遣いとてもうれしいです。
 今回の10連休、8日間連続満室! 16時間勤務のシンドイ日々、緊張の連続。でもこの様に頑張れるのもお客様の暖かい情熱と強いエール!の存在。 ナッツやビスケット、ほのかな甘さが乾き切った体に浸み込むよう・・・何時もの数倍も美味しく頂きました。感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。また事前のお知らせetcもさることながら皆様のご協力のお蔭で夕食スタートは、コンプリート18時。ただの1度も遅れはありません。最高の創作フランス料理が提供できました。こちらもありがとうございました。
 10分遅れても繊細な料理は、致命的な打撃を受けます。料理人の立場にない方にはご理解難しい事かも知れません。創作料理は自動販売機のようには行きません。何時でも真剣勝負! イロイロ想う事はありますが、無事終了した喜びに浸っています。



2019. 4.26 準備完了!お気を付けていらして下さい。
    前庭のレンギョウ、春を告げる黄色い花。このところの暖かさで一辺に満開。
しだれ桃は1分咲き。南側カラマツ林、新緑の赤ちゃんこちらも1分咲き。
何時も優しくささやいているオーナーに律儀に応えてくれます。
庭のお花や木々たちは、明日からのお客様をお迎えするお役目を知っているようです。

 アプローチ花植・客室清掃(ベット下重点的)・ガラス窓(含レール)・UB徹底清掃(日を改め2度、点検口の中まで)・お楽しみのアメニティグッズ袋詰め・厨房施設/徹底清掃・洗浄・各種グラス/ゴブレット全部洗浄・ツインコンベクション/製氷機動作チェックOK・給湯ボイラー/ストレージシステムCK そして1週間分(膨大な量)の食材/納品CK/ etc etc
 全ての準備完了致しました。ここ数年で一番の仕上がりです。
 明日から10連休、お気を付けていらして下さい。






2019. 4.20 連休の準備着々と!
   ここ数年気になっておりました前庭芝生の白い西洋東屋=ソフトクリームハウスのペイントのリフレッシュ。20数年前に広い庭でランチやソフトクリームの営業をしていたハウスです。ここ数年の風雪により塗装が傷んで参りました。写真では小さく?見えますが、三角屋根の一辺が4.6mの巨大西洋東屋です。ペンキ塗りと言っても半端ではありません。業者外注でしたら当然高所作業で足場が必要、軽く見積っても数十万は覚悟。しかしこの程度?を外注していると固定費がかさみ、そのつけは最終的にお客様の宿泊費にかかってきます。そのような理不尽な事、許しません。当然のようにオーナー自ら、超危険・自己責任・キツイ作業をやるわけです。2連梯子に乗りながらカニの横這い高圧洗浄! サーカスみたい・・・らりるれろ。
 3日間の危険作業も終え快晴の本日、ピラミッドの如く光り輝くランドマークと成りました。全身筋肉痛ですが無事故無違反・無事生還、大変良くできました!






2019. 4.15 霊峰富士の展望台
   快晴が予想される本日、三ツ峠山(1785m)に今季初登頂。
昨年は、登るにつれ視界が悪くなり山頂は雲の中。(悔しさ全開!) 今年こそ! 連休前の準備をしながら・・・淡々と狙っていました。 本日は最高! ここからの富士山は超すばらしい~~です。ホテルから70km/3時間でこのピークに行けます。今回も早朝出発、ピークを踏みビューを焼き付け、富士五湖経由で14:00に戻りました。八ヶ岳は日本のへそ、どこでも行けます。実にいい所に住んでいるな~と実感しています。 それに皆様がお仕事をしている月曜日の朝からドライブ・山行。何をしても自由! 喜びが込み上げて参ります。「ワイン・食・旅」の趣味が本業になり早38年、「山の麓で人間らしい生活!」振り返りましても一点の曇りもありません。よくここまで来たな~と感じている次第でございます。「オーナーいい星の下で生まれいいですね!」と(ボンボン○○息子のように)何時も言われています。・・・でも楽そうに魅せる技も時には必要なのです。宿屋の主人は険しい顔?ではなく、何時でも何処でも青春を謳歌しなくてはなりません。
 年賀状にも書きましたが、
 結論は、ホテルとして 一隅を照らす事でございます。
 ・・・ゴールがちらほら青年の主張は、初夢の如く。
 八ヶ岳でお逢いできる日を楽しみにしています。



2019. 4.12 伊良湖水道に船を見に行きました。
   水道と言っても海に蛇口があるわけではありません。水道とは両側の陸地によって狭められた水域を言います。伊良湖水道は、愛知県田原市の伊良湖岬と三重県鳥羽市の神島の間にある水道。太平洋・伊勢湾・三河湾に面して、幅1200m長さ3900mの狭い航路に大型船舶が1日100隻以上通航する大変混雑する航路。大型客船が目の前を悠々と航行して行きます。この船はJTBの世界一周チャータークルーズ、サン・プリンセス(77000トン)。ドデカイ! 前日横浜を出港してこの先の名古屋入港予定。98日間の世界一周クルーズ、「目的地は地球。」との由。 季節外れの台風のような強風も潮流も何のその、力強く優雅。PCの壁紙と大違い、本物の大迫力・・・何時間見ていても飽きません。癒されます。しかし伊勢湾海上交通センターも強風のため屋上クローズ、技官のお話が聞けませんでした。(また行きますのでヨロシク!)
 早朝、大雪の八ヶ岳からひたすら走る事300km。「春の海 ひねもすのたりのたりかな」 穏やかな春の海を期待していましたが、いやいやほど遠いウェザーでした。・・・でもこのビューが見られただけで私は大変満足しています。来週は、超大型連休の準備をしなければ成りません。それまで旅はお預けでございます。





2019. 4. 9 駐車場直しました。
    オ-ナー~~トレッキングやツーリング三昧で仕事しないの? 
またまた人聞きの悪い事おっしゃって! 困りますね~ 軽く見て頂いて困ります。(プンプン!!!)
 私に頭の中は「理想ホテル」の追及で一杯です。例えばこの駐車場素晴らしく広くいい気分ではありませんか? 前から宿泊お客様専用駐車場のレベルアップ考えていました。せっかく高原リゾートに行っても駐車場が狭くてプア、とても気になります。お隣のお車の方が運転上手ならいいのですが・・・あまり気になさらない場合はドアヒット・ドアパンチの可能性大。恐ろしい~~ですね。私は個人的ですが、トラブルを避けるため駐車場の中で一番遠くかつ片側が芝生or壁を選んでいます。今回の駐車ピッチ約4mでございます。通常公的駐車場は2.5m程度ですから×1.5倍です。広い!です。しかしただ広くしてもど真ん中に置ける技量のお客様ばかりではありません。そこで境目は「芝生」でございます。(手が掛かります。) さらにさらに斜め・前向き駐車ですからドア・フルオープンしてもお隣のお車が全く気になりません。いかがでしょうか? 
 全てオーナーの設計製作です。従来のカラマツ材の撤去から始まり、木材搬入・防腐剤処理・止め金具D10曲げ加工・塗装・同帯金物切断・塗装etc etc 極めつけは芝生の土の搬入、重機ではなく一輪車ホイホイ・・・少々堪えました。たかが駐車場されど駐車場、悩みは尽きません。(グリーンメンテナンスが増えるのも頭が痛い!) 連休は新車初ドライブにいらして下さい。お待ちしています。




2019. 4. 4 残雪の春の低山トレッキング? 
    入笠山1955m、今季初登頂。
お約束通り行って参りました。 ☆∽♂
ところがところが・・・雪は多いし、風は強いし、寒いし・・・厳しい残雪の春の低山トレッキング?でした。
 この10年で一番の積雪。下の駐車場から雪がちらほら・・・登るにつれ雪が多くなり、そして見晴らしのいい所では、「びゅ~~~」「ごーーー」 強い北風。寒いの何の耳が痛い! 下界では春爛漫でしょうか?
 現実の山は、冬真っ只中です。記念撮影をしたら長居は無用、即下山。何時でも行けるので、びゅ~を頭に焼き付けたらそれで満足。 マイペースで歩いたと思っていたら・・・「行き(登り)はタラタラ、帰り(下り)は駈足」とは同行のパートナーの弁でした。
 さてさて来週は、何処? このところ山続きなので次は海がいいですね。
 来週は、「春の海 ひねもすのたりのたりかな」 でございます。






2019. 3.31 諏訪湖1周トレッキング
    ちょっと風が冷たいですが、春を感じるトレッキングです。
ここ数年3月末は、遥か遠くの山々を眺めながら諏訪湖1周16km。
途中小口太郎先生の「琵琶湖周航の歌」をミュージックボックスボタン3回押。流れる曲を聴きながら一休み。
 それから天竜川の源、釜口水門を渡るとウナギ屋さんの看板・・・。さらに歩いて富士山の見えるこのビューポイントで愛妻弁当! 本日は昨年よりハイペースなのでご飯が温かい、旨かった。
 ソコソコ・ツベコベ考えながら、10km過ぎたあたりからゴール近くまで口数少なくみんな~無口・・・。
4時間20分、無事完走。車の中での熱いコーヒーは、たまらなく美味い! 
 今日はビールの後どのワイン飲みましょうか? 楽しい悩みでございます。
「健康は自然がくれた最大の贈り物」 来週は、残雪の春の低山トレッキングの予定です。ではまた!





2019. 3.20 春めいて来ました。
    無風快晴、春めいて来ました。
←モタモタしてられません。早朝出発して妙高経由日本海までツーリング。トンネルを抜けると妙高の山々がド~ンと見えます。そして周りは雪だらけ・・・。このビューは何度見ても感動的!その後直江津から日本海を眺めます。いつでも何度見てもウキウキ・ワクワク、八ヶ岳より半径200kmは日帰り圏内です。

 そして本日も快晴、平沢峠から雪道をサクサク歩いて1時間、飯森山(1643m)に今季初登頂。山頂から八ヶ岳がとてもとても綺麗。日差しがきつく、汗びっしょり。いっぺんに春になり体がついて行きません。心地よい運動で今日のビールが待ち遠しい~ですね。
 さくらもちらほら、来週は何処へ行きましょうか? 
 




2019. 3.13 黒毛和牛フィレ肉のロースト オリジナルソース
    黒毛和種フィレ肉部位極上 ジューシー・・・今が旬!
 250℃の焼き上がりが最高!
 オーブンでじわりじわり焼き上げる・・・
 牛肉の特有の”くせ”もありません。
 まずはお召し上がり下さい。 

 毎度おなじみのホテルデュシェルブルーのお肉料理のご紹介コピーです。
超こだわり食通オーナーが味わっても、本当に美味い!!!
基本に忠実、コンベクションオーブンでキチンと焼き上げます。近年何でもあまり加熱しない方が旨い?とか食通であるとか見受けますが、そういう考えは理解できません。生っぽい牛肉は、食品衛生上かなりリスクがあります。「旨くて安全な食品を提供する。」業務店の務めです。それにあまりお肉が好きでないお客様の場合、お皿に赤く血の滴るステーキでは全く手が出ないことになります。1泊2食付のメニュー構成の基本として、1部のマニア受狙いではなく「敵を作る・喧嘩を売る」ようなメニューではいけません。厨房ではよ~く焼き上げ、もたもたせずにテーブル直送。牛肉で最も旨く・高価な部位はフィレ肉です。オーナーから見て、ほとんどのお客様が生まれて初めて食されたと感じています。また個人的ですがここまで高価な和牛フィレのコースメニューの宿に出逢った事がありません。
 さてさて・・・それでは週末は、ホテルデュシェルブルーお逢いしましょう!



2019. 3. 8 早春の薫り
    昨日の雨が標高の高い山々では、雪になりました。
皆様いかがお過ごしですか? 先週暖かい日が続いたら・・・一転して冬。
八ヶ岳・金峰山・北岳そして富士山、みんな~雪化粧。とっても綺麗です!
 ホテルから吐竜の滝経由高原大橋までトレッキング。
少し風が冷たい(+5℃)ですが、所々春を感じながら歩く事、1時間30分。
寒さのせいか歩く人ナシ。清々しい・・・八ヶ岳南麓独り占め。とてもいい気分です。
 いつも感じていますが、本当にいい所に住んでいる!なぁ~ 満足感に溢れています。
歩きながら、イロイロ考えています。「えっ 何を考えているの?」ですって・・・
プライベートで秘密ですがナイショ特別に、ホテル・お客様・次の旅 etc etc。 そして自分の事。
あの時はこーすれば、この場面ではあのように~とか・・・です。
 「ワイン・食・旅」の趣味が本業に成りまして早37年。振り返りましても1点の曇りもありません。
誤解のない様申し上げますが、私の旅の原点は「奥の細道」の芭蕉です。学生の頃旅がしたくてヒッチハイクで東京→九州etc、同様にドイツ・スイス、バックパッカー一人旅。お金があるからではなく、旅こそ人生なのです。旅に出て一番分かるのが、日本。そして自分。近年流行りのネットで批判ばかりでは、「ホテルの創造」はできません。何でも吸収してやろう! 謙虚で素直な精神がとても大切。
 「安らぎと快適の大人の空間」 ホテルデュシェルブルーでお逢いできる日を楽しみにしています。



2019. 3. 1 観覧車に乗りに行きました。
    お久しぶりでございます。皆さまお元気ですか?
 この2ヶ月貴重なオフシーズンを闊歩?しています。このところの3週間は、趣味の車の集中メンテナンスです。とある回路の設計製作、机上の理論と図面の段階ではいいのですが、いざ実車・実行となりますと問題発生→回路変更→試運転の連続。その間ガレージ作業中ず~と八ヶ岳の寒さ直撃でございます。コンクリートの床から深々と伝導。冷凍足?はさておいて、とにかく組み付け終了。実走行と気分転換を兼ねてツーリング。前から気にしていた富士川SAまで観覧車を乗りに行きました。
 「えっ! かんらんしゃ??? それって・・・恋人や女・子供の乗り物でしょ!」 などと不適切な表現はいけません。全高60m・1週12分。沢山お仕事をした実念夫婦の感動的な乗り物です。富士山・富士川・駿河湾が一望。長年連れ添った妻とシースルーゴンドラ、粋な二人だけの空間。
 お客様がドライブがてらお出かけに成られたら・・・この様な事なさって・・・宿に行くのかな~~~。 オーナーもお客様に成らないと、お客様のお気持ちは理解できません。「よく学び、よく遊べ」の精神が寛容でございます。でも開始時間から1時間、乗ったのはオーナー夫妻だけみたいです。(こちらも大変ですね!)そしてそれからイロイロありましたが、とにかくいい休日になりました。
ポカポカ暖かくなり春めいて来ました。来週は何処へ・・・。



2019. 2. 1 久しぶりの積雪
    今シーズンに成りまして初めての雪。久しぶりに除雪機の出動です。温度も低い粉雪ですからエンジン除雪機には一番いい状態。それに昨シーズンかなり部品交換をしたばかりのマシーンですから、これでドンドン除雪と思いきや・・・。リコイルスターター緩慢・始動イマイチ・移動クラッチ動作不良etc 問題だれけでございます。しかしこの積雪の手作業は、時間数倍。本日は騙しだまし(あまり得意ではありませんが・・・)使うしかありません。エンジン除雪機購入してからあれこれ31年も経過していれば当然ですが、近年故障ばかりで気が滅入ってきます。「絶望とは愚か者の結論である。」と昔の偉い人のお言葉です。=実際その通りです。気が滅入ってきます。・・・そんな事でへこたれるオーナーではありません。マニュアルを見ながら分解整備、とにかく動くように!外注すれば楽ですが固定費となり、しいてはルームチャージUPに成ります。それにこんな古い除雪機を本気で直す業者今時いるでしょうか? 外気温-5℃の中孤軍奮闘、だいぶ良くなりました! 後もう少し・・・リコイルスタータースプリングが大暴れして時間終了。また明日に持ち越すことに成りました。くやしい~ですが、何時もこの様な事の繰り返しです。しんどいですが、自営とはそうゆうものと理解しています。 明日リベンジしようと考えています。


2019. 1.26 冬の日本海から太平洋へ
     
  冬の日本海、吠える海を見に行きました。「2階建新幹線MAXとき」で新潟へ。そこから羽越本線「いなほ5号」そろそろあつみ温泉。
一つ前の列車は強風のためスローダウン。雪の多い東北、冬の日本海側は何時でも自然との闘い。ハラハラ・ドキドキ。
 熱い温泉に浸かり翌日は「秋田新幹線こまち」「東北新幹線やまびこ」(秋田・盛岡経由)花巻温泉。 さらに翌日は松島瑞巌寺、10年に渡る平成の大工事を終え堂々とした金ぴかの本堂には圧倒。伊達政宗公の恐ろしさ直撃! それぞれ老舗旅館に宿泊、お手並み拝見。宿屋は何時でも現実を知らなくてはなりません。いつも感じるのは、スタッフが若い! 経験不足もありますが、努力している若い仲居さんには何時も熱いエール。花巻温泉でお風呂上りにロビーで涼んでいたら・・・先程の部屋係りの子(娘)とすれ違い、彼女は10m戻って深々とご挨拶して帰りました。「このまま成長すればいいんだよ!」 初々しくていいお嬢さんでした。それから東北の旅館は、全般的に館内が寒いですね! お食事処の大型1枚ガラスもいいけど・・・ペアガラスでは断熱しきれずエアーカーテンやガス入りトリプルガラスでないと冷気を防げないでしょう。スタッフは動いているので分かりにくい。それに体が慣れていて現地寒冷地仕様。
・・・安らぎ快適はマイホテルのテーマです!
 旅のブログを書いていると、また旅に出たくなります。旅を栖(すみか)とした芭蕉の心境!「旅人また旅に出る。」体力UPで次は何処へ



2019. 1.19 八ヶ岳南麓高原は、晴天続きです。
    毎日寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?
年末よりこの数週間、冬型の気圧配置。従いまして八ヶ岳南麓高原は、「北風・青空」晴天続きです。
 お正月も終わり、1年で最も静かでゆっくりできる・・・オーナーの休息タイムでございます。
毎日遥かなる山々を眺め、パソコンを駆使次の旅を考えています。
 「エッ! オフはお休みでやっていける、い~商売ですね!」 などとむちゃくちゃ「失礼・無神経・無知」な暴言を未だに聞かされますが、困ったものです。自営の小さなホテルでもこの経営規模になれば、オーナーの心労甚だしく「体も頭も財も」使って使って・・・乾いたぞうきんを更に絞る! チェックインの日は、16時間勤務。連休やトップシーズンは更に無休連続。また下水道工事のような突然の大出費は夫婦の年金で補わなくては成りません。「???では何で!」それは「労働の喜び!」「お客様の喜びは、私の喜び!」「全て結果の達成感」etc etc 「独立自営とはハイリスク」 私は八ヶ岳に来て良かった! と考えています。

 豊かな自然は季節の変化を窓越しに、冬の寒さを体で、来月になれば一足早い春「ひかりの2月」が訪れます。
外の世界をネットやテレビではなく、直接感じられ豊かな感性をより刺激する事に成ります。
とても快感!たまらない喜びです。自然の恵みでございます。「ワイン・食・旅」の趣味が本業になりこの数十年・数万人のお客様をお迎え致しましたが、皆共通してお疲れのご様子。都会の厳しい生活で疲弊し切っている雰囲気で充満。 ↓のお年賀状もう一度お読み下さい。~極冬の山々は、虚を認めない厳しい現実だけの世界。豊かな自然に魅せられて理想の追求。その結論は、ホテルとして 一隅を照らす事でございます。~~~

 ホテルデュシェルブルーでお逢いできる日を楽しみにしています。



2019. 1. 1 謹賀新年
 
 
 
 新年おめでとうございます。
 夜明けの八ヶ岳、新しい年が始まります。極冬の山々は、虚を認めない厳しい現実だけの世界。豊かな自然に魅せられて理想の追求。
 その結論は、ホテルとして 一隅を照らす事でございます。
 ・・・ゴールがちらほら青年の主張は、初夢の如く。
 八ヶ岳でお逢いできる日を楽しみにしています。
                                    2019年 1月 1日